現在の閲覧者数:
FC2ブログ

in沖縄

ひるなかの流星【in沖縄】

最終回のその後のお話。


「よし、部屋戻るか…」
日の出の時間から、海の近くで騒ぎあっていた2人は、緊張や疲れもあってか言葉少なになっていた。
そして、頃合いをみて馬村が言うと、すずめはすでに膝を抱えて寝息を立てている。
(やっぱりな…)
フッとため息をついて薄く笑う。
きっと夜の最終の飛行機で、沖縄に戻ってきたのだろう。
(俺に会いに来てくれたんだよな…)
明日の朝の飛行機でもよかったはずだ。それでも早く会いたいと思ってくれたのだろうか、と考えると際限なく愛おしさが溢れてくる。
寝ているすずめの髪を優しく梳くと、気持ち良さそうに膝に頭を擦り寄せる。
その時聞いたことのある声が、どこからか聞こえた。
周りを見渡すと、ホテルのベランダからゆゆかが手を振っているのが見える。
声が届かないのか、身振り手振りで何かを伝えようとしていた。
しかし手招きしていることしか伝わらず、とりあえず呼んでいるのは確かのようなので、寝ているすずめを抱きかかえてホテルに戻ることにした。
エレベーターを降りると部屋の前でゆゆかが待っていた。
「朝っぱらから、ラブラブラブシーン拝ませてもらったわ…オメデトウ。心配して損した。」
「…見てんじゃねーよ」
「それより!そこのイモ女は寝てるようだけど、馬村くんも寝てないでしょ?2人でこの部屋使っていいわよ。私朝ごはん行ってそのまま出掛けるから」
ニヤリと笑ってそう言うゆゆかのことを、出会った頃より大分好感を持っていることに気がつく。
「あ、ベッドは手前だからね!間違っても私が使ってるベッドでエッチなことしないでよね!」
「…っ、はあ!?」
「同室の男どもにはテキトーに言っておくから!じゃあねごゆっくり〜」
嵐のように喋って唐突にいなくなるところなんかが、すずめとそっくりで類友か…と妙に納得してしまう。
どうやら部屋に居たのは、ゆゆかだけのようで、鶴谷たちは先に部屋を出ていたようだ。
すずめを抱き上げたままだったため、さすがに手が痺れてすずめをベッドに下ろし、横に腰掛ける。
その振動で微かに身じろぐと口をモゴモゴさせている。
「う…ん、ん…」
すずめが、自分を好きだと言ってくれたのが夢のようで、身体は疲れているはずなのに、まだ眠りたくないと思ってしまう。寝て起きたら、自分の都合のいい夢だった、なんてことかもしれない。
「ま…むら…?」
夢現つで、目を覚ましたすずめが、場所を確かめるように周りを見渡す。
「もうちょっと寝とけ…疲れてるだろ」
「…うん、馬村も…寝よ…」
完全に寝ぼけているのか、すずめは馬村の腕をベッドに引っ張ると、バランスを崩した馬村はそのままベッドに倒れこんでしまった。
「うわっ、おまっ」
当の本人はまたムニャムニャと口を動かし寝息を立て始める。


すずめが眩しさから目を覚ますと、目の前からいい香りがしてくる。
もっと嗅いでいたくて、顔をそれに擦り寄せると、ギュッと身体を抱きしめられた。
覚えのある香りに顔を上げると、整った顔が目の前にあった。
(寝てる顔…初めて見た…)
どうして馬村が隣で寝ているのかとか、どうやってホテルの部屋まで来たのか、色々と考えることはあるはずなのに、そんなことよりも初めて見た馬村の寝顔が可愛くて、ずっと見ていたい気持ちになった。
抱きしめられたまま、ちょんと鼻をつついてみると、寝ていた馬村の目が薄く開いた。
「あ…起きちゃった…おはよ」
目の前にすずめの顔があることに、よほど驚いたのかすずめを抱きしめていた両腕を慌てて解くと、ホールドアップの形を取った。
「…はよ…」
すずめは少し名残惜しそうに、腕をさする。
(俺…いつの間にか寝てたのか)
「馬村…もうちょっと…」
もう少しだけ抱き締めててほしくて、顔を見るが、お互い真っ赤に染まっていて目を合わせることが出来ない。
「も、もうちょっと…もうちょっとで、お昼だよ!お昼…お昼どうする!?」
切り替えるように慌てて、ベッドから降りようとするすずめを、馬村は後ろから抱き締めた。
「…っ、ま…むら…」
名残惜しかったのは馬村も同じだったようで、それだけで心が落ち着きを取り戻した。
「好きだ…」
耳元でそう囁くと、抱き締める腕に力を込めた。
すずめは、腕にコツンと頭を乗せる。
「うん…私も…」
人生で2度目となるキスは、1度目よりも長く、唇が離れてしまいそうになると、どちらからともなくまた唇を合わせた。

携帯の着信音で我に返った2人は慌てて身体を離す。
自身の携帯電話を見ると、ゆゆかからのメールだった。
そろそろ部屋に戻っていいかという内容に苦笑しながらも、お昼を食べに行くことを伝える。
「ゆゆかちゃんたち、戻ってきて下でお昼食べてるって…。犬飼くん達も一緒みたいだよ?」
「あぁ。行くか。」


犬飼は、空気を読むことに長けている…とつくづく思う。
みんなでいる場所に、馬村とすずめ2人で行っても、茶化すようなことは決してしない。
猿丸には絶対に何か言われるだろうと覚悟していたのだが、前以て犬飼が何らかのフォローをしておいてくれたのだろう、特に何も言われることはなかった。
ただ、食事がくる前に紙ナフキンを渡され、犬飼に耳打ちされた。
「与謝野さんのリップが移ってるから、取っておいた方がいいよ」

この友人には一生敵うまい。



店の前でゆゆか達と合流したすずめと馬村は、自然に女子と男子とに分かれて店へと入った。
ホテルでの昼食は、正直沖縄らしさのかけらもないイタリアンで、ただカトラリーレストがシーサーっぽい顔が付いている物だったが、胴体部分がフォークやスプーンを乗せるため長くなっていて、どう見てもダックスフンドにしか見えない。
男子高校生にとっては、ソーキそばだけでは全く足りないため、たとえ沖縄らしさなどなくても、イタリアンのパン食べ放題はありがたいと言えるだろう。
馬村が、犬飼からの忠告を受けて赤面している頃、すずめもまたゆゆか達に平謝りしていた。
「心配かけてごめん」
「ほんとよ!全くあんたは…。まぁいいわ。面白いもん見せてもらったから」
「へっ?」
「えっ?なになに?面白いもんって何?」
ニヤリと笑うゆゆかの言葉に、すかさず反応したのはカメだった。
「ふふ〜あとで教えてあげる。とても本人の前では言えないわ。」
(あ、ゆゆかちゃん…地味に怒ってる…しばらくイジられるだろうな…)
でもそれだけ心配してくれてたということで、すずめとしては引っ叩かれるぐらいの覚悟はしていたのだが。
「あ、すずめちゃん!今日さ、お土産買いに行かない?結局何も買えてないでしょ?」
パスタを食べながらツルが馬村に、今日はすずめちゃん貸してよね。などと言うから、すずめとしてもいたたまれない。
そういえば、おじさんへのお土産も結局買えないまま東京に帰ってしまった為、お土産は何も買えていなかった。
「いいの?みんなもう買ったんじゃ…」
「うん、昨日はさ国際通り行ったから、うちらはお土産買ったんだけど、すずめちゃんのお土産&観光も兼ねて、琉球ガラス村行ってみない?うちらも行きたいしさ」
「うん!ありがとう!」
すずめは色々と悩んでいたことが全て吹っ切れたからか、お〜き〜な〜わ〜バンザーイと言いながら、満面の笑みでパスタを食べ終わる。
「犬飼たちは?どうする?一緒に行く?」
「ん?ガラス村かぁ…女の子が好きそうな感じだね。俺らはアウトレット行こうかって話してたんだ。そんなに場所離れてないから、あとで合流してもいいね」
ツルに聞かれると、相変わらず照れたように頭をぽりぽりと書きながら話す。
「そっか、じゃあ今日は別行動だね」


食事のあと、1度部屋に戻りお風呂にも入っていなかったので、軽くシャワーを浴びてから、支度を終えた。
「ごめんっ!おまたせ〜!」
「遅い!タクシー待ってるわよ!」
ゆゆかに急かされて、急いでタクシーに乗り込んだ。
琉球ガラス村は、泊まっているホテルから車で20分ほど行ったところにあり、ガラス工房で職人のグラス作りなどを見学出来たり、ガラスショップでは数々のグラスやケーキ皿、アクセサリーや花瓶などが売っている。
ガラスショップのエントランスは色とりどりのガラスで作られた天井がドーム状になっていて、しばらく目を奪われた。
すずめは、泡花見グラスを買うことにした。可愛く花が散りばめられていて、グラスが泡を立てたようなデザインになっている。5個セットの物があったので、2個はおじさんに、3個は馬村家へのお土産にしようと思ったのだ。
その後、工房の見学をして3時を過ぎていた為、ホテルに戻ることにした。

ホテルの部屋に戻ると、ツルとカメはホテル内にあるカフェでお茶をするといって出掛けていった。
ゆゆかと2人きりになると、昨日のことを包み隠さず話せと迫られる。
自分でもどう話せばいいのかわからない部分も多かったが、保健室で先生の話を聞かなかったこと、もし聞いていたら、また気持ちが先生に戻ってしまうのではないかと怖くて聞けなかったこと、先生が怪我をしたと聞いて、話をしなきゃと思ったことをポツリポツリと話した。
「馬村はさ…優しいから。私甘えてたんだよね…。恋愛じゃなくても、ずっと側にいられるって思ってた。だから、馬村への気持ちが恋愛か友達か…全然分からなかったんだ。」
「馬村くんって、優しくなんかないわよ」
ゆゆかに言われて、えっ、と思いすずめが顔を上げると、珍しく真面目な顔をして続けた。
「あんただからでしょ?ハッキリしてるじゃない…好きな人にしか優しくしないなんて。それでも、少し前よりかは大分他の子にも優しくなったとは思うけど、あんたへの態度とは全然違うわよ。」
「そう…なのかな…?」
「悔しいから言わなかったけど、前に馬村くんとたまたま一緒に帰った時、ってか、あれは一緒に帰るとは言わないわ…。だってさっさと歩いて行っちゃって、ただの1度も振り返らなかったのよ!失礼過ぎるわ!」
その時のことを思い出して怒りがこみ上げてきたのか、手をギュッと握り力こぶを作って怒っている。
「歩くスピードも合わせてくれたり、ちょっと悩んでたりするとどうした?なんて、聞かれるのはあんただけよ」
ゆゆかにそう言われて、恥ずかしさと嬉しさがこみ上げてきて、そもそも友達に恋愛相談などあまり経験のないすずめは、その後何を話しても、しどろもどろになってしまった。

後日、馬村家へお土産を届けに行くと、本人不在の部屋に案内される。
「あの…お土産渡しに来ただけなんですけど…いいんですか?」
「大輝ももうすぐ帰ってくるし、与謝野さん居てくれたら喜ぶし…ね」と、馬村父に押し切られるまま、部屋に入る。
いいとこのお坊ちゃんは突然来ても部屋が綺麗なんだな…など考えて、部屋を見渡すと、勉強机の上に綺麗にラッピングされた小箱が置いてある。
(誰かからのプレゼント…かな?馬村何気にモテるしね…)
少し心にモヤモヤしたものを感じたが、本来小さいことを気にするタイプではない為、すぐに忘れた。
そうこうしていると、階下からバタバタと階段を駆け上がってくる音が聞こえた。
バタンと大きな音を立てて開けられたドアの向こうに、珍しく慌てた顔の馬村がいた。
「おまえは…来るなら来るって…連絡しろよ」
「だって、お土産父に渡しに来ただけだし…あ、喜んでない。」
「は?なに?」
「父が、大輝も喜ぶし〜って言ってたから居たのにな〜もう帰ろうかな…」
あまりの慌てっぷりに、ちょっと意地悪をしたくなって、馬村に背を向けるとペロッと舌を出す。
「ちょっ…俺もおまえに用事があったんだって!連絡なかったら、行き違いになるだろーが。」
よほど急いで帰ってきたのだろうか、まだはぁはぁと荒い呼吸をしていた。
「ほら…」
ポンと投げられたのは、机に置いてあった小箱。
「え…?何これ?」
「沖縄土産」
「一緒に行ったじゃん!」
「つーか、おまえだって親父にお土産渡しただろ。」
「あ、そっか…。じゃあこれおじさんに渡せばいいの?」
「おじさんに渡しても困るだろ…まあ開けてみろよ」
リボンを解いて、箱を開けると小さな花のモチーフが付いたシルバーのネックレスが入っていた。
「可愛い〜!ゆゆかちゃんに似合いそう」
そう言うすずめに馬村は思わずため息をつく。
「なんで猫田なんだよ…おまえにだろ。」
「だって、こんなに可愛いの…私に似合うかな…?」
「貸してみ…。」
すずめに後ろを向かせ、ネックレスを着ける。
「ありがとう。ど、どう?」
「いいんじゃん?」

そう言われて、すずめは目をキラキラさせながら、ありがとうと嬉しそうに笑う。

俺は、ただ、その顔が見たかっただけなんだ。

fin

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト
プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter