現在の閲覧者数:
FC2ブログ

募る想い

ひるなかの流星【募る想い】


高校を卒業して半年。

馬村は大学へ進学し、すずめはおじさんの店を手伝いながら、水族館でアルバイトをしている。潜水士の資格も取り、日々大好きな魚たちと戯れて…仕事をしていた。
しかし、なかなか正社員への道は遠く、ここ2〜3年はアルバイトが正社員になった例はないようだ。
それでも水族館の仕事に誇りを持っているすずめは、雇用形態よりも毎日魚たちを見るのが何よりの楽しみであった。

一方で、馬村と会う時間は確実に減って…。
シフト制のため、時間の都合は付けやすいが、同じクラスで顔を合わせていた頃に比べればすずめが寂しく思うのも当然だった。

まだまだ残暑が残る9月の終わり。

今日は1週間ぶりのデートで、すずめの家に馬村が遊びに来ることになっていた。


「今日はおじさんは?」
馬村はすずめと昼ご飯を食べようと約束していた為、昼前に家に着いた。
防犯なのか理由は分からないが、家を訪ねると、必ずと言っていいほど玄関先に出てくるのは諭吉で、今日は珍しくすずめが出てきたのだった。

すずめの叔父の諭吉が、2人きりになどさせるわけがない為、今回ももちろんリビングからの無言のプレッシャーや、お茶とお菓子攻撃にあうのだろうと思っていたのだが、どうやら不在らしい。

「おじさん、お店に常連さんの予約が入っちゃったんだって。」
そうか大変だな、と返事をしながらも最近2人でゆっくりと過ごすことが出来なかったこともあって、内心では小さな期待をする。

ここ半年ほど、すずめは馬村と若干ギクシャクしていた。
ケンカをしているわけではないし、会えば普通に話しもする。
だが、手を握るどころかキスもしていない。
すずめが馬村との行為を嫌がっている節があるからだ。
少し腕に触れるだけであからさまに身体を硬くする。
しかし、何故嫌なのかという理由についても察しがつく為、馬村としても強くは言えないのだった。



それは、高校3年生の3月のことだった。
卒業式を間近に控え、卒業後に別々の道を歩むことが決定的になり、帰り道に珍しくすずめから「さみしいね」という言葉を聞くことができた。
いつも自分ばかりが、好きでいるような気がしていたから、その言葉は大きく心に響いて、何となくお互い離れがたい気持ちになった。
どちらからともなく手をつなぎ、近くの公園のベンチに落ち着く。
3月といっても夕方5時を過ぎれば気温も下がり肌寒く感じる。その時刻すでに子どもの姿もなかった。
「こっち向いて…」
馬村は握った手を自身に引き寄せ、すずめの腰と頭に手を回した。
すずめも当たり前のように目をつむり、馬村に身体を寄せる。
深く唇を合わせると、すずめの口から吐息が漏れる。
「ん…っ」
たぶんこの時、本当に寂しさからか気持ちが高ぶっていたのだろう。すずめは馬村の背中に手を回すと、シャツをギュッと掴み、苦しくて離れそうになる唇を自ら塞いだ。
「はぁ…んっ…」
馬村の唇が、耳から首をなぞり鎖骨の辺りを舌で愛撫する。耳を舐められている時は、ダイレクトにピチャピチャという音が伝わり、背筋がぞくりとする。
「ま…むら…やぁ…っ」
初めての感覚に、思わず身を捩る。
「好きだ…」
しかし、耳元でそう囁かれれば、嫌などと言えるわけもなく、しばらくの間されるがままになっていた。
辺りはすっかり暗くなり、公園の外灯だけが青白く光っている。
そして、すずめの身体はゆっくりとベンチに押し倒され唇をまた塞がれる。
セーターを捲り上げ、シャツのボタンを外されても、気持ちよすぎて何も考えられなくなった頭では、状況は飲み込めないだろう。
馬村にしても、誰が見ているか分からないような場所で、ここまでするつもりは全くなかった。
だが、その時は2人ともが雰囲気に飲まれてしまった。
露わになった胸に、舌を這わせると大きく身体が震えた。
「あぁっ…ん…はぁ」
指で、突起を弄りながら敏感なそこを舌で焦らすように味わう。
「ひゃぁ…あっ…」
その時だった。茂みからガサリと音がして、音のした方を見ると、中年の男性が下半身を露出した状態ですずめたちを見つめていた。
「やっ…」
すずめは胸元を手繰り寄せると、隠すように手で掴む。その手も顔も蒼白で震えていた。
足早に去っていく姿を見て、とりあえずは安心したようだが、手が震えてボタンが留まらないすずめの代わりに、馬村が身支度を整える。
「ごめん」
馬村が言うと、すずめは無言で首を振った。

それ以来すずめは、デートの時も変わりはなかったのだが、肌が触れ合うことだけは避けている。
(俺のこと、キライになったんじゃないのは、見てて分かるんだけど…)
馬村だって聖人君子ではない、好きな人が側にいれば触れたくなるのは当たり前で、それはすずめも同じだと思っていた。
それでも、キスもしないまま半年が過ぎた。

「今日のお昼は馬村の好きなグラタンだよ〜。あとは焼くだけ。馬村はサラダとスープお皿に盛って。」
「ああ」
馬村は、リビングボードから皿を取り出し、サラダを取り分けフォークやスプーンもついでに出した。
焼きあがった大皿のグラタンを、すずめがテーブルにセットする。
「出来たよ〜食べよ。いただきまーす!」
「いただきます」
馬村も手を合わせてグラタンを口に運んだ。
何度もすずめの家で、ご飯をご馳走になっているが諭吉の作る料理は本当に美味しいと思う。
「ねぇ美味しい?」
「あぁ、おまえのおじさん相変わらず料理上手いな」
すずめは嬉しそうに笑うと、グラタンを指差した。
「これ、私が作ったの」
すずめの手料理といえば、いつかの塩辛いおにぎりしか食べたことがない。
まさかこんなにまともな料理を作れるとは思わず、心底驚いた顔をしていたのだろう。
「ちょっと!驚き過ぎじゃない!?」
「…悪い」
すずめが言うには、おじさんのお店で手伝いをするようになってから、料理の勉強もしていたようだ。
時間はおじさんよりも掛かるが、丁寧にレシピ通り作ればそんなに失敗はしないらしい。
何といってもおじさん仕込みのレシピだ。味は保証済みだろう。
「びっくりしたけど…ほんと美味い」
「やった〜!馬村に美味しいって言わせた〜!ね、ね、私彼女っぽくなったと思わない!?」
すずめとしては、ここのところのギクシャクした関係を何とか払拭しようとしているのだろうが、根本的な解決になっていないことは自分でもわかっているのだろう。
笑顔のあと、すずめは小さくため息をついた。


食事後は、片付けを手伝ってすずめの部屋に行くのが、いつものパターンだ。
でも、馬村は誰もいないとわかっている部屋で、自分を抑えていられる自信がなかった。
また今日も触れるだけで怖がられたら…そう考えると、俺のこと本当に好きなのかと、すずめを傷つけてしまいそうな気がする。

「俺…今日は帰るわ。」
片付けをしながら、馬村はポツリと言った。
「え…なんか用事あった?」
「いや…ちょっと…」
言葉を濁す馬村に、すずめは酷く傷ついた顔をした。

(そんな顔…させたかったわけじゃないのに…)

「私のこと…嫌いになった…?」
「はっ?そんなわけないだろ!」
目に涙を浮かべながら話すすずめを、今すぐにでも抱きしめたい衝動に駆られる。
「じゃあ…なんで?」
「なんでって…おまえが…」
触らせてくれないからだろ…なんて言えるはずもない。
ただ、沈黙のまま時間が過ぎていく。
「やっぱり…嫌になったんでしょ…」
口をアヒルのように尖らせて、ぷいと馬村から目をそらす。
「なんで俺が嫌になるんだよ?むしろおまえのが…」
「だって…」
「だって、なに?」
すずめはどうしても核心に触れられないのか、下を向いたまま言葉を発することが出来ない。
「私…変なんだ…」
どれくらい時間が経っただろうか、聞き取れるかどうか分からないほど小さな声ですずめが話す。
その沈黙の間に、潤んだ目から涙が溢れないように唇を噛み、その顔を手で隠すように口元に置かれている、そんなすずめの姿が可愛く思えて、また抱きしめたい衝動に駆られる。
(俺もよっぽどだな…)
すずめの話の先を促すように見つめると、やっと目があった。
「馬村に…触られると、おかしくなっちゃう…」
「はっ!?」
真っ赤になりながら、すずめが発した言葉は予想外で聞き返すが、これ以上は喋れないとでも言うように、首を振る。
「前に…公園で、知らない奴に見られたから、そういうの嫌になったんじゃないのか?」
「知らない奴…見られたってなに?」
あの時、気がついてもいなかったらしい。
「え…何って…。じゃあなんで?俺に触られると変になるから、触れなかったって?」
まだ納得のいかないような顔で詰め寄ると、すずめが一歩後ろに下がる。
馬村は、またか…という気持ちと、もう待ってられない気持ちが交差して、行動に出ることにした。
「部屋行くぞ…」
すずめの背中を押して、部屋に押し入るとドアを閉めた。
そのままベッドに押し倒すと、身体を硬くするすずめを無視して、頬にキスをする。
「嫌か…?」
フルフルと首を振るが、まだ身体を硬くしたまま、自分からは触れようとはしない。
唇を合わせるとおずおずと、すずめからも答えてくれる。
「っ…はぁ…」
室内に唇を合わせる音と、衣擦れの音、すずめの吐息が響く。
「んっ…あ…ダメ…」
息を切らして、もっと欲しそうな顔をしながら、ダメだと言う。
「なんで…?」
「だから…おかしく…なるから…。
気持ちよすぎて…何にも考えられなくなっちゃう…。
そんなの私じゃないみたい」
(そういうことか…。ほんと、大事にしなきゃな…)
真っ赤になった顔を両手で隠して、嫌だと首を振る。
「俺だって…おまえとキスしてるだけで、おかしくなる…。公園でも、ダメだって分かってたのに歯止めがきかなかった。
好きな奴に触ってんだから、当たり前だろ?」
「当たり前…なの?馬村もなる?」
「そりゃそうだろ…。つーか俺がそういうとき何考えてるか分かったら、たぶんおまえ引くぞ。」
「だって…触られると…変な声出るし…恥かしいし…」
「だから…そういうのも全部可愛いなと思って触ってんだよ!
もっと気持ちよくさせてやりたくてこっちも必死なんだよ!言わすな、おまえはそういうことを!」
「ごめん…」
「ってことで、問題解決な」
言うが早く、深く口付けられる。
「ちょ…ま…むら」
半年分とでもいうように、執拗に何度も何度も角度を変えて、口の中を愛撫される。
「はぁ…あ…ん」
飲み込みきれなかった、どちらのものかもわからない唾液が顎をつたい落ちる。
「も…おかしくなっちゃう…」
「うん…俺も…」
Tシャツの上から、指の腹で撫でるように乳首を弄られる。下着のせいでもどかしく、全て脱がしてほしいとさえ思う。
「あっ…ん…はぁ」
「してほしいこと…正直に言ってみ」
「そんなのっ…言えな…」
すずめが、焦らすように、優しく舐められるのが好きなのも、耳の下あたりがすごく感じることも知っている。
でも…言わせたかった。
「言わなかったら、舐めてやんない」
「ん〜…」
「ほら…言えよ。すずめ」
「…ここ…舐めて」
すずめは、自らTシャツをたくし上げ真っ赤になりながら指を指すと、馬村をチラリと覗きみる。
正解とでも言うように、舌を這わせると、すずめの身体はビクリと震えた。
「はっ…あぁ…ん」
「気持ちいい?」
頬を赤く染めてコクコクと必死に頷く様子が、可愛くて可愛くて、白い肌に花びらのような跡をいくつも残す。
「ま…むら…首はダメッ…」
「ダメじゃない」
「ひゃっ…あぁん」
すずめの感じやすい首筋に唇を落とすと、同時に胸の突起を指で弄られる。
「なんっ…か、ダメッ…もぅ…」
「ん?」
「なんか…ゾクゾクして…全部、触ってほしくなる…」
「全部触ったら…途中で終われないけど…いいのか?」
いいのかと聞いているわりには、耳元で囁くように、胸への愛撫の手は緩めることはない。
本当はもう引き返せないところまできているから。
すずめはゆっくりと頷いた。


今日のすずめの格好はTシャツに下は柔らかい素材のプリーツスカートを履いていた。
ちょっと足を捩っただけで、すでにギリギリのところまで、スカートが捲れていた。
それをチラリと見た馬村が言った。
「こういうの…他の男の前で履くなよ…?」
「な…んで?」
「ちょっと足あげただけで、こうなるだろ。エロいし…男はそういうの好きなんだよ…」
片方の膝を上げた状態で足を開かせると、指で中心部分を下着の上から触る。
すずめは堪らなくなり足を閉じようするが、馬村はそれをさせてはくれない。
「ひゃあぁ…や…そこ…」
すでに、下着の上からでもわかるほど濡れているそこを、焦らすようにクリクリと愛撫すると、指の動きに合わせてクチュクチュと湿った音が室内に響く。
「あぁっ…ん、も、なんっか、ジンジンする…あっ」
「すっげー可愛い…。指、入れたら…どうなるかな」
下着を脱がすことなく、上から直に手を入れてくる。指で感触を確かめるように敏感な部分を擦ると、シャツを掴む手がビクビクと震えた。
濡れているそこへ指を深く入れると、身体が一瞬ビクッと跳ねる。
「あぁっ!…っはぁ」
背中を弓なりにし大きく仰け反り、指をキツく締め付けてきた。トロリとした生温かい体液が馬村の指をつたい溢れてくる。
「は…はぁっ…ぁ…なに…これ」
「指だけで、イった?」
まだ入ったままの指を、内壁がキュッと締め付けてくる。ゆっくりと動かしてみると、指が奥に入るたびにグチュリと音を立てて、飲み込んでいく。何度も締め付けがキツくなる場所を突くと、たまらずすずめは馬村の背中に爪を立てる。
「ダメッ…ダメ…今動かさないでっ…変になっちゃうからぁっ…あっ!…あぁ」


すずめが、2度目の絶頂に達したのと、
ピンポーンと玄関のチャイムが鳴ったのはほぼ同時で、馬村は内心舌打ちをしたい気分だった。
いや…内心ではなく、本当に出ていたかもしれない。
それぐらい馬村も余裕がなかった。
しかし、幸か不幸か2人共衣服はほとんど乱れておらず、すずめは慌てて呼吸と身だしなみを整えた。


(ったく…なんの嫌がらせだよ。ゆきちゃんめ…絶対わざとだろ)
すずめが馬村と約束があるため、お店の手伝いに出られないから、ちょっと頼まれてくれと呼び出されたのは今日の正午のこと。
(頼まれごとって…姪の偵察かよ…。まあ、タダ飯に釣られて行く俺が悪いか…)
獅子尾は、重い足取りでマンションへの道を歩いていく。
(合い鍵で勝手に入れって言ったって、万が一事の最中とかだったらどーすんだよ!つーか、10代の男子なんて彼女といたらその事しか考えてないだろ。俺だってチュンチュンのそんなとこ見ちゃったら、更に傷えぐられるっつーの!)
そんなことを考えるが、本当に嫌だったら断ればいいはずで、それをしなかったのは、卒業式以来のすずめに会いたかったからに他ならない。
そうこうしているうちに、マンションに着いてしまった。
ここに来るのはゆきちゃんに頼まれた家庭教師以来だな…などと思い出に浸る。
が、どうしても勝手に入ることは出来ずに、仕方なくチャイムを鳴らす。

待つこと1分…インターフォンに出るまでにそこまで時間がかかる時点で、予感が的中したことを悟った。
宅急便だったら、不在票置いて帰るぐらいの長い間だ。
『はい…どちらさまですか?…って、先生!?』
懐かしいすずめの声が、インターフォン越しに聞こえる。カメラで顔を確認したのだろう。驚きとどこか懐かしむ響きがあった。
「え…と、久しぶり…ちょっとゆきちゃんのおつかいで…開けてもらえるかな?」
『は…はい』
とりあえずすずめの顔だけ見て、あとは言われた通りに忘れ物を取りに来たのを装って帰ればいい。
ドアが開いて、すずめを見たとき、やっぱりこんな頼まれごと受けるんじゃなかったと心底後悔した。
頬は赤く染まってるし、目は潤んでるし、髪は乱れてるし、おまけに付いたばかりだと思われるキスマークまで見てしまった。
「久しぶりだ…な…」
「は…はい…先生も元気そうで…」
「馬村来てるって聞いたけど?」
「え…と、どこだろ…トイレかな?」
獅子尾は深くため息をつく。
「あのな…君ね…一言言わせてもらうと、いくら彼氏でもそんな隙のある服着てると、襲われるよ?」
獅子尾の言葉で何かを思い出したように、顔を真っ赤にさせて俯く。
(そりゃあ、もう襲われたか…。馬村は…十中八九トイレだろうな。状態から見て最後まではしてないだろうし…はぁ〜帰りて〜…)
この子が、どんな風に触られるとどんな風に乱れるのか、そんなことを想像させられる。
獅子尾にはそんな権利などないのに、馬村のことを殴ってやりたいとさえ思う。
「あ、ゆきちゃんからメールだ…。忘れ物やっぱり大丈夫だって。悪かったな…じゃあもう行くわ」
入ってもいないメールで、嘘をつくぐらい、この場から逃げ出したかった。
(ゆきちゃんめ…やっぱりわざとだろ)

「ど…ど…、どうだった!?」
獅子尾が店に戻るなり、諭吉の質問攻めにあうが、はなから真面目に答える気はなかった。
「うん?まぁ…仲良くしてたよ?」
「はぁ!?どういう意味だよ?なあなあ。やっぱりなんかあったのか?」

(俺の傷が癒えた頃に、教えてやるかな…何年後になるか分からんけど)
獅子尾はまた本日2度目の深いため息をついた。

fin


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト
プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter