現在の閲覧者数:
FC2ブログ

サクラサク

ひるなかの流星【サクラサク】
すずめ、馬村高校2年生。
すずめ達2人の淡い恋の話と、すずめのことを見つめることしか出来ない高校1年生の里村くんのお話。



何か希望を持って選んだ学校ではなかった。
ただ、家から1番近い高校だったから。
勉強もそこそこで、ただ制服がかっこいいとか可愛いとかで人気があるだけの学校。
自分が選んだ学校のイメージはそんなところだ。

入学式の朝までは、ずっとそんなことを考えていた。



「入学式長かったな〜もうマジ校長の話いつ終わんだよって感じ!」
入学式が終わり新入生たちが教室にゾロゾロと戻る。
「なぁ、あの人…」
「勇気あんな…」
里村の前にいたグループが、ヒソヒソと話しているのが聞こえた。
何となく前を見ると、今時珍しい二つ分け三つ編みの女がオニギリを食べながら、体育館へ向かっている。
その後ろから物凄い美少女が罵声を浴びせながら歩く。
どうやら先輩が入学式の後片付けをするらしい。
「ちょっと!すずめ!あんた少しは恥じらいってもんを持ちなさいよ!」
美少女が、三つ編みの女に話しかけるが、それを軽く聞き流しスタスタと体育館へ入っていく。

(名前がすずめ!?しかもオニギリ!)

(しかも、今どき三つ編み!?)

里村大毅は、勉強もスポーツも一通り教えられれば器用にこなすタイプだが、その分飽きるのも早く、付き合った彼女も長続きした試しがない。

(この学校…面白いかもな。しばらくの暇つぶしになりそう)

肩を震わせて笑いながら、去っていく後ろ姿を見送る。
周りからは、強面、チンピラ、子分など意味不明なあだ名をつけられている里村だが、笑うと子犬のようで可愛いと中学では一部の女子に人気があった。
あの人かっこいいね、と入学式でも囁かれていたことを本人は知る由もない。


教室に戻ってからも、肩を震わせて笑っている里村のことをクラスメートたちが何事かと見ている。
「え…と、名前…、里村くん?大丈夫?」
隣の席に座った女子が話しかけてくる。
「え?あ、ごめん、ごめん!さっきの人ほんとツボった!」
思い出したようにまたお腹を抱えて笑いだす。
「あぁ、あの女の先輩?変わってるよね」
「あぁ、めちゃくちゃな」



三つ編みオニギリ女の名前が、与謝野すずめということは程なくして知った。
いつも、美少女と噂される猫田ゆゆか先輩と一緒にいることや、校内探しても三つ編み女子などほぼいないことや、オニギリを食べながら登校することは日常茶飯事なことで、なかなか有名らしい。

里村も、こんな学校とバカにしていたが、授業内容もレベルが低いわけではなく、むしろ教え方のうまい先生が何人もいることで勉強にも身が入る。
最近の楽しみはもっぱら与謝野すずめの観察だが。

(新しい友達も出来たし、この学校で良かったかもな)

「里村〜おはよ!」
「あぁ、はよ…」
下駄箱でクラスメートに声をかけられる。
「今日、部活動紹介だってな。おまえ運動系?」
「ああ、そういやそうだっけ…。中学まではバスケ部だったけど…別に入らなくてもいいかな」
高校に入ったらバイトを始める予定だった里村は、部活にはあまり関心がなかった。
「俺もバスケ部だった!仲間じゃん!ここ結構強いらしいぜ?」
「へえ、そうなんだ?じゃあ体験ぐらいは行くかな…」

里村は友人と一緒に廊下を歩いていると、階段を駆け下りてきた女生徒とぶつかる。
「う、わっ!」
「あっ、ごめん!」
女生徒は体格のいい里村の胸に飛び込む形となり、それをキャッチするために、里村は肩を掴んだ。
顔を上げごめんと謝った女生徒がすずめでなかったなら、もっとスマートに対応出来ていただろう。
三つ編みオニギリと笑っていたすずめは、何故か今日は髪をゆるく巻いて、化粧もしているようで、想像とのギャップで、里村は顔が赤くなる。
「よ、与謝野先輩…?」
「え…はい…。あっ、ほんとごめん!前見てなかったよ!」
「いえ、俺は大丈夫ですけど、むしろ先輩のが大丈夫ですか?」


「里村〜?何してんの?もう部活動紹介始まるよ」
友人に声を掛けられ、慌ててすずめの肩に置いた手を外す。

「新入生?頑張ってね〜」
そう言って、笑いながら頭をくしゃくしゃと撫でられた。

何事もなかったように、廊下を歩いて行ってしまう。
その後を追いかける1人の男子生徒がいた。

「おまえは…だから、走るなって言ってんだろ?」
「しょうがないじゃん〜時間がなかったんだから…ちぇーだ」
里村がスポーツマンタイプなら、どちらかというと文科系、体格はいいが腰の細いイケメンだ。
すずめの隣で笑う男を見たとき、何故かは分からないが胸がチクリと痛んだ。


「おまえ…今日ずっとそれでいるつもり?」
馬村に彼女のフリをしてあげようと、化粧までしたのに、それを断った男は何が気にくわないのか、髪の毛結べば、などと言ってくる。
「なんか、変?だって…クレンジング、家じゃないとないし…髪の毛はせっかくゆゆかちゃんにやってもらったし」
「変…とかじゃないけど」

(さっきの男も見惚れてただろうが…)

その言葉を飲み込んで、すずめの手を引っ張る。
「ほら、さっさと行くぞ」
「ちょっと…馬村…」

繋がれた手が、汗ばんでいるような気がして、顔が熱くなる。
手を繋ぐと、着痩せするのか細いように見える馬村も、ゴツゴツとして骨張った手が、やっぱり男の人だと感じられて、余計に緊張してしまう。

(なんでか…離して…って、言えないし…。あのお祭りの時は言えたのにな)

手を引く馬村も、やはり顔は赤く、繋いだ手の伝わってくる体温が、馬村の体温をさらに上げる。
強く握ったら壊れてしまいそうな、華奢で小さな手を優しく包む。

(もう少しだけなら、このままでいいか)

2人が同じ思いを抱き、体育館までの短い時間、お互いの体温を感じる。



「なぁなぁ知ってる!?あのオニギリの先輩!馬村先輩の彼女らしいよ」

里村大爆笑してただろと言われるが、そんなことよりも、やっぱりあの時のあの人と付き合っていたのかということに、ショックを受ける自分がいた。
馬村のことを里村は知らなかったが、直感であの時隣にいた男だということがわかる。

(俺が、与謝野先輩の肩を掴んだ時、すっげぇ睨んでたもんな…)

「馬村先輩超カッコいいのに、勿体無いよなぁ〜。よりどりみどりだろ」


きっとこの恋は成就することはないと思うが、出来れば、他には誰にも気がついてほしくはない。
きっと、馬村先輩は1番早くに気がついたんだろうけど。
あの人が笑うと可愛いところ。
いつも一生懸命なところ。

きっとそのうち忘れられる。
だって飽きっぽいから。
その時まで、密かにあなたのことを好きでいさせてください。


fin





皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト
プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter