現在の閲覧者数:
FC2ブログ

川澄君の妄想


いつもの水曜日、川澄とすいれんは肩を並べて歩いていた。
特に会話もないが、手を繋いで歩くことは2人にとって幸せな時間である。
(もう…家か…)
川澄は一抹の寂しさを覚え、ふっとため息をつく。
すいれんのことを知れば知るほどに、愛しさが増していき、水曜日のこの時間…一緒に帰る時間が、川澄にとってはとても早く感じる。しかしそれはすいれんにとっても同じだということを気づいてはいない。
(前は頭の中の半分以上は空手のことだったけど…今は…)
『…じゃあまた』
『送ってくれて…ありがとう…』
すいれんを家まで送り、今日は良祐が家に来ると言っていた為、川澄も急いで自宅へと戻った。
『おぅ、おかえり~』
『…おぉ』
自室にはすでに良祐が居て、暇潰しに漫画を読んでいた。川澄が帰ると漫画を閉じて、本棚にしまう。
『なぁ…川澄ぃ…聞いていい?』
『…ダメだつっても聞くだろが…』
良祐は煮え切らない様子で、モジモジしてみたり、赤くなってみたりで、聞いていいかと言ったわりには話すのを躊躇っているようにも見える。
『なんだよ?』
『えっ…うーん…あのさぁ…』
『俺腹へったんだけど…下行っていい?』
『ちょ、ちょ、ちょ、待てって!!』
すぐにでも部屋を出ていきそうな川澄を必死に引き留めると、良祐はようやく話す決意をした。
『おまえってさ…童貞…だよな?』
『はぁ!?』
思ってもみなかった話題に、川澄も動きが止まる。
『いや…だから…高嶺ちゃんと、そういうこと…してない…よな?』
こういった話が一番苦手な川澄だったが、良祐に言われたことですいれんとのそういう行為を想像してしまい、真っ赤になる。
『…そういう…ことって…おまえ、何の話だよ!?』
『俺さ…みなちゃんが出てくるんだよ…』
『もう意味不明だぞ…おまえ』
話の展開に全く付いていけないため、取り合えず良祐が全て話終わるのを待つことにする。
『1人でしてるとき…みなちゃんの裸…想像するんだよ!!』
意を決した良祐は、川澄の方を見ずにそれだけ言うと頭を抱えて座り込んでしまう。
『もう…次の日とか会うと、罪悪感でさ…顔見れないんだよ。これって、普通のことなのか!?なぁ、川澄も高嶺ちゃんの裸想像する!?』
『…っ…んなもん知るかっ!!』
真っ赤になりながらそれだけ言うと、部屋を出てドタドタと階段を降りていってしまう。
『かわすみぃぃぃ…』
1人残された良祐は、相談相手に逃げられて座り込んだまま川澄の出ていったドアを見つめる。

寝る前に少しの時間勉強をしていると、川澄はふとすいれんのことを思い出し、子機を手に取りもう既に覚えてしまったダイアルを押していく。同時に良祐に言われたことも思い出したが、それは無理矢理打ち消した。
『もしもし…』
『あ…俺…』
喋り下手な川澄が、電話で長話をすることはあり得ないし、すいれんもぺらぺらと喋る訳ではない。しかし、川澄が話すこともないのに電話をかけてしまうのは、ただ声が聞きたいだけなのかもしれない。
『今、何してた?』
『…べ…んきょう…』
『俺も…勉強してた。もう寝る?』
『うん…』
『そっか…おやすみ。また明日な』
『おやすみなさい』
すいれんに、川澄君の声がホッとすると言われたことがあるが、それは自分の方かもしれないと川澄は思う。
今の電話のように、ただおやすみという声を聞くだけで、川澄の心に何かを落としている。
すいれんの声がまだ耳に残っている。
川澄は幸せな気持ちで眠りに着いた。

薄暗い部屋の中、裸で絡みあう2人の姿がある。
荒い息づかいと衣擦れの音が静まり返った部屋に響く。
(気持ち…いいな…なんだこれ…)
川澄は横になっている状態で、すいれんを後ろから抱き締め柔らかい胸をもむ。
『…っ、う…んっ』
どうしてこんな状況なのか、いつ部屋に来たのか、色々考えることはあったはずなのに、目の前の行為に考える力を全て奪われた。
熱くなった自身をちょうど後ろから当たるソコに擦り付けながら、胸の突起を弄ると、すいれんの身体はビクビクと震えた。
『あっ…はぁ…』
何度も擦っていると、どちらの体液か分からないほどに濡れて、擦り付けたところからクチュクチュと湿った音がしてくる。
すいれんの顔を見たかったが、何故か身体が動いてくれない。
『あっ…か…わすみ…くんっ…』
もう訳も分からずに、無我夢中で身体を触り腰を打ち付けた。
(も…やべ…っ)
一層大きく腰を動かし、すいれんの足の間に欲望を放つと、川澄はまた深い眠りに落ちていった。

川澄は下半身に不快なものを感じて目を覚ますと、まだ室内は真っ暗だった。もちろんすいれんの姿もない。
(…っ!!俺…何やってんだ…)
下半身の不快な原因は自身の体液で、すいれんとのあれこれはもちろん夢で…川澄はガックリと肩を落としてベッドに座り込んだ。
『俺…りょーすけよりヤバイかも…』

Fin

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト
プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter