現在の閲覧者数:
FC2ブログ

記憶のかけら

ひるなかの流星【記憶のかけら】
ベタですが、記憶喪失ネタです(笑)
すずめ高校3年夏休み〜2学期。他の話とは連動させてません。



夏休みも終盤に差し掛かった、8月の終わり。
外では蝉が忙しなく鳴き、連日蒸し暑い日が続いていた。
クーラーの苦手なすずめでさえも、耐えられずにエアコンのスイッチに手を伸ばすほどだ。


「お腹すいた〜」
高校3年生の受験生には大事な夏休みだというのに、受験とは関係のないすずめは、完全にだらけ癖が付いていた。
いつものごとく昼前に起きてきて、諭吉が作ってくれたご飯でも食べようとキッチンを見る。
しかし、珍しく昼食の用意はなく、代わりに1枚のメモが置いてあった。

「お昼過ぎに帰る。ご飯待ってて、かぁ。でも、お腹すいたよ〜」
何かお菓子でもないかとキッチンを物色すると、棚の上にクッキーらしき缶が置いてあった。
「あ、あれでいいや…」
脚立を持ってきて棚の一番上にあるクッキー缶を取ろうとすると、脚立が完全に開ききっていなかったのか、バランスを崩す。
「わっ…あぶな…っ!」
ゴツという鈍い音と共に、意識が遠のいていくのが分かった。



真上でチカチカしている蛍光灯の眩しい光で、すずめは目を覚ました。
ズキズキと頭が痛む。
痛みのせいか、頭に靄がかかったようにぼうっとする。
すずめは辺りを見回したが、自分がどこにいるかが全く分からなかった。

「すずめっ!?目が覚めたか?…あ、すみません、起きたみたいです!」

(すずめ…?鳥?)

「大丈夫か…?全く…家帰ったら脚立から落ちて倒れてるから、驚いたよ…」

目の前に髭面のおじさんがいて、心配そうに顔を覗き込んでくる。
その隣には、やはり心配そうに見つめてくる知らない男の子がいた。

「誰…?」
そう言うと、信じられないものを見るような顔で2人は目を見開いた。



「全生活史健忘…?」
慌てて診察をしてもらった医師からそう告げられる。
「ええ、いわゆる記憶喪失で、主な原因は心因性ですが、まれに頭部外傷から発症することもあります。
すずめさんの場合も、頭を強く打ったことが原因と思われます。
時間が経てば思い出していくことがほとんどですから、ゆっくり見守りましょう。もし、しばらくしても記憶が戻らなそうでしたら、催眠療法という手段もありますので、ご家族で相談してください」

病院の家族控え室で、医師から告げられた言葉はショッキングなもので。

どれくらいで記憶は戻るのかという諭吉の質問に、どれぐらい時間がかかるかは個人差があるために、はっきりとは言えないと医師は告げた。


諭吉が病室に戻ると、馬村が一通り名前や家族の続柄などを説明しているところだった。

「すずめ…馬村くんのことも覚えていないのかい?」
「馬村くん?…今聞きました、えと、私の彼氏?」
「そうだけど…。本当に、覚えてないんだ…」
「すみません…」
すずめは、申し訳なさそうに諭吉に頭を下げた。

「マジかよ…」
馬村は、深くため息をついた。



不思議なことに日常生活に必要なことは覚えていた。
ご飯を食べること、トイレにいくこと、眠ること、天気のこと。
信号が青になったら横断歩道を渡ることや、電車に乗るためには切符を買うこと、お金の単位、物の名前なども覚えている。
試しに小学校、中学校の問題集を解かせてみたが、文章の読解力もあり、足し算引き算などの計算能力も、元のすずめと変わりなかった。
でも、自分自身のことは何ひとつ覚えていない。
どこの誰で、家族は何人で、どこに住んでいるのかも。
友達はいたのか。
彼氏はいたのか。

(馬村って人が、彼氏らしいけど…)


すずめは、外傷もそこまで酷くなかったために、検査も含めて3日の入院で退院することが出来た。
そして、日常生活を送る上での支障はないため、通院をしながら2学期から学校へも行けるそうだ。


夏休み中に馬村から聞いて事情を知ったゆゆかが、驚きながらも、すずめのフォローをしてくれることになった。
「食い意地ばっか張ってるからそんなことになんのよ!」
電話口の声は怒りながらも、心配から震えていた。


2学期が始まると、ゆゆかが家まで迎えに来て、高校の場所や、クラスを学校への道すがら、ホームルームが始まる前に友人たちの名前をザッと説明される。


「猫田さん?色々ありがとう」
笑ってお礼を言うすずめに、さむっ、キモっと言いながら、腕をこすり合わせる。
「違う!ゆゆか!あんたは、私のこと″ゆゆかちゃん″って呼んでたの!気持ち悪いから猫田さんなんて呼ばないでくれる!?」
「ご、ごめん…ゆゆかちゃん?」
素直にそう謝るすずめに、ニヤリと笑って1つ付け加えた。
「馬村くんのことは、″大輝″ね」
「大輝?」
思いがけず、すずめに名前で呼ばれて、馬村は照れたように赤くなった。

「猫田…嘘つくな…」
「嘘なの?」
すずめは、どうしていいのか分からずにキョトンとしていた。


何とか1日目の高校生活を無事終えると、馬村が帰り支度を手伝いすずめの分の鞄を持つ。
「病院まで送るから…行くぞ」
「うん…ありがとう」
馬村が恋人だというのは、どうやら本当のようで、休み時間や昼食の時間など、必ずすずめの様子を見てくれていた。

「あの…馬村くん?大輝?」
結局どっちで呼んでいいのか分からずに、恐る恐る聞いてみる。
「大輝でいい…。おまえの記憶が戻ったらそう呼ばせるし。慣れとけ、今のうちに」
頭をポンと叩かれ、髪をくしゃと撫でられる。
ぶっきらぼうだけど、優しいんだな。

(この人に触られてると…なんか…)

すずめの心臓がトクンと音を立てる。


そして、次の日、覚えたばかりの教室の入り口付近で、教師に呼び止められた。

「与謝野!…あ、俺な、1年の時のおまえの担任。獅子尾先生」
話しかけてきた教師は、やはり心配そうに顔を覗き込んでくる。
「獅子尾先生?」
「まだ…何も思い出せない?」
「はい…。何となく…、思い出せる風景もあるんですけど…。新しく覚えた記憶なのか、昔の記憶なのか、ごっちゃになっちゃって…すみません」
「おまえが悪いわけじゃないだろ。ゆっくり、焦らなくてもいい」
「先生も、なんか懐かしい感じがします…。何だろう…よく分かりませんけど」
「今は…それでいいよ」
やはり頭をポンポンと優しく叩かれ、すずめは笑顔を見せた。
(この人…なんか落ち着くなぁ…)



今日も、学校帰りに病院へ付き添ってくれていた馬村に、新しく覚えた先生の話をした。
「獅子尾先生っていい先生だね。学年違うのに、わざわざ心配して話しかけてくれたよ」

それを聞いた馬村は、辛そうに顔を歪め、無言ですずめを引き寄せると、ギュッと抱き締めた。
「頼むから…あいつのこと、考えるな」
何故か、泣きそうな声でそう言う馬村に、すずめはどうすることも出来ない。

「大輝…?」

抱き締められると、馬村から何か香りがして、すずめの身体と心を温かく包む。

(石鹸…?なんか…懐かしい)

何故かは分からないけど、そうしないといけない気がして、すずめは馬村の背中に腕を回した。
馬村は少しホッとしたように、腕の力を緩める。
「俺は、おまえが好きだよ…。それだけは覚えておいて…」
すずめが軽く頷くと、頬にキスをして抱き締めていた腕を離した。


家に帰ってふと、思い出す。
獅子尾先生のことを話した時だった。
馬村が、悲しそうな、今にも泣き出しそうな顔をしたのは。
もしかしたら、馬村のことを知らないうちに凄く傷つけてしまったのかもしれない。

(早く記憶が戻れば、大輝にあんな顔させなくなるのかな…)


記憶喪失も3日目に入り、徐々にだが、生活も落ち着きを取り戻していた。

今日は病院の予定も入っていないので、学校の帰りは家まで送る予定だ。

「ねえ、私たち付き合ってるんだよね?」
すずめが唐突に言い出した。

「いきなり、なに?」
馬村は驚いて立ち止まる。

「うん…デートとかしてたのかな…と」
「あぁ、まあそりゃあ…」
「じゃあ、してみよ?」
記憶がないとは思えないほど、以前と同じ仕草、表情で話す。
記憶がなくても、性格は変わるものではないのだろうか。
これが記憶が戻るキッカケになればと、馬村も賛成した。
「どこに行きたい?」

「うん…大輝と行ったことのあるとこ、全部連れてって」

数日に渡り、色々なところに足を運んだ。
クリスマスにツリーを見に行った場所、時間が遅かった為に入ることは出来なかったが、馬村の誕生日に行った寿司屋。
2人で休日に行った遊園地。
「風景は…なんか見たことあるような気がするんだけど…」
「俺…ここでおまえにキスしたわ」
覚えてないか、と寂しそうに笑う。

2人で行った場所、みんなで行った場所、あまり遠出はしていなかったこともあって数日ですべて周ることが出来た。
記憶がなくても、築地に行った時は目を輝かせていて同じ反応だなとクスリと笑う。

だが、馬村は水族館だけは連れていくことが出来なかった。

(もしまた、思い出して、あいつのことを好きになったら…)

そう考えるだけで、怖かった。
夏祭りの時のように、振り払われるのが怖くて、手も繋ぐことが出来ない。
耐えられずに、このあいだは、つい抱き締めてしまったが。

「あとは、俺んちと、おまえんちぐらいか…どうする?来るか?」
「うん、もちろん」
馬村は記憶がある分、部屋に2人というシチュエーションは避けたかった。
どうしても、部屋に入ると、キスしたことや、頬を赤く染めて縋り付いてくる腕や、荒くなった呼吸やあの時の声を思い出してしまうから。


「大輝の部屋広っ!」
「おまえ…始めてきた時も同じこと言ってたわ…」
「ねえ、写真ある?見せて」
「あぁ、その辺に入ってるから、適当に出して見て。俺お茶淹れてくるわ」
「うん、ありがとう」

馬村は、2人分の紅茶を淹れていれながら、あることを思い出して、沸騰したポットのお湯を溢しそうになった。

(やっべ、あの写真…っ)

慌てて2階の自室に戻ると、すずめが顔を赤くしているのが分かる。
馬村はどうか見ていませんようにと、すずめの見ているアルバムを確認するが、嫌な予感が当たった。
(やっぱり…っ)

(記憶が戻ったら、俺の部屋に来たことだけ忘れてますように…)

そんな都合のいいことを考えて。

「大輝…この写真…」
「いや、それは…」
「私…愛されてるなぁ…」

すずめは、まるで、自分のことではないように言った。


アルバムにきちんと入れられた数枚の写真には、全てすずめが写っていた。
綺麗な海をバッグに笑っているところ。
水族館みたいな場所で、魚を見ているところ。
体育祭で、1位の旗を持ってピースサインをしているところ。

1番下に貼られている写真は、馬村に後ろから抱き締められている風で、すずめも微笑みながら後ろに寄りかかっていた。
写真は全て幸せそうに写っている。
中でも、最後の写真が1番幸せそうだった。

他の自分の写真は、アルバムに綴じるのが面倒なのか、箱に入れられているだけなのに、すずめが写っている写真だけは綺麗に綴じられている。


「私…凄い幸せ者なんだね…。こんなに好きでいてくれる人がいて」
「…そうかもな」
「あーあ、早く記憶戻らないかな〜」

(そうしたら…大輝にあんな悲しそうな顔させなくてすむのに…)

最初は、何が何だかも分からなくて、記憶を早く取り戻したいとも別に思わなかった。
彼氏と言われても、家族と言われても、自分にとっては知らない人だったから。

でも、こんなにも思ってくれている人を悲しませたくない、今はただそう思う。
この気持ちが、何なのかはよく分からないけれど。

「ねえ、大輝…?」
「ん?」

「記憶のある私はあなたのことが大好きだったと思う。でも…」

馬村は、そこまで聞いて、背筋が凍るように寒くなる。
聞きたくなかった。耳を塞いでしまいたかった。

「でも、今の記憶のない私も、大輝のことが大好きみたい。まあ、恋愛とかよく分からないけどね」
記憶のない私は会ってまだ、1週間しか経ってない。
それでも、近くにいるとドキドキと音を立てる心臓。
馬村の優しさに触れるには十分な時間だった。

えへへと照れたように笑うと、驚いた顔の馬村に、身体ごと引き寄せられ強く抱き締められる。

「ごめんな…俺。ほんと、カッコ悪い」
「え…?なんで?」
「お前にどうしても言えなかった…あいつのこと」
「あいつ?」
「獅子尾…」
「先生?なんでここで先生が出てくるの?」
すずめは、馬村が何を言っているのか全く分からずに、ただ混乱する。


簡単に、自分と付き合うことになった経緯や、獅子尾との話をする。
「えっ!?先生と?それっていいの!?」
すずめは驚いて、馬村の顔を仰ぎ見る。

「よくないだろうけど、そうだったんだよ。んで、色々あって終わりにして、俺と付き合ったから」
馬村としても、すずめと獅子尾の間にあったことすべてを知っているわけではないから、かなり省いた言い方になってしまった。

「それって…私…サイテーじゃない?」
何故か、記憶のある自分に対して怒りがこみ上げてくる。
「そーいや、俺の告白の返事に上から目線でごめん、みたいなこと言ってたな」
「大輝も、よくそんなの受け入れたね…」
過去の自分が何故そう言わなければならなかったのか、見当もつかない。

「俺は、どんな形でも、お前が俺のことを真剣に考えてくれたことが嬉しかったから」
馬村は、コツンとおでことおでこををくっ付ける。
かなり近くにある顔に、また、すずめの心臓が音を立てて跳ねた。

自分のことなのに、どこか他人の話を聞いているようにしか思えなかった。
今の私は、過去の話を聞いても、気持ちが揺らぐことはない。
誰を大事にしなければならないのかも分かっている。

「そんなこと言われても…。獅子尾先生のことは、先生としか思えないよ…。本当に好きだったのかな…」
「泣いて田舎に帰るぐらいはな…」
嫌なことでも思い出したような顔で、ため息をついた。


「なあ、キスしてもいい?」
熱を帯びた目で見つめられ、どうしたらいいのか分からない。
「…っ、恥ずかしいよ!したことないし!」
すずめは顔を真っ赤にして、目をそらすが、額をくっ付けたまま、真剣な目で見つめられると、高鳴る鼓動を抑えることが出来なかった。
「ないわけないだろ。俺としてたっつーの。それ以上のこともな」
チュッと音を立てて、軽く唇を合わせるとすずめが慣れるまでそれを繰り返した。
「たぶん…身体は覚えてるよ…」
「んっ…」
頃合いを見て深く口付けると、角度を変え、何度もされているうちに、すずめは腰が抜けて立っていられなくなり、馬村の首に腕を回した。
「ふっ…はぁ…っ」
「ほら…覚えてる…。お前いつもそうすんだよ」
「知らない…っ、あっ…ん」
「感じやすいとこは…ココ…な」
「あっ…はぁ…ん」
すずめの耳の下から首すじにかけてを舌で何度も舐めると、身体がビクビクと震え、回した腕に力が入る。
「あと、ココも…弄られるの好きだよな」
「んんっ…あっ…気持ちいい…っ」
制服のブラウスの上から、胸の突起を弄られると、足の間が濡れてくるのが分かる。
「はぁ…あっ、だい、き…」

馬村は、すずめの太ももの隙間に自分の足を入れて軽く揺すると、すずめは腰をくねらせて敏感になったそこを、馬村の足に自ら擦り付ける。
クチックチッといやらしい音を立てて、馬村のズボンを濡らしていく。
「んっ、あぁ…っ、なんか変になっちゃう…っ、止まんない…っよ」
「記憶なくても、エロいな…やっぱり」
まるで1人Hのように夢中で腰を揺すり、馬村の足に秘部を擦り付けるすずめの妖艶な姿に生唾を飲み込むと、自身の足を引き抜き、指をズチュッと入れた。
「あぁ…ん、なに、はぁ…っ、凄い」
グチュグチュと中を掻き回すように、激しく指を動かす。
「んっ…んっ…いいっ…」
「イカせてやるよ…」
足はガクガクと震え、首に必死に縋り付く。
「あぁっ!」
指を増やし激しく奥を突くと、すずめは簡単に絶頂に達した。
その瞬間、ズルッと腕の力が抜けて、後ろに倒れこむ。
「おいっ!」

ゴツンッ

鈍い音が部屋に響く。
まさか、首に回した腕を離すとは思わなかったため、助けるのが遅れた。
「大丈夫か!?」
すずめは本棚に頭を強打し、しばらく身動きが取れなかった。
「う〜、イタタ…。うん…?あれ…?」
「また、記憶喪失になってたり…しないよな?」
「馬村…?あ、あれ?何で?私…」

(馬村…ってまさか…)

「思い出した…のか?」
「うん…思い出した…。何で、忘れてたんだろう…」
馬村は、はぁーと深いため息をつくと、安心したようにすずめを抱きしめた。
「おまえは…ったくもう…」
すすめも当たり前のように、馬村の背中に腕を回した。


「馬村…ごめんね。不安にさせてたでしょ?」
「覚えてんのか?」
それまでの記憶も全て残っている。
「うん…」
また、先生との間でフラフラするんじゃないかと思っていたのだろう。
馬村が、2人でデートした場所の水族館に連れて行かなかった理由も分かる。


「でも、やっぱり…馬村のこと好きになってたね」
「そうだな…良かった」
「きっと、何回忘れても…、また好きになるのは馬村のことだよ…」
すずめは、愛しい恋人の肩口に顔を埋め、首にキスをした。

「でも、もうコリゴリだよ…」
「俺もだよ…」

「あ、大輝…だったね」

「続き…する?」
すずめが聞くと、2人は視線を合わせ笑いながら、いつものようにキスをした。



fin

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter