現在の閲覧者数:
FC2ブログ

卒業旅行 ※

ひるなかの流星【卒業旅行】R

今日卒業式が終わった。
高校の卒業式は、人生の一大イベントであるかのように思うが、残念ながらすずめは他のことで頭がいっぱいで、どうやって友人たちと別れたかも覚えていないのだった。

“卒業旅行でも行かないか…二人で”

馬村が卒業式の1ヶ月前に言った。
すずめは友人たちに鈍いだの、馬村君が可哀想だの言われるが、その手のことを考えない訳ではない。
馬村が言う“旅行”が何を示しているのか、それぐらいは分かっている。
嫌なわけじゃない。ただ経験したことのない怖さがある。
馬村はきっと怖いと言えば、何もしないだろう。でも、そうやってまた彼を待たせるのか。心の準備が出来るまで?どうしたら心の準備は出来るのか。
その場で行くと返事をしたものの、それ以来旅行のことばかり考えてしまう。


ゆゆかには悩んでいることはいつものごとくバレバレだったが、どう相談すればいいかも分からずに、卒業式も終わってしまった。
(せっかくの旅行だし、楽しむしかないかっ!)
ゆゆかの協力なしでは、この旅行はそもそも行くことすら出来ないわけで。
根掘り葉掘り聞かれることを覚悟して、メールを打った。
《馬村と旅行に行くから、ゆゆかちゃんと行ってることにして》
ゆゆかから即行で電話が来たのは言うまでもない。

『馬村~!ごめん!遅れた~』
いつものごとく、遅刻してきたすずめに苦笑すると、すずめの額をコツンと叩く。
『ばーか、遅れると思って待ち合わせ時間早めにしといた。つーか飛行機の時間あんだから、本当に遅れたらヤバいだろうが』
『へっ?そりゃそうか…』
馬村はすずめの旅行バッグを当たり前のように持ち、スタスタと歩いていく。
今回どこに行くのかを決めたのは馬村だったが、行き先が北海道と聞いて、こういう彼の優しさがやはり好きだと思う。
すずめが魚介類が好きだから、雪国育ちだから、きっと選んでくれた。
当たり前のようにしてくれる優しさに慣れてはいけない。でも甘えられるのが好きな彼でもあるから、断ってもいけない。
『ありがとう』
笑ってそう言うと、馬村も口の端だけで笑って頷く。


東京から2時間ほど飛行機に乗り、新千歳空港に着くと、驚くほど冷たい空気が肌にあたる。
この時期関東は暖かい日も増えてくるが、やはり北の大地は寒い。
2人は荷物の中から、冬物コートを取り出すとそれを羽織った。
『こんなに気温違うんだね~』
両手を擦りながらすずめが言う。
『もう夕方だから余計に寒いのかもな。てかおまえ雪国育ちだろ…慣れてんじゃねぇの?』
『最近どっぷり都会の暖かさに慣れてしまいまして…』
『ふっ…そんなもんか…。ところで、疲れてないか?』
『いや…全然!』
『そうか、じゃ札幌まで電車で行くか』
馬村はすずめの手を取ると、2階の到着ロビーから地下のJR乗り場まで歩いた。
行きは荷物をほとんどもってもらい、馬村こそ疲れているのではないかと思う。
(今日はホテルでゆっくりご飯食べよ)

札幌駅近くのホテルに着くと、馬村が手際よくチェックインを済ませる。
部屋に荷物を届けてくれるように頼むと、そのままレストランへと向かった。
『馬村…なんかカッコいいね…』
『はっ!?…なに?』
顔を赤くした馬村が、驚いたように振り返る。
『え…なんか、エスコートの仕方が大人の男の人みたいだよ?』
『…別に、親父の真似してるだけだから、カッコよくもなんともねぇよ』
ぶっきらぼうに、だけど正直にそう言う馬村は、やっぱりカッコいいと思う。
背伸びはするけど、無理はしない。
そんな彼に釣り合う女性になれるだろうか。時間は掛かるかもしれないが、少しずつ大人になっていければいいなと思った。

ホテルの2階にあるレストランは、ランチもディナーもビュッフェ形式のようで、10代の2人でも気軽に入れる値段で提供されていた。
その割には、新鮮な魚介類を使った寿司や、ラム肉のグリルやホタテのソテーなど、和洋中どれをとっても美味だった。
『美味しい~!』
『明日は市場でも行くか』
すずめの満面の笑みを見て、ふと築地に行ったときのことを思い出す。
ゲソからの食べ過ぎで、馬村はあまり寿司が食べられなかったが、すずめと大地は普通に寿司も一人前以上食べていた。
食べてる時が一番幸せそうだなと、北海道の美味しいスポットを中心に探した甲斐があった。

『お腹いっぱい~食べ過ぎた~!』
『おまえ…いつもそれだな』
実は、食べ過ぎなほどの量をお皿に取っていなかったことを馬村は気が付いていた。このあと部屋に行くことをなるべく考えないように、なるべくいつもどおりにしようとしていることも。
馬村は、すずめがこの旅行に来てくれた、それだけでいいと思っている。
もちろん健全な男であるゆえに色々思うところはあるが、彼女が自分を受け入れようとしてくれていることだけでも充分だ。あとは自分と同じ気持ちになるまでは待とうと思う。
だから、そんなに緊張する必要はないと言ってやりたいが、自分なりの男としてのプライドやほんの少しの期待もあるため、流れに任せようと決めた。
フロントで、チェックインの際カードキーを受け取っていた為、そのままエレベーターに乗り込む。エレベーターは5階で止まり廊下を歩いていく。
『部屋ここだ』
馬村がキーを開け案内された部屋は、デラックスツインタイプで、大きめのベッドが中央のサイドテーブルを挟んで置いてある。
ダブルだったらどうしようと思っていたすずめは、覚悟を決めて旅行に来たはずなのに、心の中でホッとする。
『もう疲れただろ?明日市場行くなら朝早いし、風呂入っちゃえば?』
馬村は、荷物の整理をしながらそう言うと、携帯でアラームのセットをする。
『う、うん』
(普通だなぁ馬村…なんか…意識してるの私だけみたい)
すずめも着替えを荷物から出し、お先にと声をかけて風呂に入る。
どうなるかなど分からないのに、何度も何度も体を洗ってしまう。
その時、部屋のドアがガチャッと開けられる音がする。
(馬村…どこ行ったんだろ…)
すずめが、風呂から出て髪の毛を乾かしている間に、またドアを開ける音が聞こえた。コンビニでも行っていたのだろうか。
『馬村~お待たせ、あがったよ?ってなにそれ?』
『うん?ちょっと飲みたくて。買ってきた』
部屋の冷蔵庫にビールと思われる缶を、何本も入れていく。コンビニじゃ未成年には売ってくれないはずで、どこで買ったのかと聞くと、自販機と何でもなさそうに答えた。
『ほら』
すずめにそのうちの1本を投げる。
『おまえは、酒でも入らなきゃ緊張しっぱなしだろ…』
そう言うと、着替えをもって風呂に行ってしまう。
やはり、馬村には全てバレバレだったのだろうかと、真っ赤になりながらベッドに突っ伏してしまう。
(もう~どうにでもなれ!)
缶を開けるとゴクゴクとビールを半分くらいまで飲み、サイドテーブルに缶を置いた。
馬村が風呂から上がる頃には1本を飲み干していて、強いわけではないのに一気に飲んだ為かすずめは頬を赤くしていた。
『馬村~この部屋暑いよ~』
そう言いながらベッドの上で、浴衣の裾をパタパタと開いて風を入れようとするが、太もものあたりまで丸見えになり、着崩れた胸元も露になっている。
お酒のせいで、白い肌はピンク色に染まり、その様に思わず馬村は唾を飲み込んだ。
『もう酔っぱらってんのかよ…』
すずめから少し離れたところに腰を下ろすと、馬村も缶を開けて何かを振り払うように一気に飲む。
『ま~む~ら~』
潤みがちの目で馬村を見つめ、ジリジリと近づいてくる。
『何で…そんなに普通なの?私ばっかり緊張してバカみたいじゃん…』
上目遣いに睨み付けてくるが、お互いの顔の距離は10センチ程しかなく、全く迫力もない為、むしろ誘っているようにしか見えない。
馬村は、ふっとため息をつくとすずめから目をそらした。
『それは…俺に抱かれる覚悟をしてるってこと?』
すずめは真っ赤になりながらも、小さく頷いた。
『俺は…さ、おまえにキスしたいし、おまえのこと触りたいよ。でも、おまえは?』
『えっ?』
『俺とキスしたい?俺のこと触りたい?』
馬村と話しているうちに、酔った頭も徐々に覚めてきた。
『キスは…したい…他のことは…わからない…』
考えて覚悟もしてきたけれど、これがすずめの正直な気持ちだった。
経験のないことは分からないから怖い。したいかしたくないかと聞かれても、いつかするのだろうな…それぐらいしか考えたことはなかったから。
『じゃあ、段階踏んで練習してみるか?』
『へっ?』
『おまえがもう無理って思ったら、ストップかければいい。それと…今日は最後まではしないから』
‘’大事にするって約束したからな‘’
そう言いながら、ゆっくりとすずめをベッドに押し倒した。
優しく髪を撫でながら、おでこに頬にキスをする。
『口、少し開けて』
言われるがままに口を開けると、深く唇を奪われた。
何度も角度を変えて、口腔内を優しく愛撫される。
『んっ…はぁ』
息を止めていたすずめは苦しくて、自分から口を離してしまう。
『おまえな…鼻で息しろよ…』
薄く笑うと鼻をつままれる。
『そっか…』
『もう一回、口開けて』
お互いの舌を絡めあい、どちらのものか分からない唾液が口を伝って流れ落ちる。まだどこも触られていないのに、すずめの手はしっかりと馬村の浴衣の袖を掴み、意識していないと腰が動いてしまうため、足でシーツを何度もかく。
(キスって気持ちいいな…もっといっぱいしたい)
そう思う頃には、すずめも深くキスをすることに慣れて、背筋がゾクゾクするような快感に身を任せていた。
『まだ…大丈夫か?』
そう言われるまで、練習してみるかと言われたことなどすっかり忘れていたのだった。
『聞かないで…大丈夫だから』
すずめは腕を馬村の背中に回すと、自分からキスをした。
馬村は、唇を重ねたまますずめの胸元の隙間から手を入れると、下着を着けていない柔らかな乳房を揉む。それだけでツンと尖った部分をコリコリと弄ると、身体は敏感に震えた。
『あっ…や…』
焦らすように指の腹で乳首を擦ると、ぷっくりとどんどん大きく腫れていく。
『あぁ…ん』
(途中で止めれるのか…自信ねぇ)
浴衣の胸元を大きく広げると、露になった乳房に舌を這わせた。
『ま…むら…あっ…ん』
『大輝…って、言ってみろよ』
『だい…き…っや…あぁ』
『ヤバい…すげー可愛い』
馬村も荒い息を吐きながら、何とか冷静さを保とうとするが、予想以上のすずめの反応に先程した約束すら忘れてしまいそうだった。
片方を乳首を指で弄りながら、もう片方を舌で舐め回す。
『んっ…はぁ』
すずめの着ている浴衣は、すっかり着崩れてかろうじて帯で守られている状態だった。
腰を捩るように動かすと、余計に浴衣が捲り上がり下着のラインまで見えている。
すずめが、太ももを擦り会わせると、足の間からクチッといやらしい音が聞こえる。
(恥ずかしい…私…どうしよう…)
馬村が太ももの間に手を入れ、下着の上から人差し指でツーと縦の割目を擦る。
『もう濡れてる…』
意地悪のつもりですずめの耳元で囁くと、真っ赤になり泣きそうな顔で馬村を睨む。
(そういう顔は逆効果だろ…)
『ごめん…でも…すげー嬉しい』
『意地悪…は、やだ…あっ、ん…』
会話をしている間も、馬村の指の動きは止まることはなく、休みなく下着の上から何度も擦り続けた。
クチュクチュといやらしい音が室内に響き、嫌でも聞こえてくるそれの、あまりの恥ずかしさに馬村の胸元に顔を埋める。
『…嫌だったら、言っていいから』
馬村は、すずめの下着を脱がすと、すでに濡れている縦の割目の部分を舌で刺激する。
『あっ…あぁっ!やぁ…』
今まで感じたことのない快感に、すずめの身体が何度も震えた。
恥ずかしさと自身の嬌声に耐えられず、手で口元を隠すようにし首を降るが、気づいた馬村に手をどかされる。
『声…聞かせて』
割れ目を何度も往復するように舐めると、ぷっくりと突起が出てくる。そこをクリクリと焦らすように触ると、すずめの膝はガクガクと震え、声も押さえていられないようだった。
『あっ…もぅ…ん、大輝…なんか、変になっちゃう…やぁ…ん』
『うん…イキそう…だな』
ヒクヒクと誘うように動くソコに指を優しく入れると、グチュという音をたてて簡単に飲み込まれていく。
舌で弱い部分を何度も舐めながら、指を段々と激しく動かしていく。
『あっ…もぉ…ダメッ!あぁっ!』
すずめの身体が大きくビクンと跳ねると、指を動かしていたソコからピシャッと音をたてて馬村の手をさらに濡らす。
すずめの恍惚とした表情に馬村は目を奪われていた。
指を抜こうとすると中が絡み付くように動く。馬村は、興味本意もあって達した直後のソコをまた弄りだす。
『あっ…ダメ!今動かしちゃ…あぁん』
『おまえのここ、蜜が溢れてくる』
すずめの懇願など聞こえないふりをして、溢れ出た蜜を舌で舐めとるように吸う。
『あぁ…大輝…んっ』
敏感になったソコはさらにヒクヒクと震え、新しい蜜が足の間を濡らしていく。
少しは落ち着いたのか、すずめはまた快感に身を委ねるように腰をくねらす。

意図せずすずめの足の指が、馬村の熱くなっている部分に触れた。
『…っ』
すずめはどこに触ってしまったかに気づいて顔を赤くするが、ふと、自分ばかり気持ちよくしてもらってていいのかという考えに至る。
おずおずと手を伸ばして、馬村の股関に触れた。
『私も触る…馬村の…』
驚いた表情ですずめを見たが、触り方もわからない不器用な手つきで、恥ずかしそうに手を動かす様子が嬉しくて、そして可愛くて笑ってしまう。
『どう…すればいいの?』
『握って…動かして…っ、そう』
『こう?』
『ああ、結構…いいかも』
(好きな人が…気持ちいいって、なんか嬉しいな)
馬村の余裕のない表情や、すずめの腕を掴みながら吐く熱い息をとても愛おしく感じる。
『なぁ、ちょっと足、貸して』
『足?』
『ああ、悪い…余裕なくなった』
馬村は、すずめの太ももを持ち上げ足を大きく開かせると、いきり立った自身を、すずめの感じる場所に擦り付ける。
『ひゃ…やぁっ…』
擦る度に、中からは蜜が溢れ出て、次第にグチュグチュと激しく濡れた音が響く。
馬村自身もすずめの愛液と先走りでべっとりと濡れている。
『そろそろ…いいか』
『…ぁ、なに…』
独り言のように呟くと、すずめの太ももを足を閉じるようにピッタリとくっつけた。
閉じた足の間に、勃起した性器を入れ、すずめの股の突起を擦るように動かす。
『あっ…また、ソコ…あぁん』
グチュグチュと音をたて互いのいいところを擦り続けると、とっくに余裕のなくなった馬村の腰の動きが速くなった。
『…っ、はぁ…くっ』
汗がすずめのお腹に落ち、すずめのお尻に、腰をパンパンと激しく打ち付ける。
『あぁっ…も…また、イッちゃう…っ』
『…っ、俺も…っ』
『あぁ…っん!』
二人で身体を震わせると、馬村はすずめの上に脱力したようにのし掛かる。
荒い息を吐きながら、すずめを抱き締めた。
『ごめん…ちょっとやり過ぎた』
『馬村…』
すずめは申し訳なさそうに言う馬村が可愛く思えて、おでこをくっつけた。
『馬村…キスして』
すずめから言われたことのない言葉に、一瞬驚いた顔を見せるが、すぐに嬉しそうに深く口づける。
『また…しようね』

結局、寝不足で早く起きることが出来なかった二人は、市場には行けず、あと2日ある滞在期間のほとんどを部屋で過ごした。

Fin












皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter