現在の閲覧者数:
FC2ブログ

オリジナル情報

みなさまこんばんは。

発売二週間前から情報を公開してもいいということで、26日付けでオリジナルのFCブログに電子書籍情報載せております。
ほんと、出来立てホヤホヤでして、今日表紙データが送られてきたばかり…価格もまだ決まっていないという(笑)
イラストレーターの方が表紙を綺麗に仕上げてくださってます!
男のイメージ、西門総二郎って書いてますから、美しい黒髪の男ですよ…。

先日、私超文章上手いじゃん!って思えるような自信が欲しいと、某有名サイトさんの書き手さんとツイッターで話をしていました。
人のお話を読んでは自信をなくす日々、買ってください、読んでくださいとは言えません…(^^;;
ただ、これからも応援していただけると嬉しいです。


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

お兄ちゃんは心配性(お兄ちゃんシリーズ4)

お兄ちゃんは心配性
お兄ちゃんシリーズ第四弾♬

毎日、朝起きてご飯を食べて大学に行く。
それなりに充実している毎日だが、今まで母親と二人で暮らしていた頃にはなかった、自由な時間がつくしを戸惑わせた。
朝から夜遅くまで看護師の仕事をしている母に代わって、家事全般をこなしていたのはつくしだった。
花沢家の娘になったことでつくしの生活はガラリと変わり、今まで勉強をする時間すらなかなか取ることが出来なかったのに、今では朝早く起きて朝食の支度をする必要もなく、言ってしまえば目覚ましをかける必要すらないのだ。
それでも自然に朝早く目が覚めてしまうのは何年もそうしてきた習慣で、持て余した時間を勉強に使っても時間が余ってしまうほどだ。
一日中勉強をするほど勉強が好きなわけではないが努力することは嫌いではない、だが花沢の仕事を手伝うには至らな過ぎる自分は、一体何が出来るだろうと考えていた。
進路決めるにはまだ早いのかもしれないし、つくしに甘い父にも、好きなことをすればいいと言われている。
自分の好きなことってなんだろう…そう考え出すと、頭が真っ白になってしまう。

「じゃあ、アルバイトでもしてみるってのはどう?つくし、誰とでも分け隔てなく話せるし、接客とか向いてると思うんだよね。ちょうど私がバイトしてるファミレスでバイトが一人辞めちゃって今欠員が出てるの。面接受けてみたら?」

中学からの親友である優紀に電話で相談すると、アルバイトをしてみないかと持ちかけられて、つくしはその案に飛びついた。
母の収入がそこそこあったことと、自由な時間が殆どなかったことで、つくしは今までアルバイトをしたことがなかった。
時間のなさを言い訳に趣味という趣味も特になかったから、まずは向いてそうなところから始めてみればいいと言う優紀の話はもっともだと思った。

優紀からアルバイトをしてみたらどうかと持ちかけられた時点で、両親には承諾を取っていた。
父は心配そうではあったが、社会勉強にもなるし無理しない程度にという条件付きでアルバイトをしてもいいことになった。
面接に行きその場で採用が決まり、早速明日からアルバイトに行くことになっていた。

食事が終わり母はリビングのソファーに、つくしはダイニングチェアーに座り食後の紅茶を飲みながら、そういえばアルバイトを紹介してくれた優紀にその報告をしていなかったと思い立ち電話をかけた。



類が仕事から帰って来ると、玄関にいてもつくしの高い声と楽しそうな笑い声が聞こえて来る。
それはいつもと同じ日常で、最近では仕事で遅くならない限り夕食を一緒に摂ることも珍しくはなかった。
今日は夜九時を過ぎているし、仕事先で食事を済ませるからと言ってあったが、つくしはリビングで類の帰りを待っていてくれているのだろうと、軽い足取りでリビングへ向かう。
お帰りなさいませと声をかけてくる使用人に、珍しくただいまと声をかけリビングのドアに手をかけると、中からつくしの声だけが聞こえて来た。
電話でもしているのかと、そっとドアを開けつくしの座るダイニングチェアーに近付いて行くと、やはり電話中であったつくしの口からとんでもないことが告げられた。

「あ、あたし!あのね優紀、アルバイトのことなんだけど、採用だって!明日から行くことになったから、よろしくね!」
「アルバイトって何?」

まさか類が後ろに立っているとは思いも寄らなかったのだろう。
つくしの肩がビクリと揺れ、電話を耳に当てながら振り返った。

「あ、類…お帰りなさい」

電話の相手が何かを話しているようだが、類の耳には届かない。
つくしの声にテレビを見ていた母、千恵子も類の帰宅に気が付きお帰りなさいと和かに声をかけた。

「ただいま。千恵子さん、つくしバイトするの?」
「ええ、やりたいことを見つけたいんですって。お父さんも心配はしてたけど、社会勉強になるだろうって…」
「ふうん…」

つくしが電話を切ったことを確認すると、類は自室へ戻る前につくしの耳元で囁く。

「あとでね」

息がかかるような耳の近くで千恵子には聞こえない程の小さな声で話すと、つくしがコクリと頷いた。


十分もしない内に、類の部屋をノックする音が聞こえる。
はいと返事をすれば、おどおどとした表情でひょっこりと顔を覗かせるつくしの姿がそこにあった。

「類…入ってもいい?」
「ん…いいよ。おいで」

一応、つくしとは付き合っている恋人同士…のはずである。
互いの気持ちは確認しあったし、まだつくしの初めてを奪ったわけではないけれど、それなりに愛情を確かめ合う行為はした。
だから、口を出す権利はあると類は思う。
どうして急にアルバイトをすることになったのか、どうしてアルバイトをする前に何も話してくれなかったのか、それを聞く権利はある。
つくしはキッチンで紅茶を淹れてから類の部屋に来たらしく、ワゴンを押していた。
カチャカチャと手際良く紅茶の用意をして、テーブルに置いていく。
先ほどまでつくしも食後のデザートと一緒に飲んでいたはずだが、自分の分もクッキーと紅茶のお代わりを用意しているちゃっかりさが可愛くて仕方がない。

「今日ね、クッキー焼いたの。食べてみて?結構美味しく出来たんだ」
「へえ、美味しそうだね…でも、その前に教えてくれる?」
「何を?」

ローテーブルの前にちょこんと座り、首を傾げるつくしの表情はわざとやっているのではないだろうかと、歯痒くなるほど可愛く類を戸惑わせる。

「アルバイト。俺、聞いてないよ?アルバイトなんてする必要もないでしょ?」
「だって…あたし、何にもないんだもん。類はお父さんの後を継ぐって立派な目標があるのに…あたしは勉強が凄く好きなわけでもないしやりたいことがあるわけでもない、なんか焦っちゃって…」
「俺のメイドさん、するんじゃなかった?そういえば、いつの間にかメイドさんいなくなっちゃったけどね…」
「朝は起こしてるでしょ?それに一緒に寝てるし…ご飯も一緒に食べてる。他に何かあればやるよ?」

そう言われても、つくしにして欲しいことなど本当は一つで、ただいつも一緒に部屋にいて欲しい、それだけなのだ。
元々部屋付きの使用人など必要としなかった類にとって、掃除洗濯以外で誰かの手を借りる必要は全くなかった。
類専用のメイドにと、佐原に指名されあれから続けているつくしであるが、掃除や洗濯などを類がつくしにさせるはずもなく、結局は朝類を起こし、朝食を一緒に食べて類の部屋で過ごすだけであるから、確かにつくしが言うことも類には理解出来る。

「メイドさんの格好しなくなったでしょ?」
「だって、必要ないもん」
「可愛いから見たい…」
「もう、可愛いわけないでしょ…」

プンとふっくらと形の良い唇を尖らせて類から目をそらすつくしは、どこか小動物を連想させて、落ち着きなくキョロキョロと動く瞳もまた、類にとっては可愛くて仕方がない。
そんな、類の心の内を知らずにこの天然小悪魔は爆弾を落とす。

「だって、類…あの格好してると、すぐ脱がすんだもん」

どんな格好してたって、脱がしたい───という類の考えには思い至らないのか、つくしは自分で淹れた紅茶を飲みながらブツブツ文句を言っている。
類はつくしの腰を引き寄せ自身の足の間に挟むと、逃れられないようにガッシリと捕まえる。

「じゃあ、正直に答えないと…イタズラするよ?」
「正直にって…なに?」
「アルバイトの件は…分かった。つくしがやりたいことを何か見つけたいって言うなら反対はしない。で、聞くけど何のバイト?」
「ファミレスだよ。ほら、あの制服可愛いとこ、知ってる?」

ファミレス…接客業の時点で、類にとってはアウトだったが、そうとも知らずにつくしは言葉を続ける。

「オレンジのストライプのミニワンピースに、エプロンが付いてるの。すっごい可愛い制服なんだよ!女の子の夢だよね?」

類に抱きかかえられたまま、つくしは嬉しそうにクッキーを摘み口に運ぶ。

ミニワンピースにエプロン…それってまんまメイド服みたいってこと?
それで男の客にナンパとかされたらどうするわけ?
あんた自分がどれだけ可愛いか自覚ないの?

そんな類の心情など、つくしには分からないのだろう、楽しみだなぁと呟き類に甘えるように身を寄せる。

「じゃあ、予行練習ね。俺、セクハラする客やるから、つくしは店員。スマートに躱せたら合格」
「セクハラする客って…その設定必要?」
「酔っ払って絡んでくる客はきっといるよ?」
「そっかぁ、よろしくお願いします。お兄ちゃん?」

だから、いちいち首を傾げて上目遣いにお兄ちゃん?はやめて欲しい。
本当にわざとやっているんじゃないだろうかと、たまに思う。

類は一度立ってつくしを解放すると、ローテーブルの前に座った。
つくしはメニュー見立てたノートを脇に抱え、少し離れたところから歩いてくる。

「いらっしゃいませ。ご注文はお決まりですか?」
「うん…君がいいな。ねえ、仕事の後飲みに行かない?」

類は気怠げにテーブルに肘をついて、髪をかきあげながら斜め上のつくしに視線を向ける。
見る見るうちにつくしの顔は真っ赤に染まり、小さな声ではい、と呟いた。

「はい、不合格。ナンパされてついて行ってどうするの?」
「だって…類に見つめられたら…あたし、動けなくなっちゃうんだもん。そうなるの、類だけだよ?」
「俺だけって保証はどこにもないよ…俺のそっくりさんとかいたらどうすんの?」
「そ、んなのいるわけな…っ」

類がつくしの手を引いたことで、ノートを脇に抱えたままつくしは類の座るラグの上に倒れこむ。

「ビックリしたなぁ…もう、類?」
「俺のそっくりさんがいたら、好きになるの?」
「え…?」

類は上に乗ったつくしを抱き締めたまま、ラグの上に横になった。
つくしの体重の重みなどまるで感じない軽さで、こんなに華奢なつくしがもし男に力付くで何かをされれば抗えないだろう。
そんな苛立った気持ちのままつくしの頭を引き寄せ噛み付くようにキスをした。

「ん…っ、んんん…」

足の間に類の身体を挟むような体勢を取っていたつくしの太ももを、類の手が下から上へ撫でるように動く。
ワンピース型のタオル地の部屋着に身を包んでいるつくしは、ビクッと一度身体を震わせるものの、抗うつもりもないのか丸い柔らかな胸の膨らみを類の身体に押し付けるように身体を寄せた。
つくしが誰にでもこんなことをするわけじゃないと分かっていても、苛立ちが抑えられずに類は性急な手付きでつくしのショーツの中に手を入れた。

「あっ…ん…類…」
「なんでもう濡れてんの?ねえ、俺以外にこんなことされても、濡れちゃうのかな?」
「違…っ、類だけ、だもん…っ、あぁっ」
「どうかな?気持ちよければ誰でもいいんじゃない?ほら、ここ…凄いよ」

類の指が激しく抽送を繰り返し、シルクのショーツを濡らしていく。
グチュグチュと卑猥な音を立て、類が指を出し入れするたびに、太ももに愛液が伝い流れ落ちる。

「あぁっん、も…っ…ダメ…はぁっ…や、ん」

つくしは類の指の動きに合わせて腰を揺らし、それは徐々に類の性器に擦る付けるような動きに変わっていった。
涙声で懇願するように、身体を震わせながらつくしが口を開いた。

「類のことが…好きなの…っ、類だけだから…」
「そんなこと言って…もうイキたいの?じゃあ、俺の触って…ほら」

類は片手で器用にベルトを外し、つくしの手を誘う。
ただ、好きだと、類だけだとつくしに言わせたいだけだ。
つくしの気持ちがどこにあるかなど、つくしの瞳を見れば一目瞭然で、類を見る瞳は熱を持ち常に愛情を伝えてくる。
大切にしたいのに、この可愛い義理妹に嫌われたくないのに、つくしが怒るギリギリまで泣かせていじめて、それでも好きだと言わせたい。
つくしが慣れない手付きで類の熱り勃った性器に触れる。

「手を動かして…俺もつくしのココ気持ちよくするから、つくしも…ね?」
「う、ん…」

つくしの身体は限界なのだろう、類が話している間も腰はゆらゆらと揺れ、類を誘っていたが、つくしの中に押し入りたいのをグッと堪え、類は指の動きを再開する。
先ほどよりも粘り気の増した愛液が、止めどなく流れポタポタと類の性器の上に落ちる。
つくしの手の中で膨れ上がった性器が勢いを増し、濡れた下半身に互いの息が上がる。

「あぁっ…ん、はぁっ…そ、こ…気持ちい…っ」
「ん…俺も…っ」
「も…イッちゃ…う…ぁ……っん」

つくしは類の胸に顔を埋め、腰だけを高く上げた状態のまま、下半身を震わせる。
トプっと達した瞬間に大量の愛液が類の手を伝い、性器を濡らす。
類は指を引き抜かずにヒクヒクと収縮を繰り返す秘部を味わうと、身体反転させ、グッタリとラグに横になったつくしの口に、自らの性器を押し込んだ。

「んんんん…っ、む…」
「はぁっ…すげ、いい…」

昂った性器は、つくしの小さな口の中に半分ほどしか入らなかったが、温かく絡みつくつくしの唾液と、つくしの口を犯しているという状況で、すぐにでも達してしまいそうだった。
類は、つくしの足から濡れて重みを増したショーツを脱がし、グッショリと濡れたままの秘部を舌で愛撫する。

「んぁ…っ、あぁぁっ!」
「つくし、俺のも気持ちよくして…舐めながら手、動かして…っ、そう」

赤く尖った花芯をチロチロと舌先で愛撫しながら、指を二本に増やすと、つくしの秘部はギュウギュウと類の指を締め付け、奥へ飲み込もうと蠢く。
類の指が激しさを増すほど、つくしの舌と手の動きも早く激しさを増していく。
つくしの唾液と類の先端から流れ出た体液でラグに染みを作った。

「んっ…あぁっ、も…類…ダメ、また…きちゃう…あぁぁっ!」
「…く、っ…」

つくしが絶頂に達したのと同時に、類は溜まったものをつくしの口の中に吐き出した。

「んんん…っ、ぁ、はぁっ…」
「全部飲んで…美味しい?」
「ん…美味し…くない…ん」

そう言いながらも喉を上下させてコクっと類の体液を飲み込み、濡れた口元を拭うつくしの姿に、落ち着いたはずの半身が再び形を変えていく。

「つくし…もう一回、ね?」



気怠い身体を引き摺りながら、次の日約束の時間通りにつくしがバイト先に向かうと、何とも神妙な顔つきの店長と、バイト数名がバックヤードでボソボソと話していた。
店内に客は一人もいなく、いつもなら明かりがついているフロアも暗いままだった。

「あ、あの…今日からお世話になる。花沢つくしと申しますが…」

どこかおかしいなと思いながらも、つくしはバッグヤードに入り声をかけた。
つくしが入ってきたことにも気が付かなかったのか、驚いた様子の店長が振り返り、申し訳なさそうに口を開いた。

「あぁ、花沢さん…申し訳ないんだけど、バイトの話はなかったことにしてくれるかな?俺も本部から電話をさっき受けたばかりで、よく分かってないんだけど…」
「えっ…何かあったんですか?」
「なんかここ、駐車場広くて立地もいいからって、マンション建てることになったんだって。なんかオーナーがもう土地を売っちゃったみたいで、今月末には引き払わないといけなくなったんだ。急で連絡も出来なくてごめんね」

まだ年若い店長が自分の責任でもないのに、他の数名のバイトにも申し訳なさそうに契約終了を告げている。
つくしとしては、まだバイトをする前であったから気持ちも切り替えやすいが、周りが怒る気力も失せるほど店長の意気消沈ぶりは凄まじく、可哀想になってしまう。

「はぁ…俺今度はどこに異動だろ…」

肩を落とし、自分の荷物を段ボールに入れている後ろ姿を見ながら、つくしは社会人って大変なんだなと同情し、軽く頭を下げて店を後にした。

結局自分のすべきことも分からないまま、バイト先もなくなりどうしようかと思案しているつくしに、花沢物産でのアルバイトの労働条件契約書を掲げて足取り軽く帰って来た類は、初めてつくしの地雷を踏むことになる。

「バイト先潰すなんてサイテー!!!優紀のバイト先だったんだからね!お兄ちゃんなんて大っ嫌い!」


***

大好きな義理の妹に嫌われた類くん(笑)さぁ、どうする?
ってことで続きはまた今度♬


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

そろそろ…

こんにちは♬

ご無沙汰致しております。
今は二作目のオリジナルの執筆をしており、完全に類くんとつくしちゃん恋物語のような話を書いております(笑)
一作目の表紙、ラフをイラストレーターの方からいただきまして…なんかちょっと感動…嬉しいなぁ。
一作目も二作目も花男から離れられないワタシ(笑)

本題です。
前から少し考えていたのですが…
ここのブログは閉鎖はしません、ただ新しい話も今後そうアップすることもなくなるだろうということで、入り口にパスをかけようかなと思っております。
パスは以前と同じパスにします。oから始まるアレです。
ヒントだけ。

一見様お断り…というわけではありませんが、更新もないのにブログを放置したままというのも管理人としてマズイかなと思いまして、このような決断に至りました。
今後も、たまーに更新することもあるかと思いますが、パス付きでも付いていくよ〜という方のみご覧くださいませ。

今日この記事を置いて突然明日からパス付き…だと驚かれてしまうかもしれないので、一週間ほどは様子を見ようと思います。

締め切り終わったら、お兄ちゃんシリーズを更新したいなぁと思っております。

オダワラアキ



皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

茶の間のお作法R


茶の間のお作法R

clover clown aoi様へ捧げた3Pです。
総ちゃんとつくしちゃんと類くんのCPですので、類くんとしか絶対に嫌な方は閲覧を避けてください。
見やすさ重視でちょっと変えました。



「西門さん…作法教えてもらうのはありがたいんだけどさ…着物まで着なきゃならないの?」

つくしはようやく解放された足を伸ばし、痺れジンジンと凝り固まる足を摩った。長時間の正座にはやはり慣れず、となりで意外にも平然としている類を恨めしそうな瞳で睨んだ。
上品な紅藤色の絹地に、四季を彩る花草があしらわれている京友禅の色留袖は、つくしが着るにはあまりにも背伸びをし過ぎているかのような、上質さだった。

「洋服よりも背筋が伸びるだろ?それに…」
「……?」
「類が喜ぶぞ、な?」

総二郎のニヤリと笑う視線の意味が分からずに、つくしが首を傾げると、類にだけはその意味が伝わったようで、総二郎を一瞥しまあねと嘯いた。
つくしからすれば、自分の着物姿よりも類や総二郎の和装にドキドキさせられっぱなしで、特に普段はTシャツなどラフな格好しか見たことのない類の和装には、芸能人にはしゃぐミーハーな女子高生のような気分を思い出したものだ。
総二郎の和装は度々見ているからか慣れもあるが、類が藍鼠の着物に濃紺の袴姿で茶室に入って来た時はその凛とした立ち姿に、つくしはしばし見惚れていた。
チラリと類に視線を向けては、火照ったように熱くなる頬をつくしは手の甲で拭った。

「な、何言ってんの…?あたしよりも着慣れてる西門さんとかの方がよっぽど似合ってるじゃん」
「まぁな、お前色気ねえし。でも、着物ならちょっとは色気も出るんじゃないか?こう、脱がすのとかな…俺が脱がしてやってもいいけど?」

総二郎がつくしの帯に手をかける。
つくしはキッと総二郎を睨み付けると、帯にかかった手をパシッと叩いた。
予想通り大袈裟にイテテと手を摩った総二郎に類がボソリと呟いた。

「つくしは結構色気あると思うけど…」
「ちょ…っ、類まで何言い出すのっ!」
「え…だって自分の恋人が色気ないと思われてるのも嫌でしょ?ほら…ちょっと来て」

類は隣で足を伸ばすつくしを抱き寄せると、畳にそっと寝かせた。
つくしがまさかと目を見開いて類を見れば、眼前に類の綺麗な顔が迫りあっという間に唇を塞ぐ。

「ふぅっ…ん…っ」

類は啄ばむような口付けを繰り返し、つくしが息をついだタイミングで口内へ舌先を入れた。
チュ、チュッと歯列の裏をなぞり、口内を味わうようにキスを重ねれば、徐々につくしの身体から力が抜けていく。
類はつくしの全てを溶かすかのように熱い舌をネットリと絡みつかせ、つくしは気付けば我を忘れて類の首に手を回し、離れようとする唇を自分から貪るように舌を絡ませ続けた。

「ぁ…はぁっ、ん…る、い…」
「ここまで可愛い姿見せるつもりじゃなかったんだけどね…あんたほんと、キス好きだね」

トロンとした目付きで、目尻には快感からくる涙が今にも溢れそうなほど溜まっている。
白い肌が蒸気しピンク色に頬が染まる姿は、うっとりとした恍惚感を顔に貼り付かせ、見るものを陶酔させた。
つくしはここがどこだかも忘れているかのようで、荒い息を吐きながら類の身体に縋り付くように腕を回した。

「も…ぅ…おねが…」
「ん?我慢出来ない?」

コクリと小さく頷く姿に息を飲んだのは総二郎の方だ。
少しは色気を出せとついさっき揶揄ったばかりなのに、目の前で艶めいた表情を見せる女から目を離せないでいる。

「いいよ…ここなら着崩れても直せるしね…」

類は総二郎へチラリと視線を送ると、珍しくも顔色を変え頬に少し赤みが差している総二郎の姿に声を立てずに笑う。
つくしの身体を後ろから抱え総二郎に見えるように着物の裾を左右に開いた。
長襦袢の裾も同様に開くとつくしの白く艶かしい足が着物の裾から見え隠れする。
類は胸元を緩め隙間から手を差し込むと、白くしっとりとした柔らかな膨らみを揉んだ。

「あっ…ん…ふぅ…」

無意識につくしは膝を立て総二郎を誘うように足が畳の上を何度も滑る。
総二郎はつくしの妖艶な姿に唾を飲み込むと、そこに情欲などないはずの友人に、下半身が熱く滾り欲情していた。
類はつくしの足をより大きく開かせ下着を身につけていない秘部を露わにした。
そこはすでにトロトロと蜜を垂れ流していて、長襦袢にいくつもの染みを作っていた。

「総二郎…つくし、可愛いでしょ?ココ舐めてあげてよ…喜ぶから」

類は胸を揉みしだきながら、濡れた秘部を指で擦る。
つくしが嬌声をあげて仰け反るのを満足気に見つめいていた。

「へえ、いいのかよ…?独占欲の塊のような男が…。俺も随分と甘く見られたもんだな」
「いや…俺以外の男がつくしに触れるなんて許せないよ…でも、いつも同じセックスじゃつくしが飽きるみたいなんだよね。その代わり2度はないから」

ほらと、つくしの太ももを持ち上げる。
類は両手で胸の突起を転がしながら、つくしの唇を塞ぎチュッチュッと上唇を甘噛みしながら、我慢出来ないと舌を差し出すつくしの口内を味わっていく。

「はぁっ…ん、ん…類…っ、早く…」

我慢出来ないとかぶりを振るつくしが色っぽさをさらに増していて、総二郎はたまらずに足の間に顔を寄せていく。
すでにつくしの愛液でトロトロに濡れた秘部に舌を差し入れ、クチュクチュっと音を立てながら、つくしを攻め立てた。

「あぁぁっ…そ、れ…ダメっ…」
「ダメじゃないでしょ…?ほら、見てごらん…総二郎が舐めてくれてるとこ。つくし見てると余計に感じちゃうもんね」
「西門さっ…あっ…ん、も…そこ…いっ…」

総二郎はつくしの淡い陰毛に隠れた赤い実を舌で突く。
つくしの身体が大きくビクンと震えたのを確かめて、ゆるゆると舌先を動かし指を突き立てた。

「あぁぁぁっ!!……はぁっ、はぁっ…」
「牧野…もうイッた?お前感度いいな…」
「つくし…気持ちよかった?じゃあ次は総二郎の気持ち良くしてあげて?出来るよね?」

総二郎が濡れた口元を拭い、驚きに見開かれた目を類へ向ける。
しかし、類の目はつくししか写しておらず、類の言葉につくしが軽く頷くのが見て取れた。
類はつくしを畳の上に寝かせると、つくしの足元へ移動し指でつくしの秘部を弄る。

「んぁっ…る、い…あぁっ、それ、すごい…っ」

グチュグチュっと蜜をかき出すような類の手付きは、他人のセックスを覗き見しているようで、総二郎もたまらずに袴をずらし熱り勃った性器を軽く扱いた。
類の指に感じていたつくしが、いつしか総二郎の手に自分の手を重ねて性器を扱き始める。
本当にいいのだろうかと考えないこともなかったが、それよりも目の前のつくしの口内で気持ち良くなりたいという自分の欲が勝った。
総二郎は先から流れ出た体液を全体に擦り付け、つくしの口の中に沈めていく。

「んんん…っ、はぁっ、ん、む」

ぬっとりと絡みつく口内は、つくしの体温と同じような熱さをもっていて、総二郎は女の膣に入れているかのような錯覚を起こす。
グプグプと音を立て腰を揺らしていくと、つくしの口の端からは唾液なのか体液なのか分からない蜜が溢れ出した。

「つくし…こっちにも入れてあげるね…」
「んんんん────っ!!!」

類はつくしの秘部に自身のはち切れんばかりに大きくなった性器を突き立てた。
ズプッと簡単に飲み込んでいく秘部は奥に行くにつれ狭く、類自身を締め付ける。
時を待たずに類が腰を打ち付け濡れた秘部を味わえば、総二郎もまた腰の動きを再開した。

「あぁぁっ、ん…ふぅっ…むぅ…」
「牧野っ…すっげ、イイ…っ、く…」

アップにしていたつくしの髪はいつの間にか解けていて、艶のある黒髪が畳の上に広がっていた。
男など知らぬという見た目に反して、つくしの身体は男の喜ぶ術を知っていた。
丁寧に舌を使い濡れた音を立てると、性器の裏筋を口の中で刺激しながらすっぽりと口で包み、細くしなやかな指先で睾丸を撫でられれば、つくしの口の中で総二郎の性器はさらに膨れ上がった。

「ほんと妬ける…もう2度とやんない」

つくしの痴態を見つめていた類が低い声でボソリと呟き、その苛立ちをつくしの中にぶつけた。

「あぁぁぁっ!」

類がつくしの奥深くを抉るように腰を打ち付けると、その揺れた衝撃でつくしは口を離してしまう。
類はそのまま、自らの快感を追うように腰を激しく揺さぶった。
ジュプジュプと卑猥な音と男たちの荒い息、つくしの甲高い嬌声だけが、室内に響く。

「あぁっ…はぁっ、ん、あっ、あっ、あっ───!」
「イ、キそ…っ…く、っ…」

類が腰を震わせ動きが緩慢になるのを確認すると、総二郎はつくしの口元へ再び性器を押し当てる。
達した直後でつくしの身体は小さく痙攣していたが、ツンと先端を口へ付けると、まるで美味しい食事にありつけた時のような顔をして、総二郎の性器を飲み込んでいった。

「お前…エロ過ぎ…っ」
「ん、んっ…はぁっ…気持ちい?」
「あぁ…イイ…でも、お前の中に入りたい」

総二郎は腰の動きを早め、自らも絶頂へと駆け上がりながらも、無駄だと知りつつ口にした。

「ダメに決まってるでしょ」

やはり独占欲の塊のような男に冷たい声で言われる。分かっていたことだが、自分もまた類と同じで、つくしと他の女とは一線を画していたのだと知る。
彼女の中で果てたかった、彼女の白い肌にもっと触れていたかったと、総二郎はつくしの口内へ温かい体液を吐き出しながら考えていた。


「総二郎…何度も言うけど、2度目はないよ?」
「分かってるよ…ただ、牧野の気持ち次第…だろ?」

着崩れた着物のまま、グッタリとした様子で畳で眠るつくしを間に挟んで、類と総二郎が座りながら語る。

「俺を本気にさせたのは、お前だろ?後悔すんなよ」

総二郎は不敵に笑いながら、ゴロンと寝返りを打ったつくしへと顔を向ける。スースーとあどけない顔で眠る愛おしい女へと総二郎は唇を寄せた。


fin


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

熱量 番外編


熱量 番外編

beautiful daysやこ様に捧げたお話です。



触れ合った唇が驚くほど熱をもって、つくしの首筋を辿る。
類の座る椅子に乗り上げ抱きかかえられたままの状態で、社長室の鍵も閉めずに行われる愛撫にダメだと分かっていながらも抵抗することは出来ない。
ショートパンツから覗く細い足を、下から上へと撫でるように類の手が動けば、無意識に類へ身体を預け腰が揺れる。革張りの大きな椅子がつくしが身動ぐたびにギシっと音を立て、益々互いの気持ちが高まっていった。
「あっ…はぁっ、ん…類…」
「ねえ」
「……?」
類はTシャツを捲り上げ、つくしのブラジャーのホックをパチンと外す。類の唇がつくしの白い首筋を辿りながら、シャツに隠れた赤い実を口に含んだ。
類からの愛撫ですでに隆起していた突起は、類の口の中で益々固くしこる。
「いやぁ…っ…ぁ、それ…ダメ…」
「ココも…総二郎に触らせたの?」
「そ、んなこと…してなっ…」
確かに総二郎とキスはした。しかしそれ以上のことは何もなかった。それに、類は分かっていない…つくしがどんな気持ちで総二郎のキスを受け止めたのか。きっと総二郎からしてもただの慰めだったのだろうと思う。
「どうだろ…本当か、確かめないとね…」
類は片方の乳首を口の中で舐め転がすと、もう片方を指でつまんだ。
「あぁぁっ!」
「総二郎と何もしてないにしては…感度良過ぎない?さっきから腰揺れてるし…ね、触って欲しい?」
「わかんな…っ、類だけ…だから…っ、あぁっ」
キュッと敏感に立ち上がる突起を強くつままれ、つくしは身体を震わせた。類はつくしのショートパンツのジッパーに手をかけると、つくしの腰を浮かせて足から抜き取った。
「その格好って結構そそるよね」
捲り上がっていたつくしのTシャツを一度下ろすと、ギリギリショーツが見えるか見えないかの位置に裾がくる。そこから覗く足が類の官能をさらに呼び、類はつくしの後ろ側から手を回し、開いた足の間を撫で上げた。
「あっ、ん…」
「足触ってるだけだよ…?気持ちいいの?」
「類…っ違う人、みたい…っ…意地悪ばっか…」
荒い息を吐きながらつくしが涙ながらに訴えると、類は足を撫でる手を止めずにつくしの唇に軽いキスを落とす。
「ただの嫉妬…誰にも触らせたくないんだ。笑ってる顔も泣いてる顔も感じてる顔も…俺だけのものにしたい…だから言ったでしょ?俺の熱量の方が多いんだって」
「あたしだって…同じだよ。西門さんと…キスしても、類のこと思い出しちゃう…恋に溺れるってこういうことなのかな。類のことしか考えられないの」
「俺…そろそろ限界…でも、牧野はここじゃ嫌でしょ?俺のマンション来る?」
類の下半身の熱も触れ合っていることでずっと伝わってきていたが、昂った性器をグッと押し付けられると、つくし自身もまた我慢がきかないところまで来ていると知らされる。
つくしが頷こうとした瞬間、キュルキュルと場違いな音が室内に鳴り響き、それは湧き水のように溢れ出ていた2人の激しい情欲を一瞬にして変えた。
「ぶっ…そういえば、お昼食べてなかったね…ご飯食べに行こっか」
「……お願いします」
フルフルと震えながら笑いを堪えている類に、つくしは物言いたげな視線を送った。
「あっ!そうだ!ねえ、ご飯ならあたしが作るからうちに来て?久しぶりに類にご飯食べて欲しいから、ね?」
つくしの言葉に類は一瞬驚いた顔をするもののしばらく顎に手を当て考える素振りをした後、ニヤッと悪戯っぽい少年のように口の端をあげて笑った。
「そうだね。じゃ、牧野の家に行こうか」
理由も分からずに、早まったかと思わずつくしが言い知れぬ不安に警戒してしまうほど、類の機嫌は良かった。



「えっ、えっ…ちょっ、待って!ここ?ここでするの?」
つくしの狼狽が類に伝わっているかは分からないが、なんとも嬉しそうな顔で類がつくしのTシャツに手をかける。つくしは類から逃げるように布団の上へジリジリと後退りしていた。
「だって、家に来てって誘ったのは牧野でしょ?言ったよね、俺…限界だって。ほら、夕方になれば窓開けるだけでだいぶ涼しいし…汗かいたらシャワーすればいいんだしね」
あっという間に履いていたショートパンツも脱がされる。扇風機の風が心地よく肌に伝わり爽快感があるが、いくら2階とはいえ目の前には戸建て住宅も建ち並ぶエリアだ。窓までは30センチほどの高さがあるとは言っても見えないとは限らない。
「で、でも、ここじゃ…声とか…窓開けたままじゃ見えるかもしれないし…」
「俺が牧野の裸を他の奴に見せると思う?」
「お、思わないけど…でも…っ」
類はつくしの呟きをことごとくスルーし、自らもポロシャツを脱ぎ捨てつくしに覆いかぶさった。つくしもなかなか自分では決断出来ずにいたが、類と触れ合いたいと思う気持ちは同じだ。しかも、ちょうど食欲も満たされたばかりということもあり、再び身体を覆う熱は先ほどよりもはるかに熱い。
「もう、黙って…」
「んん…っ、ぁ…ふっ」
類に唇を塞がれ今度はブラジャーとショーツをあっという間に取り払われる。寒いわけでもないのに、つくしはブルリと身震いし、覆い被さる類の背中に腕を回した。
つくしと同じぐらい熱をもった類の舌が口の中を動き回り、つくしの舌を絡め取る。クチュクチュと唾液が混ざり合う音だけで、つくしの身体の奥がジンジンと疼き、ジワリと足の間から湿った愛液が吐き出されるのを感じた。
触れられてもいないのに立ち上がった乳首を人差し指でこねるように動かされ、塞がれた唇の奥でつくしは喘いだ。
「んんんっ…はぁっ、ん…」
類の足に秘部を擦り付けることで、つくしは自慰にも似た感覚に陥りただ自らの快感だけを追っていた。
「そんなに我慢出来ない?牧野の蜜で服が濡れちゃうよ…」
クスッと笑いながら類が言う。つくしが顔を赤く染めている間に、類は自身のズボンを脱ぎ捨てた。引き締まった腰回りの中心、ボクサーパンツにつくしが視線を向けると類のはち切れんばかりに昂った性器が生地を押し上げている。つくしは自分だけが欲しがっているわけじゃないのだということに気付くと、嬉しさや愛おしさに包まれた。
「類も…?あたしのこと欲しい?」
「うん…ずっと、こうしたかったよ」
胸の膨らみを辿っていた手が、ゆるゆると下に降りつくしの内股を撫でる。何度も足を擦り付けていたことで、すでに湿り気を帯びていて、つくしは無意識に類を受け入れようと足を開いた。
「あっ…ん…ん…もっ、変になりそ…」
「窓空いてるからね…声抑えないと聞こえちゃうよ」
「だって…はぁっ、あっ…」
誘うように開かれた足の間に類は指を滑り込ませると、トロリと濡れた秘部の周りを焦らすように触れる。流れ出た愛液を秘部に擦り付けながら、プツンと立ち上がる赤い実を同じように擦ると、つくしの身体が大きくしなった。
「────っ!!」
つくしが身体を震わせた瞬間、類の手がつくしの口元を覆った。ギュッと類の肩にしがみ付き、どうにか迫り来る快感を逃すが、全身が痙攣したように震え息を整えるまでに時間がかかる。
「はぁっ…はぁっ…な、んか…身体が、変…っ」
「変じゃないよ…気持ち良くなったってこと。これからもっと気持ちいいことしてあげるから、ね?身体の力抜いてて…」
類はつくしが息を整え放心している隙に、濡れた秘部に指を突き立てた。
「あぁぁっ…」
「牧野の可愛い声…聞かせたくないよ。我慢出来る?」
「だ、って…声、出ちゃう…無理だよ…ぁん」
その間も類は休むことなくつくしの秘部を指で擦り続け、軽く湿った音はいつしかグチュグチュという卑猥な音に変わっていった。類が指を引き抜くたびに足の間を流れ落ちる愛液が、敷布団のシーツを濡らしていく。
「類…はぁっ…ダメ…また…きちゃう…っん」
「ほんと、感じやすいね…いいよ、イキな」
ザラザラとした感触の秘部に、もう一本指を増やし突き立てる。つくしの感じるポイントを探しながら、類が指を動かしていくとつくしの身体がビクビクと震え、中が蠢くのを感じた。ココか、と最奥を何度も突くとあっという間に秘部がギュッと締まり、つくしは絶頂に達した。
「────っ!!」
つくしがビクビクと身体を震わせている間に、つくしの口元を押さえながら類は蠢く秘部に熱り勃った性器を突き立てた。
「んんんんん──っ!!」
十分に潤った秘部はグチュっと類の性器を飲み込むが、初めての経験につくしは身体を強張らせる。感覚が下半身に集中し、ギュッと秘部を締め付けると類が苦しそうに眉を寄せた。
「牧野…っ、ちょっと…力抜いて…」
「あっ、はっ…ど…っすれば…いいのか…分かんな…よ」
「大丈夫…ただ感じてくれればいいから」
類は結合部に指を寄せると、ぷくっと膨らんだ実をつまむ。流れ出た愛液をすくい取ると立ち上がった実を指で軽く摩るように撫でた。
「ひゃぁっ…ん、あっ…今、ダメ…っ」
「気持ちいい?ほら…凄い、また濡れてきた…」
類はつくしの身体から徐々に力が抜けていくのを感じ取り、ゆっくりと性器を引き抜き浅いところを何度か抽送していく。腰を揺らすスピードを上げれば結合部からはクチュクチュと卑猥な音が漏れ聞こえ、つくしの秘部が類を受け入れるべく開いていく。
「はぁ、ん、あっ、あっ…な、んか…凄い…気持ちいっ」
「ん…っ、俺も…もっと、奥していい?牧野、ここ掴まってお尻上げて」
「え…やっ…恥ずかしいよ…」
「牧野も俺も…もっと気持ち良くなるから、ね?」
普段の自分では考えられないが、この時はきっと熱に浮かされていたのだろう。つくしは言われるがまま、窓の空いたベランダの柵に掴まると、下半身を類へ向けて腰を上げた。柵までは高さが30センチほどあり、下からではせいぜい腕が見える程度だ。しかし、ここで声を出し喘いでいれば何をしているかなど一目瞭然で、向かいの住宅に住む人間が2階の窓を開ければ、つくしの裸も後ろに立つ類の姿も丸見えだ。
「やっぱり…こんなの…無理だよ…っ」
「声出さなきゃ、バレないよ…部屋の中暗くて見えないしね…挿れるよ」
屹立した性器を押し当て、類はゆっくりとつくしの中に入っていく。ヌチュっと愛液が奏でる音にすらつくしは敏感に反応しビクンと身体を揺らすと、自ら口を押さえながら荒く息を吐き出していた。


「んっ、んっ…はぁっ…んぁ」
「…っ、く…」
類が腰を打ち付けるたびにつくしが掴む鉄の柵がギシっと音を立てる。声を必死に我慢している分、秘部から流れ落ち太ももを伝う愛液はつくしの快感を表すかのように大量だった。類が秘部を抉るように腰を打つたびにグチュっと結合部からどちらのものかも分からぬ体液が溢れる。微かに漏れる類の喘ぎ声と、軋む鉄の音が淫猥でいつしかつくしは類の動きに合わせて腰を振っていた。
「はぁっ、はぁっ…ん…いいっ…それ…」
「中…痙攣してる…っ、もうイキそう?」
「ん…も…ダメ…かもっ」
「俺も…イキそ…っ」
類はつくしの最奥を穿ち、ブルっと身を震わせた。つくしもガクガクと膝が震え身体は小さく痙攣を繰り返す。そんなつもりはなかったと言えばただの言い訳だが、あまりの快感につくしの中へ全てを放っていた。
類が全てを吐き出した性器をずるりと引き抜くと、つくしの秘部がキュッと締まり、類の放った体液がトロトロと溢れ出していた。つくしの卑猥な姿に類はゴクッと唾を飲み込み、再び勃ち上がりそうな自身を必死に収めた。
「やば…ハマりそう」


アパートの狭い布団に横になり、裸のまま互いに昂った熱を冷ましていると、類の手がつくしの唇をなぞるように動いた。うつらうつらとしていたつくしが、薄っすらと目を開けて類を見ると、チュッと音を立てて軽く唇が重なった。
「ど、うしたの…?」
「お腹空いた」
元々食に興味が薄く、とりあえず生きていけるだけの栄養さえ摂取出来ればそれでいいという男が、空腹を訴えるなど滅多にないことで、つくしは眠い目を擦りながらも身体を起こした。
「珍しいね…でも、確かにあたしもお腹空いたかも…もう夕飯時だしね。何か作ろっか」
「俺、ずっと空腹だったみたい…」
つくしはお腹に回る類の手を退かそうと試みるが、あっという間に布団に戻されてしまう。まさかね、と怪訝な顔つきで類を見るが、そのまさかであったらしく、類はその綺麗な顔に微笑みを湛える。
「嘘…」
タオルケットに隠されたつくしの下半身に当たるのは、屹立し興奮状態にある男性の性器であることに間違いない。
「食べさせて…ね?」
「なんか…性格変わってない?」
否とは言えない、そんなに熱い目で見つめられたら────
つくしは再び、類の発する熱の中に翻弄されていった。


FIN


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

かなりのRを書いてしまいました

おはようございます!

閲覧注意のR話を実は人様のサイトに捧げてしまいました…

類と総ちゃんとつくしの3Pなので、類つくしか読まないわ!っていう方は閲覧を控えてください!
読んだ後のお怒りは私あてに…しないで〜💦

今日公開予定です!えーと、9時かな?

clover crown aoi様
http://hanayorikisswo.blog.fc2.com
茶の間のお作法(超R)前後編らしいです!後編は21時♬
ちなみに、かなりなのでパスかかってます!パスはこちらでは教えることが出来ないので、うちでアップされるのを待つか、頑張ってパスを探してくださいね〜

皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

熱量 13最終話

熱量 13最終話
最後にお知らせがあります〜♬




「今日来てもらったのは、御社との契約解除についてですが、電話で伝えたとおり今月末ということでお願いします」

類が立ったまま、時間をかける気は無いとでも言うように淡々と話し始めると、龍臣は顔を真っ青にし唾が飛びそうな勢いで口を開いた。

「電話でも言ったでしょう!花沢と契約を切られたらうちはっ…」
「倒産まではいかないでしょう?うちに代わる大口の契約でも取ったらどうですか?元々半年毎の契約更新だ、うちはきちんと契約解除について契約書に沿って進めているだけです」
「どうしてですかっ!?納品している商品に何も問題はないはずです!まさか……つくしのこと、ですか?そんなことで…?」

龍臣の言葉に、類が眉を寄せる。
口を挟むなと言われたとおり、つくしは口をつぐみ黙っていることに徹していたが、類の一方的な行いは龍臣の会社を窮地に陥れるもので、ハラハラしながら動向を見守っていた。

「そんなことで?あなたもそんなことで、彼女を退職に追いやり、美作を訴えようとまでしていたでしょう?私も同じことをしているだけですよ…」

ハッと目を見開き龍臣が何も言えず押し黙ったところで、堪えきれずにつくしは声をかけた。
つくしは類にそんなことをしてくれと頼んだ覚えはないし、いくら黙っていてと頼まれたところで聞ける話ではない。

「類…もうやめて…。そんなことしたら長谷川で働く人たちに迷惑がかかる。あたしのこと以外できちんとした理由があるのなら口を出すのもおかしいし、仕方がないかもしれないけど…会社を私物化するようなことしちゃダメだよ」

つくしが椅子から立ち上がり話し始めると類は目を細め笑みを浮かべた。
龍臣にそんな類の表情を見る余裕はなかったと思う。
それは元々こうなることを予測していたのではないかと思うものだったのだ。

「だ、そうですよ…長谷川さん」

類とは反対に、龍臣は口を真一文字に結び、ただ黙り項垂れている。
会社を私物化し、つくしを退職させ訴訟を起こそうとしていた龍臣には耳の痛い話なのだから当然だろう。

「彼女は私にとって大事な女性です。彼女を傷付けた罪は大きい、本当ならあなたのところを潰すぐらいじゃ足りないんですけどね…嫌われたくないんですよ、彼女には」

何を言うのかと驚いて目を見開いていたつくしに、類はチュッと音を立て軽く口付ける。
唇はすぐ離されたものの、よく出来ましたという類からのご褒美のようだ。しかもこんな時なのに、ほんの少し嬉しい気持ちもあり、それを悟られないようにとつくしは顔を真っ赤にして俯いた。
そんな2人のやり取りも全く視界に入っていないのか、龍臣はバッと顔を上げ縋るように類を見上げた。

「じゃ、じゃあ…契約は…」
「期間満了までは今まで通り…ただ、もし彼女に今後手だしするようなことがあれば、その時は容赦しません」
「分かりました…弊社も取引を続けていただけるように精進してまいります」

龍臣が一礼し立ち上がる。安心したことで一気に疲れが出たのか肩を落としたまま、つくしに一瞬だけ視線を向け社長室を出て行った。

「類…わざとでしょ?」

龍臣が来ることも知らされておらず、自分だけが蚊帳の外にいたような気さえして、つくしは恥ずかしさを隠すためでもあるが、拗ねたように類を見つめる。
類はドアが閉まったことを確認すると、龍臣が来る前と同じように、つくしを膝を跨がせるように座らせ、腰に腕を回した。
再び触れられることに心臓が早鐘を打つ。それよりも話をしなければとつくしは抵抗もせずに類の言葉に耳を傾けた。

「別にうちは長谷川電工と取引出来なくっても困らないからね、つくしのことは抜きにしても本当に次の契約は分からないよ。今回のことはやられた分やり返そうとしただけだけど、あんたそういうの嫌うじゃん」
「当たり前でしょ…さっき振られたぐらいで訴訟起こしてたらどうのって言ってたの誰…?あたしが止めなかったら、本当に取引やめてたの…?」
「さあ、でも向こうが会社を巻き込んで来たからね…あきらは友達だし?牧野のおかげで向こうも命拾いしたんじゃない?」

そう飄々と言ってのける男は、デスクに置いてある一枚の書類をつくしに差し出した。
つくしがなんだろうと視線を走らせると、信じられないことに書類には雇用契約書と書かれていて、すでにつくしの名前も記載されていた。

「…牧野には来週からうちで働いてもらうことになったから」
「はぁっ!?」
「本当はさ、俺の奥さんになって俺だけのためにいて欲しいけど…断るの目に見えてるし。あきらから話聞いて大急ぎで社長に許可取ったんだから、仕事で俺のサポートしてよ…ね?プロポーズはそのうちまた、ちゃんとするから楽しみにしてて」

つくしの働く場所を勝手に決め、まだ付き合ってもいないのにプロポーズをする男は、あんなに友人としての立場を崩さなかったのが嘘のように、つくしへの愛の言葉を吐き続ける。

「そういえば…話途中だったね…どうして総二郎だと焦るのか、だっけ?」

この1時間足らずの間に色々なことがあり過ぎて、車の中でした会話を聞いたつくしですら忘れていた。
そう、類が言ったのだ…あきらの邸でつくしの隣に総二郎がいて焦ったと。

「え…あぁ…うん」
「多分あんたってさ…俺たちのこと好きだよね。それもかなり信用してる…だから怖いんだよ」
「…?よく分からないけど…確かに信用してる」
「例えば、総二郎がホテル取ったからって誘ったら、誘い方によるだろうけど、あんたついて行くんじゃない?」
「……」

つくしは言われたことに覚えがあり過ぎて、類からサッと目をそらした。
そんなつくしの行動がすでに類の言ったことを肯定しているとは気付かずに。
言葉に詰まるつくしに、類はふうんと目を細めて話を続けた。
つくしが恐る恐る類の表情を盗み見れば、明らかに不機嫌そうに眉を寄せていた。

「行ったんだ…予想はしてたけど。じゃあキスくらいはされてる?」
「…ずるい…質問攻めにしないでよ」
「ずるいのはどっちだよ…長谷川にはちゃんと一枚壁を作って接してたのに…総二郎の前ではそうやって簡単に壁を壊すだろ。だから焦るんだ…」

類はつくしの腰に回した手をギュッと自分に引き寄せる。

「総二郎と…キスしたの…?」

キスされるかと思うほどに顔が近付いて、つくしがうっとりと目を瞑ると、類は怒ったように首筋に噛み付いた。
チクリとした痛みに顔を顰め、つくしは目を開けた。

「…っ」
「ほんとムカつく…そういう顔、総二郎にも見せたんだ?」
「類だって…綺麗な人といっぱいキスしてるでしょ?」
「俺が好きなのはあんただけだよ…」
「だったら、ちゃんと…して?」

類の首に手を回し、つくしは自分から唇を重ねた。
ずっと、本当はこうしたかったという想いを伝え合い、互いに抑えがきかないほど深く唇を貪る。
自ら絡ませた舌が類の舌に絡め取られると、息苦しさに角度を変えた。

「ん…っ、はぁっ…」

唾液が混ざり合う湿った音がピチャピチャと響く。
つくしは類の唇から離れ難く、呼吸が荒くなるたびに類の上唇を甘噛みし、啄ばむような口付けを繰り返した。

「俺のこと、好き…?」

熱を持った瞳をつくしに向けながら、つくしの肌に手を這わし否とは言わせない口調で類が聞いた。

「あたしが好きなのも…類だけだよ。ね…凄い、類の心臓の音が聞こえる…」
「うん…凄いうるさい心臓の音。あんたと俺で…同じぐらいの熱量で好きになれればいいのに。悔しいけど…俺の方が絶対あんたのこと好きなんだから」
「一緒だよ。ほら、類と触れ合うだけで…こんなにドキドキしてる」

つくしは類の手を取り胸の中心にあてた。
触れ合った場所から伝わる心臓の音は、どちらのものか分からなくなるほど早い鼓動を奏でていた。


fin

ここまでお読みいただきありがとうございます♬
Rがないなんてアキさんじゃないっ!とお思いのそこの方へ朗報(笑)
実はこの続きのRをBeautiful daysやこ様のところへ献上させていただきました♬
どうして?と思われるかもしれませんが…まぁラインでその手のお話で盛り上がった勢い、とでも言っておきましょう。
書くつもりはなかったこの後のR…長いですよ…ノリノリ過ぎて三部作ですよ(笑)
コメントで、アキさん○○でHはどうですか!?とくださった方!願望叶いました(笑)
今日9日公開です!興味ありましたら、こちらからどうぞ↓

前編 9時 http://yakoyakoyako1213.blog.fc2.com/blog-entry-653.html
中編 15時 http://yakoyakoyako1213.blog.fc2.com/blog-entry-654.html
後編 21時 http://yakoyakoyako1213.blog.fc2.com/blog-entry-655.html




皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

熱量 12

熱量 12


「うん、俺たちあいつらにどれだけ心配されてるんだろうね…」

類はクッと声を立てて笑うと、つくしに事の成り行きを説明した。
珍しくも類があきらの邸に早く着いたのは、あきらからの呼び出しを受けてのことだったという。



「こんなに早くに呼び出して…話って何?」

類は不機嫌さを隠そうともせずに言った。
いつもなら惰眠を貪っているはずの朝、あきらからの電話で叩き起こされてここに来た。
どうせ後で会う予定だったのに、つくしのことで話があると呼び出された。
なのに、当の本人はゆったりと紅茶を飲んでいて、それが眠さからくるものなのかつくしに何かあったのかという焦燥感から来るものなのかは分からないが、類を苛立たせた。

「総二郎に頼まれたんだ。…あいつなりにお前らのこと心配してんだぜ?」
「心配?」
「牧野がどうして彼氏を作ろうって思ったのか…ちゃんと考えてみろよ」

そう言ってポイと渡された封筒の中を類が不審げに開くと、1人の男の調査報告書のようだった。
写真も添付されているが、どこかで見たような気もする顔だとその程度でしか思い出せなかった。
しかし報告書を読み込んでいくうちに、長谷川龍臣というこの男はつくしの恋人で、つくしに振られた腹いせに有りもしない結婚話を会社に漏らし、つくしを退職にまで追い込んだのだということを知った。

「総二郎は…これを類に渡しておいてくれって言ってた。あいつの気持ち知ってんだろ…?」
「そりゃあね…本当は総二郎が自分で動きたかったんじゃないの?」

類は手に持った書類からあきらに視線を移し、その真意を探るように見つめた。

「まあ、あいつらしいっちゃらしいが…牧野の王子様はいつだって1人なんだと。俺らは良くも悪くも似てるからな…多分総二郎が本気で落としにかかれば牧野をモノにすることだって出来たはずだ…けど」
「けど?」
「気持ちは分からないでもない。あいつも…お前の隣で笑ってる牧野が好きなんだよ」

類にもその気持ちは分かる。
本当は誰よりも自分の手でつくしを幸せにしたいと思っているのに、育って来た環境や今の現状がそうさせるのかどこか自信はなかった。
他の誰かがつくしを幸せにしてくれるのならば、つくしの幸せな顔をずっと見ていられるのならばそれでもいいかと思ったこともある。
しかし、総二郎と廊下で仲睦まじく話す姿を見ただけで、嫉妬にかられる自分がいて、あきらから聞く話は類には初めて知るものばかりなのも気にくわない。
自分が行動しなかった結果なのに、どうして自分に助けを求めないのだと心が冷えていくような孤独感に苛まれ、つくしに対して怒りにも似た感情が突き上げてきた。
滅多に感情が揺れることなどないのに、彼女のことを考えるといつもこうだ。
胸が締め付けられるような気分で総二郎を妬む、類にとっては信じられる数少ない親友なのに。


「類…?どうかしたの?」

話し始めてから数分で何かを考え込むように黙り込んだ類を心配し、つくしは振り返りながら声をかけた。
類は虚ろに宙を彷徨っていた視線をつくしに戻すと、またいつも通りの穏やかな笑みを浮かべた。

「あぁ、ごめん」
「長谷川君のことは…元はと言えばあたしが悪かったんだから…気にしてないよ」
「退職にまで追い込まれて何言ってんの…しかも、あいつがしたのはそれだけじゃないよ」
「どういうこと?」

つくしに振られた腹いせに、結婚の噂をばら撒き退職に追い込むだけじゃ足りなかったのか。
龍臣は優しい人だった。つくしに好きな人がいると知りながらも一度も会話の中でそれを匂わせたことはないし、いつまで経っても部屋にも入れないつくしをただ待ってくれていた。
そんな人を自分が変えてしまったのだろうか。

「美作が開発していたスマートフォン向けの基盤…その権利を今になって主張してきているらしい。牧野が長谷川から仕入れた情報を、美作に流しているんだとね。牧野が辞めてすぐ…婚約解消を美作電機に伝えた長谷川が、そう言ったそうだよ」
「え…」
「今、訴訟を起こす準備をしていると…そこまで話が大きくなってる」
「そ、んな…長谷川君が…?」

もちろん、つくしは龍臣から仕事に関わる何かを聞いたことなど一度もないし、そもそもデート中に仕事の愚痴などを漏らすのが嫌いな人だった。
だから話すのはもっぱら、大学時代の友人のことや誰それが結婚した、美味しいレストランを見つけた…などそんなことばかりだったと言うのに────。

「あきらが訴訟になる前に長谷川の父親と話をして訴えは取り下げさせた…この件は息子の独断で行ったことであって社長は知らなかったらしい。でも、あんたに振られた腹いせにしてはやり過ぎ」
「美作電機の人たちまで…巻き込んじゃった…」

自分があんな風に別れを切り出さなければ、こんなことにはならなかったのにと、つくしは自分を責めた。
類はしゅんと肩を落とすつくしの頭を軽く撫で、つくしの身体を反転させると向かい合うように座らせた。

「きゃぁっ…って、ちょっと類!びっくりするでしょ!」
「ごめん…顔見て話したかったから。あんたが気にすることじゃないでしょ…?女に振られたぐらいでいちいち訴訟起こしてたら、日本中で争いごとだらけになっちゃうよ」
「そりゃそうだけど…」

類に頭を引き寄せられたことで、つくしは類の首筋に顔を埋めながら話すことになる。
胸元辺りに置いた手を背中に回してもいいだろうかと、手を下ろしたり類のシャツを掴んでみたりしていれば、頭上で類がクスリと笑った。
つくしの手を取り背中に回すよう類に誘導され、恥ずかしさからつくしの頬は真っ赤に染まる。
真面目な話をしているのに自分は何を考えているんだろうと、居た堪れない思いだ。

「まぁ、美作電機の社長も寝耳に水の話だったし…このことで共同開発中のプロジェクトはたち消えになった。だから、あきらも結構怒ってるってわけ」

類は腕にはめた時計をチラリと見ると、そろそろ時間かと呟き俯いたままのつくしの額にキスをする。

「今から来客がある。少しの間…何も喋らずに我慢できる?絶対に悪いようにはしないから」
「来客?」

類はつくしを膝の上から下ろし、自分は立ち上がると元の椅子につくしを座らせた。
黒の革張りの大きな椅子に華奢なつくしが座れば、どうも不釣り合いな気がして居心地が悪い。
本当に関係のない自分がここにいてもいいのだろうかと、つくしは心配そうに隣に立つ類を見上げた。
ドアをノックする音が聞こえ、類が別段慌てた風でもなくただどうぞと声をかけると、先ほどの黒縁メガネをかけた男性が社長室のドアを開け、後ろの人物を招き入れる。
開かれたドアから顔を覗かせた男に、つくしは能面のような表情で凍りついた。

「長谷川君…どうして…」
「つ、くし…っ!?」
「俺が呼んだんだよ」

ドアの前で棒立ちになる龍臣に、類は手の動きだけでソファーを進めた。
龍臣は類の面貌見てあからさまにギョッとした顔をするが、つくしと類とを交互に見つめながらも素直にソファーに腰かけた。

「まさかあなたが…花沢物産の…。どこかで見たことがあるとは思っていたけど…そういうことなんですね」

類はまだ表には出ていない、あくまでも社長である父親のサポートで仕事をこなしているだけである。
それでも、経営者会議や経営者の集うイベントなどでは父について行くことも多いため、その容貌も相まって業界内では顔が知られていた。


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

熱量 11

熱量 11
類のお株を取り戻すために必死です(笑)




互いに言葉に詰まる。
つくしは視線を外すことなく、類の驚きに見開かれた瞳を見つめていた。

「どうして望みがないって思ったの?俺、好きだって言ったよね?」
「だって、それは…ずっと前だし…友達としての好きでしょ」
「あんた、友達に好きだって言う?総二郎やあきらや司に好きだって言ったことある?」

口調も荒く責められるように言われつくしは口をつぐむ。
類様と控えめに声がかかると、つくしはそこで初めて運転手の存在を思い出した。
年配の男性運転手は、どうやら不穏な空気を感じ取り声をかけたらしいが、類は一言大丈夫だからと言うと、運転席との間にある仕切りを閉めてしまう。
類がつくしの頬に手を伸ばすと、つくしはピクッと肩を震わせ目を閉じた。
先ほど総二郎が撫でていた場所を辿るように、類の手がつくしの頬を撫でる。

「ごめん…怖がらないで。嫉妬してるだけだから」
「嫉妬…?」
「好きだよ…牧野のこと友達なんて思ったことない。総二郎に触られてんの見て…俺おかしくなるんじゃないかって思った。あんたと彼氏見たときは、そんな風に思わなかったのに…」

類は握ったままのつくしの手を引くと、腕の中にすっぽりと抱きしめつくしの髪にキスを落とす。
類の心臓の音が、ドクンドクンとつくしの耳に響いてきて、同じ速度で奏でる音に安心したようにつくしは頬をすり寄せた。
ずっと望んでいた類の言葉が何度もつくしの頭の中をリフレインする。
嬉し過ぎてなのか、どこか現実味を帯びずに夢見心地でつくしは類の言葉に聞き入っていた。

「…牧野があんな男のこと好きになるわけないって…だから、いずれ俺の隣に戻って来るって思ってた。余裕ぶってたのかな…また何もなかったようにそばに居られるってね。そうしたらいつの間にか、あんたの隣に総二郎がいた…焦ったよ…」
「どうして…西門さんだと焦るの?」

つくしが類の言葉を待ち胸に顔を埋めたまま聞くと、触れ合った場所から突然ブーブーと振動を感じつくしは驚き肩を揺らす。
類はごめんと断りを入れてつくしの身体を離すと、胸ポケットに入れた携帯の着信に出る。
着信元をチラリと確認しただけですぐに電話に出たことから、仕事なのかもしれない。

「はい…はい…あぁ、分かった。今から行くよ…」

昔ならば、休日に類を呼び出すなどあり得ないこと、だった。
一日中ベッドの中にいることが最大の幸せだと思っていて、三年寝太郎と称された男は、今では会社からの呼び出しに素直に応じるようになったらしい。
つくしと会っていても、いつの間にやら夢の中…なんてことはしょっちゅうで、本気で寝過ぎなのではと心配した事もあるぐらいだ。

「牧野、ごめん。これから会社にちょっと寄らないとならない」
「うん、分かった。じゃあ、どこかで降ろしてもらえればいいよ?」
「いや…一緒に来て?すぐ終わるから…それに、まだ話は終わってないよ」

類は後部座席の内線から電話をかけ運転手に行き先変更を告げると、再びつくしの手を取った。
当たり前のようにつくしに触れる類の行動に、つくしは振り回されっぱなしだ。
しかし、つくしの予想通り仕事であったようだが、全く関係のない自分がついて行ってもいいものなのだろうか。

「もうすぐ着くから…話はそれから、ね?」
「あ、うん…」

類の言葉通り何分も経たないうちに、車は駐車場へと入って行き、総二郎がそうしたように類もまたつくしの手を取り車から降りる。
きっと総二郎は誰に対しても同じように振る舞うんだろう。しかし、類が特別扱いをするのは自分だけであってほしいと思うのはわがままだろうか。
類はつくしと手を繋いだまま、受付を通り過ぎ奥のエレベーターへ乗り込んだ。
休日に出社する者はそう多くはなく、ロビーは閑散としていて、誰に注目される事もなくつくしはホッと息をつく。
音もなく上がっていくエレベーターの階数表示を見上げていると、10秒足らずで目的階へと到着した。

「…今父さんが出張でいないから…留守を任されてる。って言っても、まだペーペーだからね、そもそも重要な案件を残して行ってないはずだけど」

つくしは手を引かれ長い廊下を進みながら、類がポツポツと話す言葉を聞いていた。
社長室とプレートの入ったドアをノックなしに開けると、類はつくしを先に部屋の中に通した。

「入って…その辺に座って待っててくれる?すぐ終わるから」

類は冷蔵庫からペットボトルの水を取り出し、つくしの前のテーブルに置いた。
つくしはありがとうと目の前のペットボトルに手を伸ばし、蓋を開け口に含んだ。
朝家を出てから、水分を摂っていなかったからか喉はカラカラで、コクコクと喉を流れる水で身体が潤っていくようだ。
類はデスクにある書類を読みながら、PCに何かを打ち込んでいく。
つくしには仕事のことはまるで分からなかったけれど、類も将来を見据え歩き出しているのだと実感した。
カチカチとキーボードを打つ音だけがつくしの耳に届く、ぼんやりと室内を見渡していると社長室をノックする音が聞こえた。

「はい」
「失礼します…類様、社長から例の件許可が出ました」

ドアを開け入って来たのは黒縁メガネをかけた年齢は40代前半ほどの男性だった。
私服のポロシャツにベージュのパンツスタイルの類とは違って、きっちりとスーツを着こなしているところを見ると、秘書だろうか。
慇懃に頭を下げ、手に持っていた封筒を類へと手渡すと、ソファーに座るつくしにも軽く会釈をする。

「そう、良かった。さっさと済ませたいと思ってたんだ…休みの日に悪かった」
「いえ」

男性はもう一度類へと頭を下げると、入って来たドアから出て行った。
ドアがパタンと閉まるのを確認し、類はつくしへ向き直る。

「牧野…ちょっとこっちおいで」

類が手招いてつくしを呼び、言われるがまま類のデスクに近付いていくと腰に手を回され、類の座る椅子に倒れ込んでしまう。

「ちょっ、ちょっと…類っ?」

抱っこされているような格好で、類の両手がつくしの腰からお腹のあたりに回り、吐く息がかすかにつくしの首筋にかかる。
密着した背中からは類の高い体温が伝わり、つくしは類の腕にそっと自分の手を重ねた。
類の唇がつくしの首筋へ触れると、つくしを抱き締める腕の力が強まる。

「本当は今すぐ襲いたいぐらいなんだけどね…その前に悪者退治しなきゃ。じゃないと、牧野が集中出来なそうだし?」
「悪者退治?」


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

熱量 10

熱量 10


「そんなとこで何してんの…?」

つくしが何ヶ月ぶりかに聞いた愛しい男の声は、不機嫌に冷たいものだった。
類に自分の想いを知って欲しいと思ったばかりなのに、頭から水をかけられたかのような気持ちになる。
玄関から総二郎に手を引かれ、いつの間にかリビングの前まで来ていたらしい。
壁際で佇むつくしに寄り添うように立つ総二郎を、ちょうどリビングから出て来た類が睨むように見つめる。

「類…」
「何って、話してただけだぜ?なに、イチャついてるように見えた?」
「ちょっと、西門さんっ?」

総二郎の言葉で類の周囲の空気がピリッと張り詰めたものに変わる。
つくしは2メートルほど先に立つ類を不安げな顔で見つめていたが、類を煽るような総二郎の言葉は止まらない。

「なぁ、つくしちゃん知ってるか?」
「へ…?」

頬に触れていた総二郎の手が急に下に移動し、つくしの背中に近い腰のあたりを撫でた。
チークダンスを踊るような格好で身体が密着し、つくしが狼狽し抵抗するより先に総二郎がとんでもないことを口にする。

「お前のココ…ほくろあるよな」
「え…嘘…っ、なんでそんなこと知って…」

なんでそんなこと知ってるの、そう言いかけてつくしはハッと、ホテルに総二郎と泊まった日の朝を思い出す。
総二郎が寝室に消えた後、なかなか眠気がやって来ずに、つくしはホテルのソファーでしばらくボンヤリしていた。
そして、いつの間にかそのままソファーで眠ってしまったようで、朝つくしよりも早く起きて来た総二郎に身体を揺すられた。
それだけならまだ良かったのかもしれないが、バスローブ姿のまま寝てしまったつくしは、物の見事に結んだ腰紐は外れていて、パンツ丸見えどころか胸元も大きく肌蹴ていて総二郎の前にあられもない姿を晒す羽目になってしまったのだった。
あ、とつくしが忘れていた自分の痴態を思い出し、顔を真っ赤に染める。

「思い出したか…?お前、肌白いから…綺麗だったよ」

足を広げて、凄い格好でソファーに眠る自分のどこが綺麗なもんかと、総二郎を睨みつけるが、さして気にもせずに総二郎はつくしの頬へキスを落とす。
それは側から見れば、拗ねたつくしのご機嫌をとる恋人の行動のようだった。

「総二郎…牧野から離れてくんない?」

地を這うような低い声がつくしの頭上から聞こえる。
すると、横から伸びて来た手に身体を引き寄せられ、つくしは懐かしい香りに抱きしめられた。
久しぶりに感じた類の体温に、つくしは心臓の音が聞こえやしないかと肩を強張らせる。
それに類が気付いたのかはわからないが、抱きしめられていた腕が少しだけ弱まった。

「あーあ、残念。でも、牧野はまだ誰のものでもない」

大して残念そうでもなくホールドアップの体勢で総二郎が言うと、類はつくしを腕の中に抱き締めたまま眉を寄せる。

「お前にはもう関係ないんだろ?牧野が恋人と別れようが、その恋人に結婚の噂ばらまかれて会社辞める羽目になろうが、気付きもしなかったもんな…っていうか、そもそもなんで牧野がそんな男と付き合ったのかって考えたことあるか?類」
「西門さん…知ってたの!?」
「バレないわけないだろ…お前ほど分かりやすいやついねえよ」

まさか総二郎が知っていたとは思いもしなかったが、残業で毎日遅くまで働くつくしを度々会社の前まで迎えに来ていたのは、きっと相当心配をかけていたのだろうと思い至る。
それに、考えても見ればそれまでは予告もなく会社の前で待っていたのに対して、辞めた後からはどこにいるかと連絡が入っていた。
今まで気にも留めなかったが、つくしが何月何日付けで退職するのかを知っていたとしか思えない。
それまで黙って総二郎の言葉を聞いていた類が、おもむろに口を開く。

「総二郎、俺帰るから…あきらに言っておいて。牧野、行くよ」
「ちょっと…っ、類!?」

つくしは怒ったような態度の類に手を引かれ、再び玄関まで戻った。
さっきまでは総二郎と手を繋いで歩いていたつくしが、類と手を繋ぎ帰って行くのを美作家の使用人たちはどう思うのかと、余計なことばかり考えてしまう。
そして結局あきらには挨拶も出来ないまま、類の乗って来た車に乗せられた。

運転手に家に行ってと伝えたっきり、類は無言のまま車の後部座席に座る。
しかし、つくしの手を離すことはなく握ったままだ。
会えば必ずつくしに見せていた類の柔らかい微笑みは鳴りを潜めて、不機嫌な様子で眉を寄せ前を向いている。

「類…?な、にか…怒ってる…?」

つくしは類の不機嫌の理由も分からずに、恐る恐る話しかける。
てっきり無視されるのかと覚悟をしていたが、予想とは裏腹に類が口を開いた。

「あの男と別れたの…?」
「あ、うん…」
「どうして?」
「え、と……」

類のことが好きで忘れられないからと、そう言えばいいだけなのに、類はどういうつもりで質問しているんだろうと、つい言葉の裏を探ってしまう。

「ごめん、狡い質問した…今日あきらに言われたんだ。総二郎と同じこと」
「同じこと…?」

つくじが何のことだろうと首を傾げると、類はやっと怒っていたように見えたその顔に、ほんの少しだけ笑みを浮かべる。

「牧野が…なんで彼氏作ろうと思ったのか考えろって。でも…いくら考えても、それは俺にとって都合がいいだけの理由しか思い浮かばないんだ。だから、聞いた…どうして付き合ったのか、どうして別れたのかって」

そんなことを言うから、つくしは期待してしまう。
もしかしたら、類も少なからずつくしを想っていてくれるのではないかと。

「類にとって都合がいいだけの理由って、何…?」
「分からない?俺かなり態度に出してたつもりだけど…」

類の長い睫毛の下に光る茶色の瞳がつくしだけを写していて、その瞳に吸い寄せられたかのように、つくしは目が離せなかった。
もしかしてと、つくしは胸の鼓動が速くなるのを感じる。
車の中は思っていたよりもシンとしており、類に心臓の音が聞こえませんようにと、つくしは繋がれていない方の手を胸の前でギュッと握った。

「牧野が…俺のこと好きで、俺を忘れるために彼氏を作ろうと思ったとか…我ながら無理矢理なこじつけだと思うんだけどね。俺はそう思いたかった」

類は伏せ目がちに車のシートに視線を移し、苦笑する。

「そうだって言ったら…」
「え…?」
「あたしがあの人と付き合ったのは、類を忘れたかったから。望みもないのにそばにいるのが辛くなってしまったから…それで合ってるよ」


***


皆さまからの拍手、コメントとても励みになります!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!ポチッとお願いします(^-^)


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

オダワラアキ

Author:オダワラアキ
オダワラアキの二次小説・二次創作置き場へようこそ。
ひるなかの流星・花より男子・日々蝶々・君に届け・会長はメイド様の二次小説・創作置き場です。黒バス黄黒、青黒BLも書いております。
現在はオリジナルばっかりになってしまったなぁ。

こちらを読むにあたって下記注意点をお読みになってからお進みください。

このサイトは原作のある漫画の二次創作、小説です。

同人誌や、二次小説(2次創作・夢小説)に抵抗のある方はウィンドウを閉じてください。
原作者様、出版社とは全く関係ありません。

小説の無断転記、複製、配布を禁じます。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンクフリーです
オダワラアキの二次小説置き場



検索フォーム
リンク
最新コメント
花男お友達ブログ

駄文置き場のブログ 星香様


clover crown aoi様


明日咲く花 asuhana様


上を向いて歩こう 青空心愛様


gypsophila room   Gipskräuter様


天使の羽根 蜜柑一房様


おとなのおとぎばなし miumiu様


類だ〜いすき りおりお様


Beautiful days やこ様


君を愛するために こ茶子様
月別アーカイブ
Twitter