現在の閲覧者数:
FC2ブログ

恋のから騒ぎ 床ドン編

ひるなかの流星【恋のから騒ぎ 床ドン編】
続きではありません。短編集とでも思ってください。
馬村×すずめ 高校2年生冬。
床ドンを書きたくて(笑)



恋人同士になって、初めてのクリスマス。
もっと甘ったるく過ごすのかとドキドキしていたすずめだったが、残念ながら今年もみんなでクリスマスパーティになってしまった。
それはそれで楽しいので、特に不満はないのだが。

去年と違うのは、ゆゆかが来られたことと、馬村が彼氏になったこと、犬飼くんとツルちゃんが付き合ったこと。

(みんな、色々変わっていくんだな…)

「ゆゆかちゃん、今日は土牛先輩と会わないの?」
すずめが聞くと、ゆゆかはこのあと会いに行くに決まってるでしょ?と言った。

(今日めちゃくちゃオシャレしてるもんな〜)

すずめも、クリスマスぐらいはと気合を入れて、ゆゆかに選んでもらった服を身に付けた。
胸元が大きく開いた、手が隠れるぐらいの大きめのセーターに、プリーツスカートを履いていた。
もちろん髪の毛はゆゆか作でアップにしてもらった。

(これ、中のキャミも微妙に胸が見えそうなんだよね…あんまり屈んだりしないようにしよ)

「で、あんたはこのあとどうすんの?」
「え…どうすんのって帰るんじゃないの?」
「はあ!?何言ってんの?8時に解散する理由は、みんなそれぞれ2人きりになりたい人がいるからでしょうが!あんたもちゃんと誘いなさいよ!いつも馬村くんにばっかり誘わせてんじゃないわよ」
「は、はい…」
ゆゆかはまったくもう手がかかると、ブツブツ言いながら亀吉たちのところへ行ってしまう。

すずめは、馬村を見るが犬飼と話をしていて、割り込んで入っていくことは出来なかった。
すずめだって、2人きりで一緒にいたいという気持ちはあるが、それをどう表現していいのかまだ分からずに、よくゆゆかに怒られてしまう。

結局、解散の時間になっても話しかけることが出来ずに、部屋の片付けと帰りの支度をする。
自宅を開放してくれた亀吉に礼を言って、外に出ると、後ろからポンと肩を叩かれた。

「送ってく…」
「馬村…」
結局馬村から誘わせてしまったと、肩を落とした。

犬飼はもちろん鶴谷を送っていくようで、ゆゆかは嫌々猿丸に送ってもらうらしい。

「じゃあね〜みんなバイバ〜イ!」
亀吉が家の中から手を振り、すずめもバイバイと手を振り返す。


「ね、去年見たクリスマスツリー見に行く?」
2人で歩きながら、気を取り直してすずめが思い付いて提案すると、すでに調べてあったのか馬村に却下される。

「あそこ今工事してるらしいぞ」

「えぇぇ…残念…じゃあさ…」
立ち止まって、馬村を見上げる。

「寒いし、うち…来る?おじさんいるけど、怒られる時間じゃないし…」
「おまえがいいんなら行くよ」



「ただいま〜!おじさーん、馬村連れてきたよ〜」
「おかえり。いらっしゃい、馬村くん久しぶり」
予告なしの訪問に驚くが、諭吉は礼儀正しく挨拶をする馬村のことを割りと気に入っていた。

「こんばんは。お邪魔します」
馬村は軽く頭を下げ、靴を揃えてあがる。

「何か食べる?持っていこうか?」
諭吉が部屋へ行く口実を何か作ろうと聞くが、分かっているのかいないのか、すずめに断られる。
「いっぱい食べたからいらな〜い。お茶は自分で持って行くからいいよ。馬村、先に部屋行ってて」
「ああ」
すずめは、温かいお茶の準備をしながら、もう少しだけ一緒にいられることを嬉しく思った。

すずめがお茶を持って部屋に行くと、諭吉に開けておきなさいと言われたドアをパタンと閉めてしまう。
いつもの癖で、もちろん意図的ではないから、諭吉も何も言えない。

「お待たせ〜」
「ああ、悪いな…」

「馬村、お腹いっぱい…だよね?なんか、おじさんがちょっとしたもの作るとか、なんとかって言ってるんだけど…」

馬村は、まあ部屋に行く口実をだろうなとすぐに勘づくが、すずめはお腹いっぱいだって言ってるのにさ、と文句を言っていた。
「別にいいよ。食えなくないし。おまえのおじさんの料理美味いし」

すずめは馬村の隣に腰を下ろすと、急に緊張して、何を話せばいいのか分からなくなってしまった。

何秒間かの沈黙が続くと、
「今日…誘ってくれて嬉しかった」
頬を赤く染めて、ボソリと馬村が言った。
「わ、私も…もうちょっと、一緒にいたかった…から」
そう言ったすずめの頬も真っ赤に染まり、緊張のあまり肩と肩が触れ合っただけで、ビクリと身体を仰け反らせてしまう。

「わっ…」

「ちょっ…大丈夫か…って、うわっ」

そのままバランスを崩したすずめは、後ろに倒れ込むが、助けようとした馬村のシャツを力一杯掴んでしまい、一緒に倒れ込む形になってしまった。

「痛い〜!馬村ごめ…ん…」
「大丈夫か…?」
すずめが床に寝転がるように倒れると、すぐ近くに馬村の顔があり驚くが、気が付けばすずめに馬乗りになっている馬村はもっと驚いて、慌てて離れようとする。

「悪い…」

すずめは離すまいと大輝の腕を掴み言った。

「ちょっと…だけ…」
「えっ?」
「触ってもいい?」

手を伸ばし、馬村の髪に触れると思っていた通り柔らかくフワフワで、気持ち良くてずっと触っていたくなる。

「ふふっ〜、フワフワ」

何度も両手で髪を梳くと、馬村がすずめの唇を塞ぐ。
「…っ」
いつのまにか、髪の毛を触っていた手は背中に回り、すずめも自身の行動に驚きながらもそれを受け入れた。
「ん…っ、ん…」

ちょうど馬村がチュッと音を立てて唇を離すと、ノックと同時にドアが開いて、額に怒りマークをつけた諭吉が部屋に入ってきた。

「はいはい。君たちどうして寝転がっているのかな…起きようね」

「お、おじさん…これは、ちょっとバランスを崩して…」
すずめが言い訳するように、慌てて起き上がった。

「そんな少女マンガみたいなこと起きるわけないでしょ?馬村くん、君今日はもう帰りなさい…んで、すずめはお説教」

「本当だってば!ねえ、馬村!」

「まあ、本当だけど…。ほどほどにしてやってください。こいつ悪くないんで…お邪魔しました」

馬村はすずめにまたなと言って、部屋を出た。

(マジ、生きた心地しねーわ…)

すずめとの、距離を縮めるのは前途多難だなと馬村は歩きながら考えた。



「すずめ…俺は、馬村くんのこと信用してるけど、女の子なんだから、色々気を付けなさいよ」

馬村が帰ると、ため息をつきながら諭吉は諭すが、せっかくもう少し一緒にいられると嬉しく思っていたのに、諭吉に邪魔をされ、すずめの機嫌はすこぶる悪い。

「何を気を付けるの?」

「な、何をって…だから、ほら、色々と」

逆に聞かれ、諭吉は思わず口籠った。

「色々ってなに?どこまで気を付ければいいの?」

口を尖らせ拗ねたように質問攻めにしてくるすずめに、諭吉が白旗を上げた。

「もういいから。分かったから、部屋行きなさい!」

すずめは諭吉に見えないように、ペロッと舌を出すと、馬村の触れた唇をそっと撫でた。


fin

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト

恋のから騒ぎ

ひるなかの流星【恋のから騒ぎ】
大輝×すずめ 19歳。
最近馬村の扱いがただの変態S男子になっていたので、モテモテ馬村くん&ラブラブすずめちゃんを書きたかったんです。




大輝と待ち合わせしているいつものカフェに、珍しく時間通りに着くと、目当ての長身の男は数人の女の子に囲まれていた。
すずめは、それほど珍しくない光景に、ポケットから携帯を取り出すと、電話をかけた。

「おまえ…今どこ…?」
ウンザリしたような低い声に、フッとすずめは笑いが込み上げる。
「ほとんど目の前。囲まれてるから見えないかもだけど?」
「今行く」
携帯を通話状態にしながら、女の子たちを素通りし、すずめを見つけると通話をオフにした。

「おまえな…見てたんなら声掛けろよ…」
すずめの隣を歩きながら、疲れたように肩を落とす大輝は、身長180近くの長身で足は長く、ワイルドさはあまりないが、男らしい綺麗な顔付きをしている。

「ああいう場合は、声掛けると逆効果かな〜と思ってさ」
「ふーん」
納得いかないような顔ですずめを見て言った。
「おまえって…ヤキモチとか妬かねえの?」
すずめは笑ってその質問をかわすと、行こうと大輝の手を取った。


高校を卒業してから1年あまり、いつの間にか、男の子から大人の男性へと変わってきたその姿に見惚れることも度々あるし、すずめもたまにはヤキモチを妬くことはある。
ナンパされてる程度では嫉妬することはないが。



ウィンドウショッピングをしながら、街を歩いていると、反対側からよく知った顔の友人が歩いてくるのが見える。

「あ〜ツルちゃん!…と、犬飼くん!」
「すずめちゃんだ〜!偶然!ってか、この辺で遊ぶとこなんてここしかないもんね〜そりゃ会うこともあるか!」
「田舎者の私から見れば、この辺でもめちゃくちゃ都会だけどね…」
彼女とのデート中に会うというのは、男にとっては出来れば避けたいところだが、女にとってはどうやら嬉しいものらしい。

大輝と犬飼が口を挟む隙もなく、4人でランチをすることになった。
入った店は、ハワイに本店があるパンケーキが人気の店で、日本では初出店らしくまだランチには早い時間なのに非常に混み合っていた。
それでも、15分程度で席に案内される。
メニューを見て、男たちは唖然とする。
パンケーキより高く、ソフトクリームのように乗っている生クリーム。
その高さは20センチにもなりそうだ。
バナナとチョコソースがたっぷりのかかったパンケーキの上に、同じように生クリームが乗っているものもある。
その割には、ロコモコ丼やエッグベネディクトは大きい皿の割には量が少ない。
それでもなるべくお腹に溜まりそうなオムライスを注文した。

女たちは、モーニングプレートに先ほどのパンケーキを食べるらしい。

注文を済ませ飲み物が運ばれてくると、鶴谷が口火を切った。

「ねぇねぇ、すずめちゃん。馬村から中学の集まりの話聞いた?」
鶴谷が、ふふっと笑いながらチラリと馬村を見る。
「へっ?なに?聞いてないよ?」
大輝が、犬飼をジロリと睨む。
犬飼は手を合わせてごめんというポーズを取るが、本当には悪いと思っていないようだった。
大輝としても、すずめにばれたとしても何ら困ることはないが、犬飼の彼女伝で自分の目の前で言われるのは気恥ずかしい。
「馬村ね〜、同級生から告られたんだって。もちろんちゃんと、彼女がいるって断ったみたいだけど」
「うん…」
特に珍しい話でもなく、すずめは鶴谷が何が言いたいのか分からずに適当に相槌を打つ。
「そしたらね、猿丸が携帯に入ってたすずめちゃんの写真をみんなに見せたらしいのよ」
「ええっ!?やだ、恥ずかしいんだけど…」
何の写真見せたんだろうと、グルグル考えていると、嬉しそうに鶴谷が続けた。
「馬村ね、なんでおまえがすずめの写メ持ってんだよ!ってみんなの前でキレたらしいよ〜」
鶴谷の一言に飲んでいたジュースを吹き出しそうになる。

女はどうして人の恋愛話が好きなのだろうかと、大輝は深くため息をついた。
人の彼女の写真を勝手に撮られて、怒って何が悪い。

すずめは嬉しいような恥ずかしいような気持ちで横目で大輝を見ると、当の本人は聞いていないフリをして、別のところを見ていた。

その日1日すずめの機嫌が良かったのは言うまでもない。


後日、またいつものカフェで大輝と待ち合わせをしていて、すずめは別に用事があったために、早く家を出て用事を済ませると、待ち合わせにはまだ大分早い時間だった。
たまには先に着いて驚かせようと、オープンテラスに座り、飲み物を注文し1人携帯を見ている時だった。

「すずめちゃん!?久しぶり〜!」
声を掛けてきたのは、すずめの地元の友達で、何故ここにいるのかとすずめがパニックになっていると、察した友人たちが口々に言う。
「連絡したじゃん!私、大学こっちになったよって、亜美はこっちで就職したから今度遊ぼうねって」
「そうだよ〜やっぱりすずめちゃんからは、連絡なかったけどね」
久しぶりの友人たちは悪びれなく言う。

「そうだった!亜美ちゃん、唯ちゃん久しぶり〜!何してたの?買い物?」
返事を返さなきゃと思っていて、すっかり忘れていた。
それでも、久しぶりの友人たちの再会は嬉しいものだった。

「うん。亜美は仕事忙しいみたいで、こっち来たって言ってもそんなに遊べるわけじゃないからさ〜。たまにはね。すずめちゃんは?1人で何してるの?」

待ち合わせと言いかけるが、ポンポンと代わる話題にすずめのテンポが付いていかない。

「なんかすずめちゃん綺麗になったね。これで、ぼうっとしたとこなくせば、すぐ彼氏でも出来そうなのに!」
そうだね〜と顔を見合わせて笑う友人たちに、彼氏と待ち合わせですとは言えなくなってしまった。

「あ、すずめちゃん!うちの大学の男の子とさ、飲み会しない!?可愛い子呼んでって言われてたんだ!」

すずめが断ろうとするが、唯がはしゃぎながら早速連絡してみるねと携帯を取り出すと、突然すずめの腰に手が回り今1番現れて欲しくなかった恋人が低い声で呟く。

「へぇ、おまえ新しい彼氏作んの?」

「だ…大輝…っ」

突然、長身美形の男に割り入ってこられ、亜美と唯は顔を赤くして、興奮状態になる。

「ちょ、ちょっと!すずめちゃんっ誰!?」

「え…っと…か、彼氏…です…」

やっと言えたと、すずめはホッと肩をなでおろすが、すずめの言葉に大輝は口の端を上げ嬉しそうに笑っていた。
あまりの格好良さに、思わず顔を真っ赤にし見惚れる友人たち。

「よく出来ました。ってことで、男の紹介とかいらねえから」
大輝はすずめの手を取って、チュッと手の甲に口付ける。

「は、はい…」

2人のラブラブな様子に、友人たちはお幸せにと見送りすずめたちはカフェを後にする。


「なあ、なんかおまえ機嫌悪くない?」
「別に悪くない…」
眉間に皺を寄せてプイと横を向く。
腕を引っ張られ、大輝の腕の中に倒れこむ。
「な…に…っ」
「言わないと…ここでキスするけど?」
悪戯っぽい笑みを浮かべて、人通りの多い歩道の真ん中で抱き締められる。

「だって…」
「だって?」

「笑うから…」
「え…?」

「大輝の笑った顔、他の女の子に見られたくなかったなって思っただけ!…もういいでしょ…離してよ」

大輝は一瞬驚いたような顔をするが、次の瞬間嬉しそうに、頬を真っ赤に染めて言うすずめの唇にキスを落とした。
「……っ」

「やっぱり…行き先変更な…」
低い声で、誘うように背中の弱いところを指でさすられ、すずめの身体はビクリと震えた。
自分の身体のどこかに、スイッチでも付いているんじゃないかと疑いたくなるほど官能に従順で、このままではおかしくなってしまいそうだった。


「いい?」
耳元で囁かれ、コクリと頷くすずめの瞳は誘うように赤く潤んでいた。


fin


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter