現在の閲覧者数:
FC2ブログ

優しいキスをして

久しぶりのひるなかの流星です!短編です。
大輝×すずめ。最近花より男子ばっかり書いてたから、すずめがつくしになってたりしたらごめんなさい(笑)
13巻発売記念に(^-^)

***

【優しいキスをして】



ピピピピ…

大輝が自室で勉強していると、珍しくすずめからの着信が入った。

高校を卒業し、同じ大学の別の学部に進学した2人は、時間が合えば帰り待ち合わせをして帰ることも多く、高校時代とはそう変わらない付き合いが続いている。
それでも、夏休みの今は課題に追われていて、週に一度くらいしか会えていない。

猪突猛進タイプのすずめは、会いたいと思えば電話もせずに会いに来るから、約束が意味をなさない場合が多い。
元々、外出が好きというわけではない大輝だったが、用事がない日にほとんど家にいるのは、すずめのためと言ってもよかった。

そんな珍しいすずめからの電話に驚くのと同時に、もちろん嬉しさもあって、すぐに出ようとするが、1コールで電話は切れてしまう。

なんだ…?

そして、待つこと1分。
再度着信、もしくはメールがあると思っていた大輝は肩すかしを食らう。

何だったんだ?

すずめからの電話が気になってしまい、勉強が手につかなくなってしまった。
はぁとため息を吐くと、荷物をまとめ出掛ける準備をする。

たまには、俺が会いに行ったっていいよな。


***


「こらっ!大和〜何してんの!?」
「べーつに。ちょっと見てただけだよ!」
「ほら、返して!」

諭吉のマンションで、携帯の取り合いをしているのは、すずめと名を大和と言う、すずめの従兄弟にあたる親戚だった。
どうやら、親には禁止されているスマホゲームをすずめの携帯でやろうとしたらしい。

家庭の事情があり、今日、諭吉が預かることになった小学2年生の大和だが、諭吉も仕事を休むわけにはいかずに、すずめが面倒をみることになった。
すずめにとっては、気の置けない相手であることから、迷惑よりも、たまにしか会えない大和と遊ぶのは嬉しいことだ。

2人で、人生ゲームをして盛り上がっていると、玄関のチャイムが来客を告げる。

「あれ、誰だろ?おじさん…じゃないよね。大和、ちょっと待っててね」
「うん。早く戻ってこいよ」

玄関のドアを開けると、顔を赤くした大輝が外に立っていた。

「大輝!?どうしたの?顔赤いし…」
「炎天下の中走りもすれば、赤くなるだろ…。あっちい。てか、どうしたのって、おまえ、さっき俺に電話しただろ?」
「えっ?ああっ!あれ?大輝に掛けちゃったんだ!?ごめん!ちょっと今ゴタゴタしてるんだけど、良かったら上がって?」

「ゴタゴタ?」

すずめの言葉を受けて、大輝の頭にたくさんの疑問符がわくと、甲高い子どもの声が大輝の言葉を消した。

「すっずっめえっ!!」
「!?」
「あ、ごめん。電話の犯人はコイツ。大和っていう父方の従兄弟なんだ…。ちょっと事情があって、夜までおじさんちで預かることになってて」
「ふーん」

大和と紹介された少年を見ると、親戚ということもあって、目のあたりや真っ黒の髪質はすずめによく似ていた。

「なんだよ、すずめの彼氏?よろしくな」
「ああ、よろしく」

話し方が大人びて、背は割と高いが、顔つきは幼く見える。
意外ではあるが、大輝は弟がいることもあり、子どもはそんなに苦手ではない。

ただ、子どもだからと言って媚びを売ったような態度は出来ないが。

大輝がすずめの部屋に行くと、そわそわと大輝を伺うような大和に、ふと大地の同じ頃を思い出す。
それは、大輝にとっても嬉しくはない記憶で、今でも胸が詰まるように感じた。

早くゲームがしたかったのか、大和はすずめが来るまでは暇な様子で、近くにあったすずめの携帯を勝手に操作した。

着信は、これのせいか…。

「こら、人の物勝手にいじるなよ」
「む〜いいじゃん!ゲームしたい」
「だったら、すずめにちゃんと聞いてからにしろよ?」
「分かったよ…」

手に取った携帯を机の上に戻すと、手持ちぶたさだったのか、それとも誰かに聞いて欲しかったのかは分からないが、大和はポツポツと話し始めた。

「だいき…俺、お父さんいないんだ…」

突然の話ではあったが、何となくではあるが予想していた通りだった。

「そうか…寂しいか?」
「ううん。お母さんがいるもん」

「俺には母親がいない。けど、やっぱ、寂しくはないな…。おまえと一緒だな」

大輝の言葉に、一瞬驚いたように目を丸くするが、大和は顔をクシャクシャにて笑った。





両親が離婚した直後、大地は心に問題を抱えた。

まず、1人で夜眠れなくなった。
夜中に何度も起きるようになった。

そして笑わなくなった。

父は仕事をしながら、3兄弟の面倒を見たが、家事と仕事の両立に必死で、大地の心の問題にまでは気が回らなかったのだろうと、今になってみれば分かる。

だが、両親の離婚による、子どもの心のケアは非常に重要だ。
中学生だった大輝にも、そのことは心に穴が開くような出来事だったが、弟を守らなくてはならないという大義名分のおかげで、兄と自分は立ち直れたぐらいなのだから。

なぜ、そんなことを今更思い出したのだろうと、目の前で笑う大和を見る。

あぁ、そうか。
似ているんだ。
大地に。

母親に捨てられたという事実を受け止められなくて、必死に愛情を求めていた。
悪戯をしながら、どこまでなら許してくれるかを試している、伺うような目。

事情を少し聞いたぐらいでは、大和の気持ちは分からないが。
この小さな体でも、色々と思い悩むことがあるのだろうと思う。




何度も何度も人生ゲームをやり直し、やっと大和が勝ったところで終わった。
大輝のことが好きになったらしい大和は、夕食前に絶対にまた遊んでと大輝の腕をギュッと掴んだ。

そして、諭吉も仕事から帰り、大輝と大和と共に夕食を囲っていると、玄関のチャイムが鳴った。

「あっ!お母さんかも!?」

よほど、嬉しかったのか、食事中にも関わらず玄関に走る大和に、諭吉も立ち上がり玄関に向かう。

「大和〜!遅くなってごめんね!すずめちゃんの言うことよく聞いてお利口にしてた?」

母親はドアを開けるなり、大和の頬を包み込むと目と目を合わせ、じっと見つめた。

「うん。お母さん…急患の人大丈夫だった?」
「大丈夫よ。お母さん腕利きのお医者さんだもん!」

どうやらシングルマザーで、医師として働いているらしいが急患が入り、日曜日の今日はどうしても預け先がなかったらしい。

「熊本さんも、ありがとうございました」
「いえいえ、俺は何もしてませんから」

普段から忙しい母親を見ているからだろう。
大和は母親の前では、途端に大人しくいい子を演じていた。

「すずめ、大輝またね」

そして、靴を履いて出て行こうとする大和に、大輝が母親に聞こえないように耳打ちする。

「おまえさ…母親にもっと我儘言えよ?我慢すんな。まだ子どもなんだから」

大輝は、優しく頭をポンポンとする。

隣で見送っていたすずめは、恥ずかしそうな大和をギュッと抱き締めると、おでこにキスをした。

「大和、大好きだよ。また遊びに来てね」

誰かが、自分のことを大事に思ってくれている。
そう思うだけで、人は強くなれる。
それを知ってか知らずか、すずめは大和が大事だと伝える。

そう、大地が心に傷を負った時、兄は大地を抱き締めて言ったのだ。
大地のことが、大事だと、大好きだと。
母親がいなくなった日を境に、笑いもせず、泣きもせずだった大地が、その時初めて兄の胸で咽び泣いた。





食事も終わり、すずめの自室に戻ると、大和がいなくなった部屋は、いつもどおりであるはずなのに、シンと静まり返っている気がした。

「男にキスすんなよ」

隣に座った大輝にボソリと言われ、すずめはカァァッと頬を赤く染めた。

「男って…小学生だけど…」
「ダメ。しかも、大和ばっかり構いやがって」
「大輝…。なんか、子どもみたい…」
「子どもはこんなことしないだろ?」

大輝は、すずめの額から頬にキスを落とす。
そして、上唇を舌でなぞるように、唇を合わせた。

「んっ……ぁ」

チュッチュッと角度を変えて、深く口付けていくと、すずめが体重を預けるように大輝にもたれかかる。

「はぁ…ん」

唇を離すと、互いの口から唾液が糸を引く。

名残惜しそうに潤んだ瞳で大輝を見るすずめに、これ以上側にいるとマズイことになると、身体を離した。

すると、すずめから縋り付くように、大輝の首に腕を回して口付けられる。
すずめの積極的な態度に驚くが、それに応えるように、口腔内を愛撫していった。

こんな日があってもいいかもしれない。

諭吉に知られれば、確実に出禁ではあるが。
大輝は、すずめの腰を強く抱きしめると、彼女の香りに、口付けに、愛しさが溢れ出す。

好きだと、愛していると思って結婚しても、別れが来ることがある。
それを知っているから、願わずにはいられない。

すずめとの出会いが運命でありますように。
こんなにも自分にとって大事な人が、運命の人でありますように。
明日も明後日も、離れることなくずっと側にいられますように。

いつもどおりの、優しいキスをして。


fin


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter