現在の閲覧者数:
FC2ブログ

キスのあとは

ひるなかの流星【キスのあとは】
すずめ高校2年生、沖縄の後のお話。
学校の帰りに馬村のうちに寄り道。
だけど、馬村の男の部分を受け入れることができなくて…。
 


夏休みも終わり、高校2年生の2学期が始まった。
今年の夏は本当に色々なことがあり、泣いたり笑ったりして、振り返れば結局、笑って思い出せる日がいつか来るだろうとすずめは思うことにしている。

だから、馬村にも、もしかしたら先生のこと思い出して切なくなったり、似た人を目で追ってしまったり、そんなことはこれからもあるかもしれない、でもそれは思い出を振り返っているだけ、馬村への気持ちは変わらないから、不安に思わないでほしいと話をしたばかりだ。


学校の帰り道、まだまだ2人きりで帰ることに慣れないが、先生と一緒にいた時のような不安な気持ちを感じることは全くなく、何度も好きだと言葉で伝えてくれた馬村のことを好きになって良かったと日々思う。

すずめの胸元には、沖縄土産で、馬村からもらったネックレスが光っている。
「それ、してんだな」
馬村が、首元を指差して何でもないことのように言うが、心なしか嬉しそうに見える。
「うん。こういうのしたことないから、嬉しかったし…」
表情の少ない馬村が、恥ずかしそうな嬉しそうな顔をする、好きな人が喜んでくれることがこんなにも嬉しいことだと教えてくれた。
 
「あのさ、これから…うち来るか?」
顔を赤らめて目を見ずに誘ってくる馬村に、すずめは馬村の手を取るとキュッと握る。
「うん、行く」
2人とも会話も出来ないまま、手を繋いで家まで歩く。
顔が熱い…。


「お邪魔しまーす。あれ?大地まだ帰ってないの?」
「…みたいだな。そのうち帰って来るだろ、先に俺の部屋行ってて」

すずめは、しんとした部屋に入ると、急に緊張して、持っていたカバンの紐をギューギュー掴んでしまう。
前に来た時には父も大地もいた。
うちに遊びに来た時にはおじさんもいた。
2人っきりは、沖縄の水族館以来で、しかも部屋に…というのは初めてかもしれない。
考えれば考えるほど緊張が増し、どうしょうもなくなってしまった。
自分でも顔が熱くなるのが分かる。
とりあえず落ち着こうと、ベッドの横に腰を下ろし、鞄からオニギリを取り出して食べる。
お腹も空いていたし、ちょうどよかったとすずめは思った。


「おま…なに食ってんの」
「ん?オニギリ…お腹減ったから。馬村も食べる?」
「いらね…」
馬村が部屋に入ると、ちょうどすずめがオニギリにかじりついたところだった。
彼女を家に呼んだことで、多少なりとも緊張していた馬村はガクッと肩を落とした。

(色気なさすぎだろ…)
まあそんなもんかと、少しばかりしていた期待を打ち消した。
こうして2人で居られることが、奇跡のようなものなのだから。

「ほら、お茶…」
「ありがとう」
口いっぱいに頬張りむせそうになったすずめに、持ってきたばかりのお茶を渡し、すずめのすぐ横に座った。
「おまえ、手にも顔にも米付いてるすぞ…」
 口のすぐ横に付いていた米粒を取ろうと手を伸ばすと、かなり近くにお互いの顔があることに気がつく。
顔に触れられたことで、馬村以上に驚いて真っ赤になるすずめに、一応意識してくれてたのかと嬉しくなった。
「やっぱり、食う…」
すずめの頬に付いた米粒を、舌で舐め取り、手についた米も指ごと口に含む。
「味、わかんねぇな」
何が起こったのかも分からず、涙目で顔を赤くするすずめに、何も考えさせないようにとすぐ行動を起こした。

すずめが持っているオニギリを口に含むと、口移しですずめに食べさせた。
「ふっ…ん〜、な…に」
「うまい?」
「…っ、味なんか分かんないよっ〜」
「じゃあ、お茶いる?」
すずめの肩を抱いて、お茶をまた口移しされると、飲み込みきれなかったお茶が、口の端から零れ落ちる。
「んっ…はぁ…ま、むら…」
今にも涙が溢れそうなほど目は潤み、馬村の制服のシャツを掴む手は、やはり女の子のもので、抱きしめてみると意外なほど華奢なことが分かる。

(女って、なんか、柔らかいな…)

「口開けて…」
口の中に入ってくる舌が、歯の裏や舌を愛撫する。
何が起こっているのか分からないが、流されるままにすずめは馬村の唇を受け入れた。
「はぁ…ん…っ」
手に持ったオニギリのことも忘れて、馬村のシャツに縋り付いた。
「っ、…はぁ」
頬は赤く染まり、トロンとした目で見つめてくるすずめの色気に、思わず唾を飲み込んでしまう。
「もう1回していい?」
馬村にそう聞かれ本当は少し名残惜しく思っていたが、理性の方が勝りストップをかけた。
「…ダメ」
一応聞きはしたが、まさか断られるとは思っていなかった馬村が固まる。
すずめは、馬村のシャツを掴んだまま、顔を胸に埋めた。
「だって…気持ちいいけど…なんか止まらなくなりそう…ちょっと、怖いし」
馬村はすずめを強く抱き締めると、額や頬に優しくキスをする。
「気持ちいいなら、止まらなくなってもいいだろ」
そう言って、また深く口付けてくる。
「ん…っ、あ…はぁ、ダメ…」
気が付いた時には、床に押し倒されていた。
馬村のことは、大好きだけど、急に男になった馬村にすずめの気持ちがついていかなかった。
「大地…帰って…っ、来るでしょ…ん、はぁ」
「じゃあ、帰ってくるまで…な」
スカートを捲り上げ太ももに手を置かれると、気持ちよさよりも恐怖が勝る。
「ふっ…ぅ、んっ、やぁ…だっ」
強く抱き締められている為、身動きが出来ない。すずめは悲しくなってきて、泣きながら顔を背けた。
「な、に…泣いて…」
「やだ、って言った…」
ハッとして、抱き締めていたすずめの身体を解放する。
「…ごめん、急ぎすぎた」
馬村としても、すずめのことが大事で泣かせたくなんかないのに、止まらなかった。
「今日は、帰るね…」
「送る」
「いいよ…まだそんなに遅くないし。また明日ね」
すずめは逃げるように、馬村の家を後にした。
「やべぇな…俺」
馬村は、部屋で1人自己嫌悪に陥る。



すずめは家に帰ると、ただいまも言わずに部屋に入り、布団に包まって考える。

キス以上の行為もいつかはするんだろう、と。
でも、何ヶ月か前まで先生のことが好きで、やっと馬村のことを好きだと気がついたばかりなのだ。
付き合う前に、1度手を繋いで、今日は2度目だった。
何度も抱き締められたかは覚えていないが、ギュッとされるのは好きだと思う。
そして、沖縄で初めてキスをした。
キスだって数えるほどしかしていない。

すずめは、正直馬村と一緒に居られればそれが幸せで、Hなことをしたいという気持ちは感じたことがなかったために、余計に戸惑いは大きかったのかもしれない。

すずめは思い出して、涙を浮かべる。
「馬村のバカ…」



諭吉は、帰ってくるなり自室に引きこもって、夕飯も食べようとしないすずめのことを案じていた。
帰ってきた時、泣いていたようで、目も赤く少し腫れていたからだ。

(学校で何かあったのか…?)

こんな時は、以前のままの関係であったのならば、獅子尾に相談していたのだが、さすがにすずめのことを今は相談する気にはなれない。
すずめが、今は馬村くんと付き合っていることも知っているし、獅子尾はすずめの学校の教師だ。
それでも、無神経過ぎる気がした。
獅子尾も、真剣にすずめのことを愛してくれていたから。

諭吉は、すずめに仕事に行ってきますと書き置くと、家をあとにした。


しかし、タイミングが悪いというのはこういうことで、その日の夜仕事帰りに獅子尾が店に立ち寄った。
「ゆきちゃーん。俺、最近忙しくてまともな飯食ってないんだ。なんか食べさせて〜」
「…何でもいいか?」
「もちろん!」
それからは、主に雑談、あとは獅子尾の仕事の話など近況報告をして、獅子尾は時計を見た。
「俺そろそろ行くかな…」
「あ、ああ…またな」
獅子尾は、席を立とうとするが、一瞬考えると、真剣な顔でゆきちゃんと声を掛けた。
「何か、相談したいことあった?」
「え…」
「ちょっと元気なかったから。でも、俺に話す気もないみたいだし…。そうなると、全く俺に関係のない話か、もしくは俺に関係あるけど、俺に聞きにくい話かのどっちか…かなと」
諭吉の目が泳ぐのを見て、獅子尾は後者であることを悟った。
「あいつのことね…何があった?」


「…で、学校で何かあったのかと思って」
「泣いてた?いや…、学年違うから今日は帰りに見かけただけだけど…。いつも通りだったと思う。なんか、馬村と一緒に帰ってたとこは見たけど、楽しそうだったよ」
「ってことは、帰りに馬村くんと何かあったのか…」
諭吉はこれ以上ないほど、深くため息をつく。
「でも、ただの痴話喧嘩じゃないの?高校生のカップルなんてそんなもんだろ。まあ、俺が間に入るのはこじれそうだから、ちょっと気にして見ておくよ。でも2年と中々会う機会ないけどな…」

すずめが泣いてご飯も食べないなど、よほどのことだと思うが、この叔父の心配を少しでも取り除きたいと嘘をついた。
獅子尾はまた連絡すると言って店を出た。

すずめに会う機会など、ほとんどない。
でも、見かけると嬉しくて、笑ってると心から良かったと思う。
泣いているのならば、直接ではなくても力になってやりたい。
それは、きっと教師として間違ったことではないと思うから。



次の日、馬村はあまり眠れなかったせいかスッキリとしない頭を振って、早くに家を出た。

昨日の夜、何度も電話をしようと思った。
しかし、何を言っても言い訳にしかならず、傷つけたことに変わりはない。
それに、情けない話だが、嫌われたかもしれないということが、こんなにも怖いとは思わなかった。
あいつが来るまでは、ほとんどの女に嫌われていた自分が。



「馬村!おはよ。今日、早いね」
上履きに履き替えていると、突然後ろから話しかけられて、現実に引き戻される。
ぼうっとしてどうかしたのかと、犬飼が心配そうに顔を覗き込む。
「あぁ、…はよ」
そして、タイミングは悪い方に進むもので、謝りたいと思っていると、当人と話すチャンスのないまま、授業が始まってしまった。

馬村が、移動教室の時間廊下を歩いていると、懐かしいがあまり話したくはない人物に声を掛けられる。
「よっ、久しぶりだな」
「…っ、何か用か?」
すずめと中々タイミングが合わない苛立ちから、獅子尾に声を掛けられただけなのに、思いっきり睨んでしまう。
「ちょっと、こっち」
獅子尾は、馬村を袋小路になっている通路まで連れて行くと、念のため辺りを見回してから話し始めた。

「昨日、ゆきちゃんが…心配してた。泣いて帰ってきたって。
別に俺はおまえたちの痴話喧嘩に関係ないけどな、ゆきちゃんは友達だからな。あんまり心配かけるなよ。そんで、原因は知らんけどね…あんまり泣かすなよ」
「んなこと、分かってるよ!泣かしたくて泣かしたわけじゃねーよ!」
獅子尾は、やっぱりこいつが原因かと思うが、それに対して怒りがこみ上げることはなかった。

(あいつのことを完全に過去に出来ているわけじゃない…)

なのに馬村に対して怒れないのは、自分も泣かせたことがあるからで、その後にどれだけ後悔するかを知っているからだ。
「俺は、修復することは出来なかったけど、おまえは違うだろ?」
少し傷ついたような顔で、獅子尾は薄く笑って言った。



馬村は、不思議に思うことがあった。
大人ぶってる子どもみたいなこの教師は、すずめを前にしても冷静でいられたのだろうか。
激情に駆られて、抱き締めてしまったりすることはなかったのだろうか。
「何でそんな冷静に俺らのこと聞けるわけ?つーか、あんた、あいつと一緒に居る時もそんな冷静だったわけ?」
「んなわけないだろ…。冷静になれるんだったら、あの時おまえと張り合ったりしてねーよ」
「…」
獅子尾とこんな風に長く話をしたのは初めてだった。
付き合ってはいなかったと思うが、馬村の気持ち的にはすずめの元彼のような存在なのだから、疎ましく思っていたのは当然だが、今は話を聞いてみたい気持ちもあるのかもしれない。

だが、話を切り出したのは意外にも獅子尾からだった。
「今でも…あの時、あの子の気持ちがまだ俺にあるうちに抱いておけば良かった…とか考えることはあるな」
「何で…そうしなかった?」
「あの時は…。俺が一歩を踏み出せなかったのもあるけど…」
「あるけど?」
(抱いたら…もう手放せなくなるのが分かってたから…)


獅子尾は、馬村と話しているうちに大体の事情を察してしまう。
自分が高校生の頃など、彼女と会えば「そのこと」しか考えていなかったから。しかし、すずめは今どきの高校生とは真逆のタイプで、今まで優しい友達でいた相手が、急に男になったことで、かなり動揺したであろうことまで想像がつく。
その時、廊下の窓にすずめが走ってくる姿が映る。
「ま、あとは自分で考えろ」
馬村の頭をポンと叩くと、時間切れとばかりに3年の教室へと行ってしまった。




「馬村!何してるの?次移動だよ」
すずめが走りながら遠くから馬村を呼ぶ。

(なんで、このタイミングなんだよ…)


昨日のことを謝りたかったはずなのに、やっと2人で話す時間が取れたのに、言葉が出てこない。
すずめもまた、何も言わない馬村にどうしていいのか分からないでいる。
馬村は黙ってすずめの手を引くと、空いている教室に入った。

(何が、正しいかなんてわかんねえけど)

「ま、馬村…?」
ドアを閉めると、すずめを優しく抱き締めた。

(俺がこいつのことを好きなことだけは、揺るがないから)


「ごめん…」
馬村はやっとそれだけ言うと、すずめは首を振り、背中に回した手でシャツをギュッと掴んだ。
「馬村と、こうしてるのは好きだよ…でも…」
「分かってる…。それでも…俺は、おまえのこと触りたいって思う。おまえのこと好きだから、止められない」
ごめん、は泣かせたことへのごめん。
好きなら…触れたくなるのは当たり前だから。


馬村は、教室の机に腰掛けると、すずめを抱き上げて膝に乗せた。
「だから…おまえが触って。おまえが触りたいと思うとこまで…」
「えっ…」
チャイムが鳴り授業が始まっても、すずめを降ろそうとはしなかった。
すずめは、向かい合って馬村に抱っこされている状態で、どうすることも出来ずに顔を真っ赤にしていた。

「俺からは、もう何もしないよ。だから、おまえが触って」

どれだけの時間そうしていただろうか。
すずめは赤くなりながらも、おずおずと唇に触れるだけのキスをする。
「ん…」
何度も何度もついばむようなキスをしていると、何か物足りないような気がして、馬村の首をペロリと舐めてみた。
すると、馬村の身体がピクリと動き、一瞬息を飲むのが分かった。
馬村が気持ちよくなってくれるなら、いいかもしれない…それぐらい軽い気持ちで、首すじから鎖骨あたりを舌で舐める。
「…っ」
馬村が息を飲むのが分かる。
吐息も熱く変わってくると、すずめもまた身体の芯が火照るような感覚を覚え、もっと触れたい、触れてほしいと思った。


その時…。初めて、愛しい人の身体に触れることが、こんなにも幸せなことだということに気がついた。


今度は、触れるだけのキスではなく、口を開け舌を絡めてみるが、馬村からは何もしないと言ったとおり、舌を動かすのはすずめだけだ。
「ふっ…ん…はぁ…ま、むら…ねぇ」
「ん?」
馬村もして…と目で訴えたつもりだが、全く気がつかないふりをする。
「いじわる…」
「俺からもしていいの?」
すずめは頷き、馬村の唇を舌で舐める。
「馬村も…して…っん」
ようやく、欲しかった唇が与えられて、すずめは快楽に身を委ねる。
「はっ…ぁ…ん」
馬村は、激しすぎない程度にすずめの口腔内を弄ると、物足りないと感じるところでわざと愛撫を止める。すると、すずめからもっと欲しがるように馬村の舌と絡める。
「止めちゃ…ダメ…っん」
抱き合うようにキスをしている2人は、身体同士が密着し合っている為に、少しの刺激で下半身に熱が帯びる。馬村が、腰を揺らすとすずめの身体がビクビクと震えた。
「ひゃ…っ、あ…ん、あたっちゃう…から」
「嫌?」
「だって…なんか…おっきいし…」
すずめは顔を真っ赤にしてそう言うと、馬村の顔を覗き見る。
「そりゃ…こんなにくっ付いてキスしてたら勃つだろ」
馬村は腰をグッと押し付けると、すずめの反応を見るように軽く揺らした。
「あぁ…っん」
すずめの下着の上から擦るように動かされると、布を隔てているのがもどかしいように感じてしまう。

(も…全部脱ぎたい…もっと、触って)

すずめは自分から、腰を揺らして気持ちいいところを擦る。
「はぁ…ん、…あぁっ」
「…っ、おまえ…ここで犯されても文句言えないぞ…誘ったのはおまえだからな」
馬村は、すずめの下着の上から手を滑らせると、すでに濡れているそこを人差し指と中指で擦る。
「あっ…ん、はぁ…もっと」
「すげ…濡れて、俺の手ビショビショ」
「やぁ…っ、言わな…いで」
下着の上からでも、クチュクチュと音が聞こえるぐらい濡れた蜜が溢れてくる。
すずめは、ずっと焦らされているような、あと1つの刺激が足りないようもどかしさを感じるが、自分ではどうしたらいいのかがまるで分からない。
「ゆ…びっ、止めちゃ…ダメ…ぁ」
馬村はすずめのブラウスのボタンとブラジャーのホックを外し、形の良い胸に舌を這わせた。
「あっ…やぁ…ん」
敏感な場所を指で擦られながら、胸への愛撫も合わさって、すずめの身体はおかしくなってしまったのかと思うほど、敏感にビクビクと震えた。

「あぁっ…!はぁ…はぁ…っ」
擦っていた人差し指と中指を、すずめの中へヌチュリと入れると、少しスライドさせるだけで絶頂に達してしまう。
「イッた?中…絡みついてくる…」
「なにっ…これ?変っ…あ、指…もぅ」
イッた直後のすずめの恍惚とした表情に見惚れていると、スカートのポケットに入っているすずめの携帯が振動する。
すずめは全く気がついていないため、馬村がそっとスカートから携帯を取り出し、表示を見ると″先生″の文字。
もちろん無視を決め込むが、すずめは留守電にしていないためか、切れることなくずっと振動し続ける。
「ちょっと携帯借りるぞ…。なんだよ!しつけーぞ!」
今いいところなのに…その言葉はもちろん飲み込んだが。
「ま…むら?…っ、だれ…?」
すずめの質問には答えず、優しく髪を梳くと、気持ちよさそうに目を瞑る。
ここが学校だということを忘れてしまいそうだった。
「君たちね…そこ。3階の窓から見えるからね…」
「……っ!」
馬村は焦って思わず窓を見ると、薄いカーテンが引かれていて、窓も閉まっているため見えるはずがなかった。
「見えねーよ!」
「やっぱり一緒か…仲良く授業サボっちゃって。まあ、仲直りしたのはいいけどね、学校でそういう行為に及んだ場合停学だから。これは教師としての忠告。午後の授業は必ず出ること、分かった?」
「っ…分かったよ…」

全く気がついていなかったが、午前中の授業はすでに終わっていて、昼休みに入っていた。
電話を切ると、先ほどまで感じていた身体の熱が見る見るうちに冷めていく。
この場合は良かったといえるだろうか。
すずめの衣服の乱れを直すと、床に降ろし立たせようとするが、すずめは腰が抜けたように足に力が入らず立つことが出来なかった。
「大丈夫か?」
馬村の腕に支えられると、すずめから胸に顔を埋めた。
「うん…」
馬村もまたそんなすずめを抱き締める。
そして優しいキスを頬と口に落とした。

「キスの後は、どうしてほしい?」
「ん…?ギュッてして…」


こういう気持ちが″愛しい″と言うんだ。

相手に触れたくて、触れて欲しくて。
触れられていると幸せで。
そして…いつも、笑顔でいてほしくて。


fin


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト
プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter