現在の閲覧者数:
FC2ブログ

花火 最終話

花火 最終話


都会の一駅は短い。
それは転校してきて一番驚いたことだった。
歩いても10分掛からない距離に、次の駅があるなんて、都会の人は歩かないんだと驚いた覚えもある。
まるで抱き締められるように触れ合った時間は、僅か1分ほどだった。

「みんな降りるんだ…凄い人…っわぁ」
「おまえはっ、さっきから!人混み慣れな過ぎだろ…ほら」

仕方ないとでも言うように差し出された手は、去年みたいに振りほどいたりしない。

「ありがとう。でも、馬村…大丈夫?」
「何が?」
「赤くなるから…嫌かな、と」

すずめは繋いでおいて何だけどさ、と口を尖らせる。
嫌だと言われても離したくないのは、すずめの方だ。

「んなこと気にしてたら、おまえにずっと触れないままだろうが」
「へっ?さ、さわ…」
「………」

勢いで言った馬村も、言われたすずめも赤くなって目をそらす。

「ほら、行くぞっ」

馬村はすずめの手を引いて歩き出した。



人は多かったが、まだ夕方の時間帯で花火が始まるまでは2時間以上あった。
馬村が持って来ていた2人用のレジャーシートで場所を取ると、屋台を見て回ることにする。
繋いだ手が徐々に熱を上げ、相手にもっと触れたいと思ってしまうのは、仕方のないことだ。
そんな気持ちを振り払うかのように、すずめは明るい声で屋台へと歩いて行く。

「たこ焼き、イカ焼き、りんご飴…全部食べたいなあ〜。どうしよう馬村…」
「食い意地ばっかだな…」
「ゲソからあった!!!行こうっ馬村!」

結局すずめに引っ張られるようにしながら、どんどん買い込んでいく。
2人で食べられるのだろうかと、心配な量だ。

「これで花火ゆっくり見られるね!」

シートの場所に着くと手を離す。
よほど熱を持っていたのか、離した手は夏にも関わらず外気に触れるとヒンヤリとした。

レジャーシートに腰を下ろすと、すずめはお気に入りのゲソの唐揚げを食べながら空を見上げた。

「やっぱり都会じゃ星は見えないかあ」

遠くを見るすずめのその横顔が、いつも見せる顔と違っていて、馬村はつい見惚れてしまう。

「そりゃあ、これだけ周りが明るければな…あ、もうすぐ花火始まる」

すずめは食べる手を止めて、シートにゴロンと横になった。
ドンという音と共に、空に色とりどりの美しい花を咲かせるが、それを見ることは叶わなかった。
周りにいる全ての人が上を見上げる中、馬村の唇がすずめの唇に重なる。

「ん…」
「食べかす付いてる」

一度唇を離し、放心状態のすずめにそう言うと、またゆっくり顔を近づけていく。

「ま…む…っ、んっ…」

唇の周りを舌で舐められ、そのまま唇を合わせる。
もう花火の大きい音すらすずめの耳には届かない。
角度を変えて唇を合わせるチュッという湿った音が、やけに大きく聞こえ、思わず馬村の腕を必死に掴んでいた。

「はぁ…ふっ…んっ」

息苦しさで口を開けると、下唇を口に含まれ息苦しさとは違う声が口から漏れた。

「これ以上は…ヤバイな…」
「ま…まむ、まむ…」

すずめは頬を染め目に涙を浮かべて、横になりながらぎゅうぎゅう馬村の腕を掴む。
動揺するその仕草すら愛おしく、馬村は身体を起こすとすずめの頬を撫でた。

「悪い…」

すずめも身体を起こすと、どうしていいか分からず手で顔を隠す。

「謝ることじゃないけど…う、嬉しかった…し」

自分より赤いのではないかと思うほど真っ赤な顔で、それを隠すように馬村の肩口に顔を埋める。

「おまえな…こういうの余計に可愛いんだけど?」
「えっ?」

顔を上げると、互いの顔が近くにある。
すずめはさらに慌てて、後ろにひっくり返りそうになると、馬村が腕を取った。

「わっ!…あ、ありがと」
「んなに、警戒しなくてももうしねえよ、今日は」
「今日は…?」
「ほら、見るんだろ。花火」

馬村の言葉に、まぁいいかと空を見上げると、馬村がすずめの手を取り指を絡めてくる。
互いに触れていたいという気持ちが同じであることが、すずめにとっては嬉しいかった。

来年一緒に花火を見る頃には、手を繋ぐこともキスをすることにも、もう少し慣れているかもしれない。
再来年には、こんなにもドキドキした気持ちを忘れているかもしれない。

ずっと先の未来、隣にいるのがあなただったとしたら、きっと花火を見るたびに思い出すだろう。

想い通じあう幸せと、胸暖まるこの気持ちを。


fin

ここまで読んで頂きありがとうございました。
ひるなかの流星二次小説は、これにて暫くお休みします。
新婚旅行編が読みたいと言ってくださった方、申し訳ありません。
飽きっぽい性格故に、長続きしないのです。
でも今更、花より男子の二次小説を書いているぐらいなので、そのうちまたひるなかも再開するかもしれません。
その頃にも、皆様がまだこのブログを読んでくださっていたら、またチェックしてみてください(*^^*)

ありがとうございました。

オダワラアキ

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

花火 4

花火 4

日々蝶々の12巻にひるなかとのコラボが載ってました〜(≧∇≦)
本誌買ってないから知らなくて、ちょっと嬉しかったです!

***


そして迎えた花火大会当日。
ゆゆか宅に浴衣一式を持ち、着付けしてもらうと、ゆゆかが化粧ポーチを取り出す。

「一応、自分でもしてみたんですけど…」
「知ってる。悪くないわよ?でもね、今日は浴衣だから、ガッツリメイクじゃないほうがいいのよ」

すずめとしては、頑張って普段はしないマスカラやチークを施したのだが、ゆゆかによって濃すぎると落とされてしまう。
元々雪国生まれのためか肌は白く、顔にもシミやほくろは一切ないすずめは、ほとんどファンデーションを必要としなかった。

「そうなの?せっかく頑張ったのになぁ」
「まあ、いいんじゃない?三つ編みノーメイクのあんたが、馬村くんのために化粧するようになったことを思えば、大進歩だし」
「ま、馬村のためっていうか…」

そうに違いないのだが、実際にそこを突っ込まれると居た堪れなく恥ずかしい。
照れるすずめのことなど、全くの無関心でスルーすると、ゆゆかはさっさとすずめの化粧を直していく。

ファンデーションの代わりに、ラメの入ったパウダーを顔やデコルテに軽く置き、分からない程度にアイラインを引く。
眉はほとんど書かず少し足す程度、最後にピンク色のチークを淡くぼかして完成だ。

「はい、和風美人もどきの完成」
「うわーゆゆかちゃん凄い!私がちょっとおしとやかに見える!」

鏡を見たすずめが、驚き感動したようにゆゆかを褒める。

「でしょう!感謝しなさいよ!」

ゆゆかはすずめの肩をバシッと叩くと、自分の化粧も手早く直した。

「痛い…」
「ほら、まだ時間あるでしょ!?ちょっと付き合って!」
「どこ行くの?」
「ファミレス…」

ゆゆかはそう答えるが、珍しく歯切れが悪かった。

「え…夜花火見ながら食べないの?」
「そ、そんなの…先輩と一緒にいてガツガツ食べられるわけないじゃない!あんたとは違うのよっ!」
「ふーん、恋する女子って大変なんだね…」

馬村と出掛けるとむしろ食べてばかりなすずめには、ゆゆかの気持ちはよく分からなかった。

「他人事みたいに言ってんじゃないわよ…まったく、羨ましいようなそうでないような…とにかく!付き合いなさいよ!?」

ゆゆかに引き摺られるように、近くのファミレスへと入り、ゆゆかはガッツリクラブハウスサンドを食べると、お互いの待ち合わせの時間も近くなり、ゆゆかとはそこで別れた。

別れ際に、見かけても絶対に声を掛けるなと言われたことは言うまでもない。





「馬村〜!ごめん!待った!?」
「いや…お前にしては早いな」

息を切らせてすずめが待ち合わせ場所の駅前に到着した時刻は、待ち合わせ5分前。
その時間に着いたのは、もちろんゆゆかのおかげである。
ここから電車で1つ先の駅へ行ったところが、花火大会会場となる。
花火は夜7時からの予定だが、夕方の時間帯でもすでに電車内は混み合っていて乗れそうにない。

何分かすると次の電車が到着し、前の人に続いてすずめたちも乗り込むと、後ろから乗ろうとする人に押されるように電車内の真ん中辺りに来てしまう。

「結構人多いね〜わっ、あっ」

すずめが人混みに埋もれるように立っていると、電車が動き出しバランスを崩した。

「ちょっ、大丈夫か?」

馬村が咄嗟に、すずめの脇から腕を入れ支えると、思ったよりもその距離は近く、すずめのシャンプーの香りがフワリと鼻をくすぐる。
周りから押され、すずめはちょうど馬村の胸の辺りに顔を埋めるように身を寄せていて、馬村の清涼感のある石鹸のような香りが漂う。

「う、うん…。馬村は…大丈夫?」

恥ずかしさから馬村の顔を見上げることは出来ないが、きっと今のすずめは頬が真っ赤に染まっているに違いない。
これだけすずめが側で触れているのだから、馬村とてもちろん顔中真っ赤だろう。

しかし、混雑している電車でラッキーだったと互いに思っていることなど知るよしもない。
すずめは馬村に分からないよう、広い胸に頬を摺り寄せた。
馬村もまた、すずめの髪にキスをするように唇を近付けた。


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

花火 3

花火 3
更新遅くてすみません…(^^;;



「ふーん、それであんたたちも日曜の花火大会行くんだ?」

昨日何とか宿題を馬村宅で終わらせたすずめは、日曜日までの数日今度は時間を持て余してしまった。
新学期へ向けての予習、復習などするつもりは毛頭ない。

「あんたたちもって…ゆゆかちゃんも行くの?土牛先輩と!?」
「っていうか、ツルたちも行くと思うわよ」
「ツルちゃんとカメちゃん?」
「そんなわけないでしょ!ツルと犬飼くんよ」

すずめは、初めて思い付いたとでも言うようにポンと手を打った。

「そっか〜。みんなデートだね…」
「花火大会なんて、そもそもカップルだらけじゃない。でも、あんたたちがイチャイチャしてるとこなんて見たくないわ。気持ち悪い…」
「き、気持ち悪い…って…」

すずめは、土牛の前でツンデレを披露しているゆゆかを見てみたいと思うのだが。

「それより!ちゃんと浴衣着て行きなさいよ!今年は自分でやるしかないんだからね」
「えええ〜っ!髪の毛とか出来ないよ〜!浴衣も自分じゃ着られないし…」

去年の花火大会は、もちろん着付けはゆゆかのお母さんに、髪の毛はゆゆかにやってもらったすずめは、今年もと甘い考えを持っていた。
もし、ゆゆかの都合が付かなければ、私服でいいやと考えていたのだ。

「ここで私が断ったら…あんたTシャツ短パンで行くつもりでしょ!?」 
「スカートくらいは履くよ?」

自分では出来ない髪の毛を持て余して、ボサボサの状態でTシャツスカート、メイクなし…そんな彼女を彼氏は喜ぶのか。

馬村はそもそもすずめを好きになるぐらいだから、それでもいいのかもしれないが、すでに全く気持ちがないとはいえ、振られた身のゆゆかとしてはプライドが許さないのだった。

「こんな女に負けたなんて…」
「ゆゆかちゃん…バッチリ声に出てるよ?」
「分かってて出してるのっ!仕方ないからあんた、お昼食べたらすぐ家に一式持って来なさいよ!どうせ待ち合わせは夕方でしょ!?」
「ゆゆかちゃ〜ん!ありがとう」

***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

花火 2

花火 2


8月が終わりに近付いたとは言っても、昼過ぎの時間帯は30度を優に超えていた。
馬村家の玄関でチャイムを鳴らし、家主が出てくるのを待っているだけで、汗が滴り落ちてくる。

「あっつ〜い…」

すずめは、持っていたタオルで顔の汗を拭うと、白のレースがあしらわれたタンクトップの襟を持ちパタパタと手で仰いだ。

馬村が玄関のドアを開けると、よぉと開きかけた口が開いたままになり、視線はすずめの胸元へずれる。

「おま…外でんなことやるなよっ。見えるぞ!?」
「だって、暑くて溶けちゃうよ…」

ってか、見えた…。

絶対にまた赤くなっているだろう自分の顔を見られたくなくて、すずめに背を向けた。

「暑いだろ?早く入れよ」
「うん、お邪魔します…あ〜生き返る!」

涼しい温度に設定されている室内に、すずめの汗が引いていく。

「あれ、今日大地いないの?」

階段を上がり、馬村の部屋に向かいながら、いつもなら聞こえてくる大地の声がしないことに気が付いた。

「あいつも、友達のところに宿題持ち込んでる。終わったら帰ってくんじゃねぇ?」
「ふーん。はい、これお菓子!宿題にはお菓子だよね!」
「サンキュって…これ、エイヒレ…ってお菓子か?」
「宿題のお供にはエイヒレだよ」
「ほら、ここ。その辺座って待ってて。俺お茶淹れてくるから、ちゃんと宿題出しておけよ?」

すずめは馬村の部屋に入ると、テーブルの側に座り、キョロキョロと視線を彷徨わせる。

「広っ…ってか、私の部屋より片付いてるし…」

本棚や机の上などが、綺麗に片付けられていて、それはすずめが部屋に来るから急いで片付けたという雰囲気ではなかった。

「几帳面だなぁ…」

さすがA型と思う。
しかし、片付けが苦手なすずめも、実はA型である。
血液型診断などあてにはならないものだ。

「おい…宿題出しとけって言っただろ?」
「馬村戻って来たら出そうかな〜とね」

すずめは、慌ててカバンから宿題一式を出した。
とても彼氏の家に遊びに来ているとは思えない、可愛げのない大きなカバンから、辞典並みの分厚さの問題集が出てくる。

「まさか…何も終わってない…とか言わねぇよな?」

目の前に積まれた量は、確か全体でこれぐらいだったなと思うほどで、予想を超えるすずめのやる気のなさにため息を吐いた。

「てへ?」
「エイヒレなしな」

おでこをデコピンされると、馬村は数学の問題集を開いた。

「これ、花火大会ギリギリだからな?うちの学校そんなにレベル低いわけじゃねぇのに、おまえよく転校出来たよな…」
「ね!私もそう思うっ!たまーにやる気出るんだよね〜」

すずめは笑いながら、シャーペンを指でクルクル回した。

何でこんなやつ好きになったんだか…。

その問いに答えなどないが、すずめが笑っているだけで幸せな気持ちになるのだから、これも惚れた弱みかと馬村は息を吐く。
気が付いたら目で追うようになっていた。
あいつに片想いしてる時、自分のことを少しでも気にして欲しくて…。
出来れば…俺が、幸せにしてやりたいって思った。

馬村は、横に座るすずめのポニーテールに結ばれた髪の毛に触れる。
それは意識しての行動ではなかった。
本当に、ふと触りたくなったのだ。

「な、なに?どうしたの…?」

すずめの言葉にハッとして、慌てて手を離した。
隠しようがないほどに、顔が熱い。

「悪いっ…」
「う、ううん…いいけど…なんか、照れる」

すずめもチラリと視線を向けると、思いがけず真剣な表情ですずめを見つめる馬村の瞳がそこにあった。
少しだけ口を開けて、馬村の顔が徐々に近付いてくる。

「キス、するの?」
「……」

馬村が、思わずガクッと肩を落としたのは仕方のないことだろう。

「おまえ…言うなよ…」

そして恥ずかしさから普通の会話すら出来なくなった2人は、ただひたすらに机に向かうことになる。
結果的には宿題が終わったのだから、これで良かったのかもしれない。


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

花火

ひるなかの流星 花火
馬村×すずめ

オダワラの作品は、すずめが馬村呼びの時は作中も馬村という表記にしてます!
読者様は混乱というか、違和感があるかもしれませんが、それで統一してます。

Rはないです!付き合いたてですから!
2人で手を繋ぐだけでドキドキしちゃうような、片想い時代の延長?の時期が恋愛は一番ドキドキしますよね!

頻繁には更新できないと思います。
のんびり書いていこうと思ってます(^^;;


***

花火 1


夏休みも終わりに近付き、すずめが宿題に頭を悩ませていると、スマホが着信を告げる。

「おまえ、宿題終わったか?」

声を聞けば、それが誰のものかはすぐに分かる。

「………」
「ふっ…終わってるわけねぇか…」
「何も言ってないじゃんっ…馬村は?」

確かに終わってなどいないし、宿題に頭を悩ませていたとは言っても、やらなくて済むためにはどうすればいいかで、頭を悩ませていたのである。

「とっくに終わったよ。おまえさ、来週の日曜日、花火大会あるの知ってるか?」
「そうなんだ?」
「俺はおまえと行きたいんだけど」
「う、うんっ、私も行きたい!」

ふと、去年夏祭りにみんなで行った時のことを思い出すが、それには先生との苦い思い出もセットで付いてきてしまうもので、馬村に言うのは憚られた。
馬村にしても同じことを考えているのかもしれないが。

「でも、次の日から学校だからな?意味分かるか?」
「へっ?意味って?」
「だから、それまでに宿題終わらせておかないと、花火大会行けないってこと」

宿題やらないで行くという手もある…とすずめは考えるが、それは確実に諭吉にバレるだろう。
しかも、提出物を終わらせずに馬村と出掛けたりなどすれば、諭吉に付き合い自体を反対される恐れもあるし、馬村は意外に真面目で、花火大会が一緒に宿題…となってしまう恐れもある。

「おまえ…どうすれば宿題やらずに済むかとか、考えてねぇよな?」
「か、か、か、考えてないよっ?そんなわけないじゃん!」
「……」

しどろもどろになっている時点でバレバレであるが、何とか話を変えようとスマホを持つ手に力が入る。

「あっ、そうだっ!ゆゆかちゃんたちも誘う!?」
「はあ……」

わざとすずめに聞こえるように電話ごしでため息を吐いたと思うのは、気のせいではないだろう。

「俺は、おまえと2人で行きたいんだけど?」
「う、うん…」
「じゃあ、これから家来いよ。もちろん宿題持ってな?おまえ、1人じゃ絶対やらないだろ…」
「教えてくれる?」
「花火のためにな」

あ、馬村、今笑ったな…。

馬村が笑えばすずめも嬉しい。
花火大会の為に頑張ろう。


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter